リフォームの進め方

リフォームのショールームで見るべきポイント!リフォームのプロが解説

リフォームのショールームで見るべきポイント

リフォームのショールームに行ったら必ず見てきてほしいポイントを、リフォーム設計のプロが解説します!

近年、リフォームの人気が上昇中。

それに伴い、「リフォームのショールーム」がいくつかできました。

リフォーム専門のショールームは「リフォーム自体を体感する」のが主な目的で、キッチンやユニットバスなどの設備や、フローリングや内部ドアなどの建材を見学する各メーカーのショールームとは異なります。

リフォームのショールームを見ておくと「リフォームとはどんなものなのか」が体感できるので、リフォームをする前に1度は行っておくことをおすすめ。

でも中古をリフォームするより、新築のほうがいい気がする

そんな人も、まずはリフォームのショールームに行ってみてください。

  • リフォームでどこまできれいにできるのか
  • どこまで自分の思い通りのプランが作れるのか

を実際に体感した上で、改めて中古か新築かを決めるべきです。

この記事では、リフォームのショールームを見に行ったときに必ず見てきてほしいポイントについて、一級建築士でリフォーム設計のプロである筆者がわかりやすく解説していきます。

すぐにおすすめのリフォームのショールームを知りたいという人はこちらをどうぞ。

【東京】パナソニック TOKYOリノベーションミュージアム

予約不要

TOKYOリノベーションミュージアム

【全国】リノベる。

要予約

リンク先から行きたいショールームを選んで予約してください。

リノベーション空間をそのまま再現
等身大&体験型ショールーム見学のご予約はこちら→リノべる。

【東京・神奈川】グローバルベイス

要予約

リンク先右上の「ショールーム一覧」をクリックして、行きたいショールームを選んで予約してください。

リノベーションセミナーをお探しの方

【東京】リノデュース

要予約

リンク先から下にずっとスクロールしていくと、「ショールーム予約」ボタンがあります。

中古購入+リノベ初心者向けセミナー。無料開催【リノデュース】

無料でもらえるリフォーム会社の資料も役に立つので、ぜひ取り寄せてみてください。

リフォーム資料のおすすめを厳選して紹介した記事はこちら。

リフォームの資料
リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選リフォームに役立つ資料でおすすめのものを3つ紹介!どの資料もリフォーム設計のプロである筆者が、実際に資料請求して中身を確認した上で自信をもっておすすめできる資料です!...

リフォーム資料の役立て方を解説した記事はこちら。

リフォーム会社の資料の役立て方
リフォーム会社の資料は宝の山!役立て方をリフォームのプロが解説リフォーム会社から無料でもらえる資料は宝の山!この記事ではリフォーム設計のプロである筆者が、リフォーム会社の資料をどのように役立てるかについてわかりやすく説明します。...

リフォームのショールーム|見てくるポイント3つ

リフォームのショールームで見るべきポイント

出典:パナソニック 東京リノベーションミュージアム

リフォームのショールームに行ったときに見てきてほしいポイントは、大きく分けて3つ。

  1. リフォームでできること、できないことを確認してくる
  2. 空間の広さ感を確認してくる
  3. 材料の質感を確認してくる

1つずつ解説していきます。

リフォームでできること、できないことを確認してくる

リフォームのショールームで見るべきポイント

出典:リノべる。

リフォームのショールームで1番見てきてほしいポイントが、この「リフォームでできること、できないことを確認してくる」こと。

リフォームにはできることと、できないことがあります。

特にマンションの場合、構造体であるコンクリート部分を触ることはできないので、玄関の位置や窓の位置を変えたりすることはできません。

コンクリートに穴があけられないので、換気扇などの排気出口を変更することも不可。

また、一部の給排水管にも触れないので、水廻りの位置を変更したりする場合は「床組の工法によっては」床に段差ができることも。

他にも、マンションによっては床の防音上、使用できる床材に制限がある場合もあります。

意外とリフォームって制約が多いんだな

確かに制約があるので、「スケルトンリフォームならなんでもできるんでしょ」と思われると、それは違います。

どうしてもリフォームで実現不可能なことをしないと理想の家がつくれないのであれば、リフォームを選択すべきではありません。

それでもリフォームでできることはかなり多く、逆に言うと制約さえクリアすればいいだけなので、可能性は無限に近いレベル。

制約を回避しながらリフォームをする例としては、

  • 構造体のコンクリートに直接天井材が張ってある場合は、電気配線の移動ができないので、ダクトレールを使って照明器具の位置を変更
  • 構造体のコンクリートに直接床材が張ってある場合は。給排水管の移動が難しいので、床を一部高くして水廻りの位置を変更

