リフォームの進め方

リフォーム会社に相見積を取るときの注意点【相見積の断り方も】

リフォーム相見積の取り方

複数のリフォーム会社から相見積を取るときには、注意しておいたほうがいいことがいくつかあります。

リフォームの見積は1社だけに見積依頼をするよりも相見積をとるほうが断然手間がかかります。

せっかく手間をかけて取る相見積ですから、一番よいリフォーム会社を選びたいですよね。

でも、相見積の取りかたを間違えてしまうと、どのリフォーム会社を選んでいいのかわからなくなってしまったりして、よいリフォーム会社を選べません。

一番よくない相見積の取りかたは、単純に「総額が安い会社を選ぶ」というスタンス。

そもそも「まったく同じ内容で」見積を作ってもらうことは不可能だからです。

リフォームは

  • より相性の良いリフォーム会社に
  • 納得のいく金額で

リフォームしてもらうのがベスト。

この記事では、複数のリフォーム会社から相見積を取るときに知っておきたい注意点を、

  1. リフォームの相見積は何社から取るのがベストか
  2. リフォームの相見積、取り方のコツ
  3. 相見積の比較方法
  4. リフォームの相見積を取った会社への断り方

に分けて、わかりやすく説明しています。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

リフォーム会社紹介サイト2選
リフォーム会社紹介サイト比較|プロがおすすめするサイトは2つ!リフォーム会社紹介サイトのうち主な9サイトを、リフォームの設計19年の筆者が徹底的に比較。おすすめするサイトを「ホームプロ」「タウンライフリフォーム」とし、その理由も説明。おすすめできないサイトについても辛口のコメントも入れながら解説。 ...
リフォーム会社の選び方決めかた
リフォーム会社の選びかた|見積金額だけで決めるのはトラブルの元!リフォームは、「相性の良いリフォーム会社」に「できるだけ安くリフォームしてもらう」ことが重要。この記事ではよいリフォーム会社を選ぶために確認したいポイントとダメ担当者を見わけるためのポイントについて説明。...

リフォームの相見積は何社から取るのがベスト?

リフォームの相見積を何社からとるか

色んなお施主様がいらっしゃいますが、

  • 1社だけに依頼するお施主様
  • 3社程度の相見積を取るお施主様

が多いように思います。

1社だけに依頼するお施主様は、以下の理由であることが多いです。

  • ハウスメーカーによる建物で、他社でリフォームをすると保証が切れる
  • 構造図面をハウスメーカーが管理していて、ハウスメーカーでないと詳しい構造がわからない
  • 新築したハウスメーカーの構造に対する信頼感が強い
  • 口コミや近所の評判などで、その会社を信頼している

3社程度の相見積を取るお施主様は、

  • 1社だけに頼むのは心配だけど、4社以上になると色々手間がかかって大変

という理由が多いです。

私はどちらの考え方も正しいと思っています。

依頼する会社の分だけ、

  1. 現地を見てもらう
  2. リフォームの要望を伝える
  3. プランを出してもらう
  4. プランを検討する
  5. 見積を出してもらう
  6. 見積を検討する

という工程が必要になりますので、あまり依頼する会社の数が増えると、きちんとした比較検討ができなくなってしまいます。

ですから、たくさんの会社を検討したい方は、まず見積比較サイトでリフォーム会社の数をしぼるというのも1つの方法かと思います。

見積比較サイトは匿名で見積依頼ができたり、直接会わずにメールでやりとりができたりしますので、多数の会社から3社程度にしぼる段階では手間をかけずに進められます。

ただ、見積比較サイトでも現地をきちんと確認してからでないと正確な見積は出せません。

どんな材料を想定して見積をしているかも、メールのやり取りの段階では詳しいところまでわからないことが多いはずです。

ですので、この段階では「見積金額でリフォーム会社を選定する」のではなく、あくまで「会社との相性」を判断しリフォーム会社をしぼり込んでいくとよいでしょう。

会社との相性は、案外簡単に見抜けると思います。

ポイントは、

  1. 自分が要望している内容をきちんとくみ取ってくれているか
  2. メールや電話などのやり取りが誠実か
  3. 曖昧な返事をしないか
まるた
まるた
一見当たり前のように思える内容ですが、これができないリフォーム会社の担当者って「結構多い」です!

相性の悪いリフォーム会社を選んでしまうと、トラブルにつながることが多いので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

リフォームの相見積、取り方のコツ

リフォーム相見積とり方のコツ

まったく同じ内容で複数の会社に見積を作ってもらうことは不可能で無意味

相見積を取る場合は同じ内容で見積してもらわないと、金額が比べられないんじゃない?

よく、「同じ内容でないと見積を比べられない」と言われることがあります。

でも、同じ内容で見積を作ることはとても難しいし、仮にできたとしてもあまり意味のないことなんです。

理由は、

  1. 各会社によって、おすすめする工事内容が異なる
  2. 各会社によって、お得に提供できる材料が異なる

からです。

各会社によっておすすめする工事内容が異なる

これは同じ悩みを伝えた場合でも、会社や担当者によってその解決策が異なることを指しています。

たとえば、「家が寒い」という悩みに対し、

  • 床下に断熱材を施工しましょう
  • 床暖房を入れましょう
  • 窓を断熱性の高いものに交換しましょう
  • 今の窓にプラスして内窓を追加しましょう

など、たくさんの選択肢があるなかで、どれが今回のお施主様に合うベストな提案なのかは、リフォーム会社がお施主様とのやり取りの中で考えて決めていくわけです。

リフォームの要望を伝える
リフォーム会社に見積を依頼するときの注意点【よい提案をもらうために重要】リフォーム会社に見積を依頼するときに知っておきたい注意点を、「見積依頼をする前にしておきたいこと」「打合せ時に用意しておくとよいもの」「見積はどこに依頼したらいいか」「リフォーム会社への要望の伝え方」に分けて、わかりやすく説明しています。...

また、同じ「床暖房を入れる」という解決策を選択したとしても、

  • 電気式床暖房
  • ガス温水式床暖房
  • どこのメーカーの床暖房を使うか
  • 床暖房の範囲は部屋面積の何%にするか
  • 床暖房の施工は既存床の上に重ね張りするか、既存床をはがして他の床高さと合うように施工するか
  • 床暖房とあわせて床に断熱材を施工するか
  • 断熱材の材料は何を使うか

などなど、無数に選択肢が広がり、それらをすべて統一することはなかなか難しいわけです。

施工方法の細部にわたってまでの内容を、お施主様が最初に決めておくことは不可能ですよね。

また、どこかのリフォーム会社に見積してもらった内容で、そっくりそのまま他社にも見積もってもらうなどの方法も、各社で良かれと思う方法が違うわけですから、うまくいきませんよね。

各会社によって、お得に提供できる材料が異なる

たとえば、キッチンをリフォームするとして、

  • A社はTOTOのキッチンが50%OFFで提供できる
  • B社はLIXILのキッチンが60%OFFで提供できる

など、会社によって安く提供できる商品が異なります。

どうしても「ここのメーカーのこのキッチンじゃないとイヤ」というのでなければ、

  • 食器洗い乾燥機がついていて
  • カウンターは人造大理石がよくて
  • 掃除がしやすい換気扇がついている

キッチンがいい

程度に要望を伝え、各リフォーム会社が安く提供できる商品を提案してもらったほうが結果的に費用面でプラスになります。

相見積は同じ条件でほぼ同時期に依頼すること

あれ?さっきと言っていることが違くない?

と思われませんでしたか。

ここで言う「同じ条件」とは、「要望の伝え方」を指し、それぞれのリフォーム会社に要望や現状の不満を伝えるときは、同じように伝えることが重要です。

たとえば、

  • A社には、お風呂が狭いのがイヤ
  • B社には、お風呂が寒いのがイヤ

と伝えてしまうと、

「同じ要望を伝えた上でどんな提案をしてくれるか」が比較できなくなってしまいますよね。

また、

A社に「お風呂が狭いのがイヤ」と伝えたところ、A社から「じゃあ間取りを少し変更して1坪のユニットバスを入れましょうか」という提案があったとします。

その提案が気に入ったからといって、その後に依頼をするB社に対し、「お風呂は1坪にしたい」と伝えてしまうと、A社とB社がフェアに比べられなくなりますし、「お風呂が狭いのがイヤ」という要望に対するB社のベストな解決策は1坪にすることではないかもしれません。

また、A社で話した内容をB社に伝えて、さらにA社とB社で話した内容をC社に伝えて…などとやっているうちに、どの会社にどう依頼したのかがよくわからなくなってしまっているお施主様を見かけます。

こうなってしまうときちんと比較することができませんし、依頼される側のリフォーム会社もとてもやりにくく、コミュニケーションがとりにくくなってきてしまいます。

要望は各社同じように伝えることが重要です。

そして、依頼のタイミングもできるだけ同時期にすることをおすすめします。

A社に見積依頼

A社の見積が出てきたけど高い

B社にはこの項目を除いて依頼しよう

なんてやっていると、きちんと同じ条件で各社を比較できなくなりますから。

A社に見積依頼・B社に見積依頼・C社に見積依頼

A社からプラン提示・B社からプラン提示・C社からプラン提示

A社から見積提示・B社からプラン提示・C社からプラン提示

のように、同時進行で進めると各社を正確に比較できますし時間も短くすみます。

相見積の手間を省こうとして、リフォーム会社をまとめて家に呼び見積依頼をするのはおすすめできません。

筆者も今までに3回ほどそういう依頼のされ方をしたことがありますが、設計としてあれこれお施主様と相談したいことも他社がいる中ではあまり話せませんし、他社の人たちもやりにくそうでした。

相見積の比較方法

リフォーム相見積の比較方法

ここまでお話してきましたように、相見積は「まったく同じ内容で見積を依頼する」のではなく、「それぞれの会社がよいと思うやり方」を提案してもらうことが大切です。

提案されたプランと見積については異なる内容での見積なのですから、金額だけで決めるのではなく「提案内容」と「金額」の両方を加味して検討しなければなりません。

1個100円のリンゴと1個50円のミカンを比較する場合、金額だけは決めませんよね。それと同じです。

リフォーム見積の見かた
リフォームの見積はどう見る?相見積の比較方法や追加見積についても説明難しくてよくわからないリフォームの「見積内容を確認」する方法や、「見積比較」のしかたについて、わかりやすく説明します。リフォームの工事内容はとても選択肢が多く、どんな内容で見積がされているのかを理解するのはとても大変です。「見積書」だけでなく、「図面」「仕上表」「商品(材料)リスト」「口頭での説明」などで、しっかり確認しましょう。...
スポンサーリンク

リフォームの相見積を取った会社への断り方

相見積 断り方

「相見積を取って1社を選んだものの、他の会社へはどう断ればいいのだろう」という悩みをよく耳にします。

  • できるだけ早く
  • 理由を正直に伝える

のがベストです。

「担当者が信用できなかった」などの言いにくい理由の場合は、馬鹿正直に伝える必要はありませんが、

  • 他社のプランのほうが気に入ってしまった
  • 予算オーバーだった
  • 他社の見積のほうが魅力的だった

などの理由であれば、はっきり伝えることがこれまで対応してくれたリフォーム会社への誠意ではないかと思うのです。

予算オーバーという理由に対して、

「もう少しなら値引きできますよ」と言ってくる会社もあるかと思います。

値引きしてもらうことで再検討してもいいし、もう違う会社に心を決めているのであればはっきり「もう他社さんに決めた」と伝えればいいのです。

まともな担当者ならすぐに引き下がるはずですから。

まれに、「あそこの会社よりウチの会社のほうが安いのに」とか「あの会社は工事がイマイチですよ」とか、負け惜しみ的なことを言ってくる担当者もいますが、そういうのは聞き流してOK。

「こんな担当者を選ばなくてよかった」と自分の選択を確信しましょう(笑)

一番いけないのは断りにくいという理由で、お断りの連絡をしないことです。

リフォーム会社も工事をさせてもらいたくて、プランを作ったり見積を作ったりしたのですから、最低限お断りくらいは連絡するのがマナー。

また次にリフォームするときに、その会社に見積依頼をすることだってあるかもしれませんしね。

リフォーム会社から相見積を取るときの注意点について最後に

複数のリフォーム会社から相見積を取る時のコツを説明してきました。

相見積は単純に「総額が安い会社を選ぶ」ためのものと思われていた人には、意外な内容だったのではないでしょうか。

相見積を取る時に一番大切なことは、

「まったく同じ内容で見積を依頼する」

のではなく、

「それぞれの会社がよいと思うやり方」

を提案してもらうことです。

相見積は複数の会社に自分の家をどうしたらいいか相談できるいい機会です。

各社から出てくる提案をしっかり楽しんでくださいね!

プロ厳選リフォーム会社紹介サイトで最適な会社を見つけよう!

リフォーム設計歴19年の一級建築士である筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中からおすすめのサイトを2つに厳選。

どちらのサイトも無料で使えますので、ぜひ試してみてください!

住宅ローンの借り換えをしてみよう

リフォームのタイミングで検討したいのが、「住宅ローンの借り換え」

借り換えで数百万円返済額が減るケースがけっこうあります!

オンライン型住宅ローンサービス

モゲチェック(MOGE CHECK)

住宅本舗

関連記事

住宅ローンの借り換えシミュレーション
住宅ローンの借り換え|シミュレーションでいくら得するかチェック!住宅ローンの借り換えで、返済額を数百万単位で減らせることがあるのを知っていますか?今はネットバンクをはじめ、新しい住宅商品がたくさん。まずは今の住宅ローンで損をしていないかをシミュレーションでチェックしてみましょう!...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA