屋根

屋根材のおすすめ3選|リフォームで人気の屋根材はコレ!

リッジウェイの屋根

屋根材のおすすめを、リフォーム設計歴20年のプロで、一級建築士である筆者が紹介します。

「屋根のリフォームをするけれど、屋根材の種類がありすぎて何を選んでいいのかわからないので、おすすめを教えてほしい」

そんな人のために、リフォームにおすすめの屋根材を3種に厳選しました。

屋根のリフォームの場合、葺き替えだけでなくカバー工法(重ね葺き)という工法も選択できるので、おすすめの屋根材の中にはカバー工法が可能なものも選んでいます。

もちろん、屋根下地が傷んでいるなどの場合はカバー工法を選択することはできません。

カバー工法が可能かどうかの見極め方については、別記事で詳しく説明しているので、チェックうぃてみてくださいね!

屋根のリフォーム全知識! 「塗装」「カバー工法」「葺き替え」を徹底的に比較

また、おすすめする屋根材は「リフォームにおすすめの屋根材」ですが、新築の屋根に採用してもOK!

どの屋根材も筆者が実際に何度もお施主様におすすめし、好評価をいただいている商品ばかり!

おすすめの屋根材、3種類の中ならどれを選んでも失敗はありませんが、それぞれの特徴を詳しく説明していくので、より好みの1点を見つけましょう。

ぜひ最後まで読んで、屋根材選びの参考にしてくださいね。

10万円以上のリフォームをする人が、必ず知っておくべき内容をまとめた記事はこちら。

リフォーム前に知っておいてほしいこと
【10万円以上のリフォームをする人】絶対知っておくべき5つのこと|プロが解説リフォームでトラブルや失敗を回避するために必要なことを、リフォーム設計歴20年のプロが解説。筆者だからこそ話せるリフォーム業界の現状、リフォーム工事がどのように成り立っているかなどをお話し、どうしたらリフォームを成功させられるかを教えます!...

屋根に関する別記事はこちら。

屋根リフォーム
屋根のリフォーム全知識! 「塗装」「カバー工法」「葺き替え」を徹底的に比較屋根のリフォームをするときに、「塗装」「カバー工法」「葺き替え」のうち、どれを選べばいいのか。選んだ方法の中で、どんな材料や施工方法を選べばいいか。屋根のリフォームをするときに知っていてほしい知識を全部まとめました。...
屋根塗装
【屋根塗装】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など屋根塗装を徹底解説!屋根塗装を選択していいのはどんな屋根か、屋根塗装のメリット・デメリット、材料や施工方法など見積内容の注意点について説明。...
屋根のカバー工法または重ね葺き 
【屋根のカバー工法】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など屋根をカバー工法でリフォームするときに知っていてほしい知識どういう場合に屋根のカバー工法を選択すべきなのか、カバー工法のメリット・デメリット、見積内容の注意点などについて説明。...
【屋根葺き替え】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など屋根を葺き替えるときに知っていてほしい知識、どういうときに屋根葺き替えを選択すべきなのか、屋根葺き替えのメリット・デメリット、材料や施工方法など見積内容の注意点について説明。...
カラーベスト徹底比較
カラーベスト全9商品を徹底比較!リフォームのプロがわかりやすく解説カラーベストの5シリーズ9商品を、リフォーム設計のプロが徹底比較。「見た目」「特徴」「価格」「どんな人におすすめか」などの項目で比較します。...
窓の断熱や遮熱
屋根の断熱や遮熱で室内の暑さがやわらぐ!おすすめの断熱材と塗料も屋根の断熱や遮熱は室内の暑さ対策にとても有効。特に「屋根の下の部屋が暑い」という場合は屋根断熱を検討する価値は十分にあります。この記事では屋根の断熱や遮熱が効果的な理由、おすすめの屋根断熱材や遮熱塗料について説明。...

 

屋根材のおすすめ①【スレート】コロニアルグラッサ KMEW

屋根材のおすすめ、1つ目はスレート。

スレートの屋根材と言えば、KMEWのコロニアルグラッサが有名です。

コロニアルグラッサの屋根コロニアルグラッサ KMEW

葺き替え
カバー工法
1坪当たりの重量約68kg
定価12,800円/坪(税抜) 標準色
カラーバリエーション標準色16色

コロニアルグラッサについてお話する前に、1つ確認です。

「スレート」=「カラーベスト」=「コロニアル」と思っている人はいませんか?

ちょっと混同しやすいので、まとめておきます。

  • 「スレート」は材質の名称
  • 「カラーベスト」はKMEW(ケイミュー)という会社の商品シリーズ名
  • 「コロニアル」はカラーベストの中の旧商品名

ここでおすすめする「コロニアルグラッサ」は、KMEW(ケイミュー)のカラーベストシリーズの中で、一番人気のある屋根材。

和から洋まで。

伝統からモダンまで。

どんなスタイルにも合う横一文字葺き。

と、メーカーが言うだけあり、コロニアルグラッサのシンプルなデザインは、どんなデザインの住宅にもマッチします。

色数も16色と豊富で、コロニアルグラッサ・シャッフルにすれば違う色を組み合わせて葺くことも可能。

コロニアルグラッサシャッフルの屋根コロニアルグラッサ・シャッフル

コロニアルグラッサのメリット

次はコロニアルグラッサのメリットについてお話します。

メリットは2つ。

  1. 地震に強い

屋根は軽ければ軽いほど、地震に強いと言われています。コロニアルグラッサの重さは、一般的な陶器瓦の1/2以下!

  1. どんなデザインの住宅にもマッチする

シンプルなデザインと豊富な色数で、合わないデザインの家を見つけるほうが大変(笑)

コロニアルグラッサのデメリット

次はコロニアルグラッサのデメリット。

  1. 色あせしやすい

あくまで、陶器瓦と比較してのデメリットです。

ただ、最近のカラーベストは進化していて、昔のカラーベストと比較すると、何倍も色落ちしにくくなっています。

紫外線に強い「グラッサコート」を施していて、葺き始めの美しい光沢や発色を長持ちさせてくれます。

  1. 割れやすい

これも「コロニアルグラッサ」に限ったことではなく、「スレート」全体のデメリットですが、アスベストを配合しなくなった結果、強度が落ちています。

そうは言っても、アスベストが廃止された当時と比較すると、だいぶ強度はアップしています。

スニーカーなどで乱暴に屋根の上を歩くと割れてしまうことがあるので、屋根の上に人が上る時には十分に注意しましょう。

まるた
まるた
通りすがりの屋根業者による無料点検も、屋根材を割ってしまうおそれがあるのでやめておきましょう

カラーベスト全9商品を徹底比較!リフォームのプロがわかりやすく解説

 

スポンサーリンク

屋根材のおすすめ②【アスファルトシングル】リッジウェイ 旭ファイバーグラス

屋根材のおすすめ、2つ目はアスファルトシングル。

カバー工法も可能です。

リッジウェイの屋根リッジウェイ 旭ファイバーグラス

葺き替え
カバー工法
1坪あたりの重さ約40㎏
定価17,250円/坪(税抜)
カラーバリエーション5色

「アスファルトシングル」って聞いたことがありますか?

アメリカでは約80%の住宅で使用されている屋根材で、やわらかく割れにくいことから、施工性がとてもよく、DIYでも使われている屋根材です。

日本ではDIYで屋根を葺くことはほとんどありませんし、アスファルトシングルの屋根自体5%程度とあまり多くは使われていない材料ではありますが、とてもメリットが多く扱いやすい材料です。

リッジウェイはガラス繊維補強されたアスファルト基材をベースに、表面にグラデーションカラーの粒状彩色石を接着することで、アスファルトを直射日光や飛来物、雨から守っています。

砕石がとても美しく高級感のある商品で、お施主様の満足度が高い屋根材です。

リッジウェイのメリット

リッジウェイのメリットは4つ。

  1. 地震に強い

コロニアルグラッサよりさらに軽い!

軽い材料なので、カバー工法にもよく使われます。

【屋根のカバー工法】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など

  1. やわらかくて割れにくい

踏み歩くことで割れる可能性がとても低く、割れた屋根材から雨が漏る心配が少ないです。

  1. 施工性が良い

やわらかく曲がりやすいことから、施工性がとてもよい材料です。

施工性がよいということは、施工不良が少ないことにつながります。

複雑な形状の屋根にもおすすめ。

ちなみに筆者の経験上、屋根からの雨漏れの原因は劣化よりも施工不良のほうが断然多いです。

その施工不良が少ないということは、とても素晴らしいメリットになります。

  1. デザイン性がよい

独特の2層構造とランダムな粒状彩色石のグラデーションカラーが、立体感のある陰影と高級感を出しています。

リッジウェイのデメリット

次はリッジウェイのデメリット。

  1. 表面の粒状彩色石が、雨や風で落ちる

基材のアスファルトを守るため、もともと多めに石を接着しているので、少々落ちても問題はありません。

 

屋根材のおすすめ③【金属屋根】断熱ビューティルーフ2型 元旦ビューティ工業

屋根材のおすすめ、3つ目は金属屋根。

金属屋根といえば「元旦ビューティー」というほど有名な会社の屋根材を紹介します。

断熱ビューティ2型の屋根断熱ビューティルーフ2型 元旦ビューティ工業

写真写りがあまりよくないですが、ホームページの施工事例を見てもらうと、すごく素適な屋根材だということがわかってもらえると思います!

葺き替え
カバー工法
1坪あたりの重さ未公開ですが、20㎏前後。とにかく軽いです!
定価未公表ですが、カバー工法で施工して、コロニアルグラッサで葺き替えるより少し安いくらい
カラーバリエーション4色

「元旦ビューティって変わった会社名だなぁ」

と思いませんでしたか?

この元旦ビューティ工業という会社ですが、「金属屋根といえば元旦ビューティ」というほど有名なメーカーです。

金属屋根ばかりを扱い、横葺きや縦葺き、その他いろいろな形状での品揃えがあります。

なかでも住宅で一番よく使われる屋根材が、この「断熱ビューティ2型」という商品。

金属屋根ですから、熱をそのまま家の中に伝えてしまうイメージがありますよね。

でも、この「断熱ビューティ2型」は金属の下に分厚い断熱材を入れることで断熱性を高めています。

断熱ビューティの断熱材
まるた
まるた
とても分厚い断熱材です!

やぼったいイメージが強い金属屋根ですが、断熱ビューティ2型は金属の持つシャープさをデザインに最大限生かしています。

「金属屋根がこんなに美しく仕上がるのか!」と感動させてくれる屋根材。

断熱ビューティ2型のメリット

断熱ビューティ2型のメリットは2つ。

  1. 地震に強い

とにかく軽いので、耐震性はスレートよりもアスファルトシングルよりも上です。

軽い材料なので、カバー工法にもよく使われます。

  1. 色あせしにくい

ガルバリウム鋼板という色が抜けにくい金属を使用しています。

断熱ビューティ2型のデメリット

次は、断熱ビューティ2型のデメリット2つ。

  1. 遮音性が低い

断熱材が入っているので屋根直下での雨音は聞こえにくいですが、2階の窓から1階の屋根に当たった雨音はうるさく聞こえることがあります。

  1. 施工が難しい

金属屋根は施工による出来上がりの差がとても大きい材料。

施工は必ず元旦ビューティ工業に依頼しましょう。

リフォーム会社から元旦ビューティ工業に手配可能です。

 

スポンサーリンク

おすすめの屋根材|まとめ

おすすめの屋根材を3種類紹介してきました。

どの屋根材もリフォームでとても人気があり、筆者が何度も採用している商品です。

スレート、アスファルトシングル、金属屋根の中から、おすすめの屋根材を選びましたが、気に入ったものはありましたか?

どの屋根材も価格的にそれほど高額というわけではないけれど、仕上がりがとてもきれいな材料です。

耐久性や強度についてもすべて合格ライン、メーカーが大手であることも安心感が高いです。

ぜひお住まいにぴったりの屋根材を見つけてくださいね。

プロ厳選!リフォーム会社比較サイト&役立つ資料

リフォームにおけるあらゆる失敗やトラブルは、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社比較サイトで「複数の」会社をチェックすることを、「強く」おすすめします!

また、リフォーム会社に依頼をする前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

リフォーム設計のプロである筆者が、以下①②について、おすすめを紹介します!

  1. リフォーム会社比較サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

 

リフォーム会社比較サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社比較サイトを確認したところ、おすすめできるのはたった2社のみ。

どちらのサイトも無料で使えるので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社比較サイトランキング|プロおすすめは2サイトだけ!

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォーム価格の相場
  2. リフォーム事例
  3. リフォーム会社の口コミ
  4. リフォームの基礎知識

などの情報が満載。


ホームプロ

\満足度90%以上/

公式サイトを
見る

無料&匿名で利用可能

詳しい記事を読む

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが「複数の会社から」もらえます。

タウンライフリフォーム

 

リフォーム計画3点セット

公式サイト
を見る

無料&3分登録

 詳しい記事を読む

 

スポンサーリンク

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選3社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、何よりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を3つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  3. リノデュース(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)

なぜその3社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

 

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

 

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に、施工事例集がおしゃれで魅力的です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先右上の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

 

リフォームの資料おすすめ「リノデュース」

リノデュースの資料

リフォーム資料のおすすめ、3つめは「リノデュース」の資料。

情報量たっぷりのSERVICE & STYLE BOOKが魅力です。

資料請求

好きな物件を好きなデザインで。完全自社設計・施工【リノデュース】

※リンク先右上の「(無料)資料請求はこちら」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

リノデュースの資料は情報満載!リフォームのプロが内容を紹介