などなど、他にもたくさんの事例があります。

リフォームのショールームでは「マンションの1室をリフォームした状態」を再現していますから、色々な制約をクリアした上での「リフォームの可能性」を実際に体験できるのが魅力。

  • リフォームでできないことをどのように回避して、リフォームをしているのか
  • 制約を回避したリフォームで、自分は満足できるのか

このあたりをリフォームのショールームでよく見てジャッジしてみてください。

また、これから中古物件を探すという人は、リフォームでできること、できないことを確認しておくと、どんな物件を買ったらいいかの参考にもなります。

マンションの場合でも戸建ての場合でも、理想に近い状態からのリフォームであれば、比較的費用をおさえて理想を実現することが可能。

さらに、マンションも戸建てもリフォームしやすい構造の家とリフォームしにくい家とがあるので、リフォームしやすい家を選ぶというのもポイントです。

リフォームのショールームで、リフォームの可能性を確認しておけば、

  • どんな家が自分の理想に近づけやすいのか
  • どんな構造がリフォームしやすいのか

が、なんとなくながらにもわかるようになるので、リフォームのショールームで得る知識は中古物件探しにもすごく役に立ちます。

「リフォームでどこまで自由なプランができるか」

「リフォームでどこまできれいになるのか」

これらを実際に体感した上で、今後のリフォーム計画を進めるとすごくスムーズ。

「リフォームでこんなことまでできると思わなかった」

実際にリフォームのショールームを見たお施主様からよく聞く感想です。

別記事でマンションリフォームについて詳しく説明していますので、あわせて読んでみてください。

マンションリフォームの基礎知識|これだけは確認すべき!4つのチェックポイント

空間の広さ感を確認してくる

リフォームのショールームで見るべきポイント

出典:フルリノベーションならマイリノ

リフォームのショールームで見てきてほしいポイント、2つめは「空間の広さ感」。

リフォームの打合せをしていて、1番お施主様に伝えにくいのが「広さ感」なんです。

できる限りの説明はするものの、実際の広さ、天井高でリフォームをしてみると、「思ったより広かった」「思ったより狭かった」などの感想はよく耳にします。

リフォームのショールームは実際の空間を再現しているので、家具などもきちんと配置されています。

「このくらいのリビングの畳数で、家具をおくとこんな感じか」

「8畳の寝室にシングルベッドを2台置くとこのくらいの感じになるのか」

など、各部屋の広さに対して、自分がどんな印象を持つのかを確認しましょう。

「リフォームのショールームではリビングが8畳で少し狭く感じたので、自分の家は10畳くらいはほしい」

などの目安になります。

材料の質感を確認してくる

リフォームのショールームで見るべきポイント

出典:パナソニック 東京リノベーションミュージアム

リフォームのショールームで見てくるポイント、3つ目は「材料の質感」。

例えば、無垢のフローリングが張ってあった場合、

  • ごく近くで見た印象
  • 遠目から床全体を見た印象
  • 実際に素足で踏んでみた感触

を確認してみてください。

もちろん、フローリングだけでなく壁材、天井材、すべての素材を実際に目で見て触ってきてください。

リフォームに限った話ではありませんが、住宅に使われる床材や壁材はかなりの種類があるため、そのすべての材料について実際に施工してあるものを見ることは不可能。

小さなサンプルを見て、全体に施工したところを想像しながら決めていくしかありません。

まるた
まるた
特にタイルはカタログと実物、施工後の印象が全く違います!

ですので、施工してある材料をできるだけ多く見ることで、「このサンプルは全体に施工するとこうなる」という想像力を高めていくと、実際のリフォームの打合せですごく役立つことに。

リフォームのショールームには色々な材料が施工してあるので、くまなくチェックしてきてくださいね。

リフォームのショールームに行くときに注意すること

リフォームのショールームで見るべきポイント

出典:パナソニック 東京リノベーションミュージアム

ここまで、リフォームのショールームで見てきてほしいポイントをお話してきましたが、ここではリフォームのショールームに行くときに注意してほしいことについて説明します。

注意してほしいことは2つ。

  1. ショールームアドバイザーはつけたほうがよい
  2. ショールームに持って行った方がいいもの

1つずつ説明します。

ショールームアドバイザーはつけたほうがよい

せっかくリフォームのショールームに行くのなら、自分たちだけで勝手に見てまわるのではなく、きちんとショールームアドバイザーに説明してもらいましょう。

リフォームのショールームを見に行く目的で1番重要なポイントである「リフォームでできることとできないことを確認」することは、やはりきちんと説明してもらったほうがわかりやすいからです。

例えば、「天井にある照明のダクトレールは単純に見た目がおしゃれで採用してあるのではなく、構造上配線が動かせないから採用されているんだ」ということは、自分たちだけで勝手に見て回るだけではなかなかわかりにくい情報です。

こういったショールームの「意図」を、ぜひじっくりと説明してもらいましょう。

でも、営業されそうだし、勝手に見たほうが気楽だし

もちろん営業はされるかもしれません。

でも、ショールームに来たすべての人が、すぐにそのリフォーム会社でリフォームを検討し始めるわけではないことをアドバイザーもわかっています。

お施主様側から今すぐ提案してほしいという要望がない限りは、リフォーム会社側も無駄な労力をかけたくないので、普通はしつこく営業してきたりはしませんよ。

ショールームに持って行った方がいいもの

次はリフォームのショールームに行くときに、持って行った方がいいものを紹介します。

  1. スケール
  2. 図面

この2つ。

スケールは部屋の「広さ感」や「高さ感」を知るために、実際にいろんなところを測ってみてください。

  • 食器棚とキッチンセットの間の距離
  • 廊下の巾
  • 各部屋の天井高
  • 床の段差

などなど、実際の寸法と自分の感じかたを、色々な場所で確認してみましょう。

また、実際にリフォームする物件が決まっている人は図面を持っていくと、ショールームと自宅との比較がしやすいのでおすすめ。

ショールームアドバイザーに質問をする場合も、図面があったほうがわかりやすいです。

リフォームのショールーム|おすすめ

おすすめのリフォームのショールームはこちら。

リフォームのショールームで見るべきポイント|まとめ

リフォームのショールームでは、リフォームでできること、できないことを確認することが1番重要。

マンションでも戸建てでも、リフォームでできることはかなりたくさんありますが、なんでもできるかと言われればそれは違います。

リフォーム後の家を想定して作られたリフォームのショールームなら、リフォームでできること、できないことが実際に体感可能です。

また、空間の広さ感、材料の質感もよく見てきましょう。

「このくらいの広さ、畳数なら、こういう風に感じるのか」。

「この材料は部分的にみるとこんなイメージだけど、全体に施工するとこう感じるのか」。

など、想像力を高める材料として、すごく役に立ちますよ。

リフォームのショールームは、リフォームを検討する人なら絶対に行っておくべき。

まるた
まるた
なんといっても無料です!

ぜひ、1度足を運んでみてくださいね。

おすすめのリフォームのショールームはこちら。

【東京】パナソニック TOKYOリノベーションミュージアム

予約不要

TOKYOリノベーションミュージアム

【全国】リノベる。

要予約

リンク先から行きたいショールームを選んで予約してください。

リノベーション空間をそのまま再現
等身大&体験型ショールーム見学のご予約はこちら→リノべる。

【東京・神奈川】グローバルベイス

要予約

リンク先右上の「ショールーム一覧」をクリックして、行きたいショールームを選んで予約してください。

リノベーションセミナーをお探しの方

【東京】リノデュース

要予約

リンク先から下にずっとスクロールしていくと、「ショールーム予約」ボタンがあります。

中古購入+リノベ初心者向けセミナー。無料開催【リノデュース】
プロ厳選!リフォーム会社比較サイト&役立つ資料

リフォームで大事なポイントは、「よいリフォーム会社」「よい担当者」を見つけること。

リフォームにおけるあらゆる失敗は、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因です。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社比較サイトで複数の会社をチェックすることをおすすめします!

また、リフォーム会社に依頼する前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

とはいえ、リフォーム会社比較サイトも無料の資料も、たくさんあってどこに頼んでいいかわからない人もいますよね。

そこで、リフォーム設計のプロである筆者が、

  1. リフォーム会社比較サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

の中からおすすめのものを厳選して紹介していきます!

リフォーム会社比較サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社比較サイトの中から2社を厳選!

どちらのサイトも無料で使えますので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社比較サイトランキング|プロおすすめは2サイトだけ!

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

リフォーム会社の口コミや情報がたくさんまとめてあります。

公式サイト


ホームプロ

関連記事

ホームプロの評判や口コミ!トラブルに遭わない使い方を建築士が解説

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが複数の会社からもらえます。

公式サイト

タウンライフリフォーム

 

関連記事

タウンライフリフォームの評判や口コミ!ダメな会社の見分け方を建築士が解説

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選3社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、何よりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を3つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  3. リノデュース(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)

なぜその3社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に、施工事例集がおしゃれで魅力的です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先右上の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

リフォームの資料おすすめ「リノデュース」

リノデュースの資料

リフォーム資料のおすすめ、3つめは「リノデュース」の資料。

情報量たっぷりのSERVICE & STYLE BOOKが魅力です。

資料請求

好きな物件を好きなデザインで。完全自社設計・施工【リノデュース】

※リンク先右上の「(無料)資料請求はこちら」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

リノデュースの資料は情報満載!リフォームのプロが内容を紹介

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA