リフォームの進め方

リフォーム会社に見積依頼|注意すべき4つのポイント

リフォームの要望を伝える

リフォーム会社への見積依頼は簡単なようで、実は注意するところがたくさんあります。

見積依頼のしかたを間違えてしまうと、意図したものとは違うリフォームプランや見積がリフォーム会社から出されてしまうことも。

また、家の工法を熟知したリフォーム会社を選ばないと、必要な構造材を撤去されてしまうなど、リフォームで家を弱くしてしまうことにもつながりかねません。

まるた
まるた
特に2×4工法やパネル工法などの特殊工法の住宅は注意してください!

この記事では、

  1. リフォームの見積依頼はどのリフォーム会社にすべきか
  2. リフォーム会社に見積依頼をする前に準備しておくべきこと
  3. リフォーム会社に見積依頼をする時に用意しておくとよいもの
  4. リフォーム会社への要望の伝え方

について、リフォーム設計のプロである筆者がわかりやすく解説していきます。

リフォーム会社と施主が最初に取るコミュニケーションが、この見積依頼です。

上手に見積依頼をすることで、リフォーム会社からのよいプランや提案につながりますよ!

ぜひ最後まで読んで、リフォーム会社に見積依頼をするときのポイントをつかんでくださいね。

まずは、家の工法別にどのリフォーム会社に依頼すべきかについてお話します。

リフォームの予算と内容の決め方
リフォームの予算決め!プロが教える予算と内容の決め方リフォーム予算の決め方について、リフォーム設計のプロである一級建築士が解説!リフォーム会社に相談する前に決めておくべきポイントをわかりやすく説明します。...
家の不満点チェックリスト
リフォーム内容の決め方|現状の住まいが把握できるチェックリストリフォームの工事内容を決めるためには、現状の住まいを把握することから始まります!家に関するあらゆる不満をまとめた「家の不満点チェックリスト」で今の家に対する不満点をすべて洗い出してみましょう!...
リフォーム相見積の取り方
リフォームで相見積を取る時の5つのポイント|相見積の断り方もリフォームで相見積を取る時に注意すべき5つのポイントを、リフォーム設計のプロが解説。相見積は単純に見積総額が安いリフォーム会社を選ぶためのものではありません! ...
リフォーム見積の見かた
リフォームの見積【徹底解説】一級建築士が超わかりやすく説明リフォームの見積を理解することは、工事が終わってから「この工事も見積に入っていると思ったのに」などというトラブルがおきないために重要。この記事ではリフォームの見積内容を理解するために必要なポイントを、リフォーム設計のプロが解説。...
リフォーム会社の選び方決めかた
リフォーム会社の選び方|プロが教えるトラブルになりやすい会社の特徴リフォーム会社の選び方で最も重要なのは、トラブルにつながる気配のある会社を見分けること。リフォーム業界に長く居る筆者ならではの視点で、リフォーム会社の選び方をお話します!...

リフォームの見積依頼はどのリフォーム会社にすべきか

どのリフォーム会社に依頼するか

リフォームの見積依頼はどのリフォーム会社にしてもいいわけではありません。

その家の構造を「熟知」しているリフォーム会社に依頼することがとても重要!

特に2×4工法や特殊工法などは、「よくわかってない人がリフォームしたな」という現場を筆者は頻繁に目にします。

残念なことに、よくわからない工法のリフォームを依頼された場合でも、多くのリフォーム会社は断らずに請けてしまいます。

そして、建物の耐力を弱めたり、ごちゃまぜの構造でつぎはぎのリフォームをしたりしてしまうのです。

そんな残念なリフォームをしないためにも、リフォームの見積依頼は建物の工法をしっかりとわかっている会社に依頼しましょう!

さっそく、家の構造別にどのリフォーム会社に見積依頼をするべきかを説明します。

  1. 家がマンションの場合
  2. 家が戸建て【在来工法】の場合
  3. 家が戸建て【ツーバイフォー工法】の場合
  4. 家が戸建て【特殊工法】の場合

ひとつずつ見ていきましょう。

家がマンションの場合

家がマンションの場合は、基本的にどこのリフォーム会社に依頼してもOK。

たいていのリフォーム会社で設計、施工が可能です。

家が戸建て【在来工法】の場合

家が戸建て【在来工法】の場合も、基本的にどこのリフォーム会社に依頼してもOK。

たいていのリフォーム会社で設計、施工が可能です。

ただし、ハウスメーカーが建てた建物は保証がついている場合があり、他社でリフォームをするとその保証が切れてしまったり、延長できなくなったりすることも。

また、お施主様には渡していない構造図などの図面を、ハウスメーカーが保管している場合もあります。

間取りを変えるなどで柱を抜いたりする必要がある場合は、構造図があったほうが安心なので、家を建てたハウスメーカーにも見積依頼をしたほうがよいでしょう。

家が戸建て【ツーバイフォー工法】の場合

家が戸建て【ツーバイフォー工法】の場合は、注意が必要です。

ツーバイフォー工法の建物はたくさん建っているのに、ツーバイフォーの設計をきちんとできる設計者はとても少ない現状です。

ツーバイフォーにはツーバイフォー工法独特のルールがあり、それを守ってリフォームをしないと建物の強度を落とすことになってしまいます。

私は10年以上ツーバイフォーの住宅を中心にリフォーム設計をしていますが、

  • 撤去してはいけない壁を撤去してしまったり
  • 必要な構造材が撤去されていたり
  • 開口部に必要な骨組みがされていなかったり

というような、ツーバイフォーをよく知らない人間がリフォームした後のお宅を見ることが「わりと頻繁に」あります。

おそらく、木造だからという理由だけで在来工法しか理解していないのに、ツーバイフォーも在来工法のルールに無理やり当てはめてリフォームをしてしまったのだと思います。

ちなみに、大工さんが現地を見て「この壁は撤去して大丈夫」と判断しているようなリフォーム会社も危険です。

ツーバイフォー工法は基本的に現地と図面の両方を見ないと、壁の撤去などの判断はできません。

図面と現地を見た上で設計者がツーバイフォーのルールに当てはめて壁撤去などの判断をしなければならないのに、その判断を現地で大工さんに確認して決めるようなリフォーム会社は「ツーバイフォーについてあまり詳しくないのかな」と判断したほうがよさそうです。

また、ハウスメーカーが建てたツーバイフォー住宅についても、在来工法と同様、保証や構造図の理由から家を建てたハウスメーカーに依頼をしたほうがよいでしょう。

ツーバイフォーは在来工法とは違う独特のルールがあります。

リフォームの依頼は必ずツーバイフォーをしっかり理解している会社にしましょう!

まるた
まるた
ツーバイフォーを知らない人間がひどいリフォームをしている現場をよく見ているので、熱く語ってしまいました

家が戸建て【特殊工法】の場合

特殊工法とはミサワホームの木質パネル工法とか、旭化成ホームズのヘーベルハウスなどの特殊な工法で施工された建物のことを指しています。

こちらもその特殊工法をよく理解している会社でないと、建物の強度をリフォームによって落としかねません。

基本的には、家を建てたハウスメーカーにリフォームを依頼するのがよいかと思います。

構造図の保管や保証の件もありますから。

スポンサーリンク

リフォーム会社に見積依頼をする前に準備しておくべきこと

リフォームの予算と内容の決め方

リフォーム会社に見積依頼をする前に、準備しておくべきことがあります。

まるた
まるた
この事前準備をするかしないかで、リフォーム計画をうまく進められるかが変わります!

それは、

  1. リフォームの予算
  2. リフォームの内容

を決めておくこと。

リフォーム会社に見積依頼をする段階になって予算や内容を考え出すと、家族の意見がまとまらずせっかくの打合せが有意義なものではなくなってしまいます。

時には、親夫婦に2世帯リフォームの見積依頼をされてお伺いしたのに、子夫婦はリフォームの話すら聞いていなかったなどの酷い例も。

最初からこれではリフォーム計画がうまく進むわけがありません。

「予算と内容を家族の意見を統一しはっきり決めておく」ところまでは無理でも、事前に家族でリフォーム予算と内容については話し合っておくことは必要。

リフォーム会社に見積依頼をする前に必ず「家族会議」をしておきましょう!

リフォームの予算と内容の決めかたについては、別記事でくわしく説明しています。

リフォームの予算決め!プロが教える予算と内容の決めかた

リフォーム会社に見積依頼をする時、用意しておくとよいもの

新築時の図面

リフォーム会社に見積を依頼すると、まずは現状の家の状態を確認しつつ要望などを聞き取るため、リフォーム会社の担当者が家に訪問します。

もしくは、リフォーム会社のショールームなどに施主が訪問することもあります。

リフォーム会社と最初の打合せの際に準備しておいたほうがいいものは2つ。

  1. 新築時の図面
  2. 新築時から現在までの工事履歴

リフォーム会社の人が家に来た当日になって、家の中を探しまわらなくていいように準備しておきましょう!

新築時の図面

リフォームの打合せ時に用意しておくべきもの、1つ目は新築時の図面。

平面図や立面図だけでなく、構造図や設備図面など色々なものがリフォームの参考になります。

書類がたくさんあってどれが必要かわからない場合は、あるものをすべて用意しておいてください。

リフォーム会社のほうで、必要な書類をピックアップしてくれます。

また、増築など確認申請を必要とするリフォームを計画している場合、新築時の確認申請書や検査済証の写しも必要になりますので、あわせて用意しておいてください。

新築してから現在までの工事履歴

新築してから現在までの工事履歴も、リフォームをする上で重要な情報。

  • 屋根塗装は何年前に施工した
  • 屋根塗装は新築時から何回施工している
  • 外壁塗装は何年前に施工した
  • 白アリ防除工事は何年前に施工した
  • 給湯器は何年前に交換した

など、新築してから現在までにどんな工事をしたかがわかると、リフォーム会社は提案がしやすいです。

スポンサーリンク

リフォーム会社への要望の伝え方

リフォームの要望を伝える

リフォーム会社に見積依頼をする際、施主はリフォーム会社にリフォームの要望を伝えますが、その伝え方にもポイントがあります。

それは、「要望」のみを伝え、内容をこまかく指示しすぎないこと。

リフォームの内容を考えるときは、

  1. キッチンが暗くて寒いし、リビングやダイニングから孤立しているのがイヤで
  2. 暖かく、ダイニングと一体的に使えるキッチンにしたい
  3. そのためにはダイニングとキッチンの間にあるこの間仕切壁を撤去し、キッチンセットをこの向きで設置したい

のように、

  1. こういう不満があって
  2. こういうふうになってほしいので
  3. ここをこうしよう

という順番になるかと思います。

リフォーム会社に要望として伝えたいのは、

  1. こういう不満があって
  2. こういうふうになってほしい

の部分です。

キッチンの例で言うなら、

  1. キッチンが暗くて寒いし、リビングやダイニングから孤立しているのがイヤで
  2. 暖かく、ダイニングと一体的に使えるキッチンにしたい

になりますね。

ちょっと難しいなと思う方は、現状の家に対する不満点をそのまま伝えてもいいと思います。

キッチンの例で言うと、

  1. キッチンが暗くて寒いし、リビングやダイニングから孤立しているのがイヤ

だけを伝える方法です。

  1. そのためにはダイニングとキッチンの間にあるこの間仕切壁を撤去し、キッチンセットをこの向きで設置したい

については「こうするのはどうですか?」程度に自分の考えとして伝える分にはいいですが、その案に固執せず他にもよい解決策をリフォーム会社に考えてもらいましょう。

よくない依頼のしかたとして多いのは、

  1. ダイニングとキッチンの間にあるこの間仕切壁を撤去し、キッチンセットをこの向きで設置したい

だけを、リフォーム会社に伝えてしまうことです。

この場合、リフォーム会社の人はなぜそうしたいのかがわからないまま、その内容でプランを進めてしまう可能性があり、新しい提案を受けられなくなってしまいます。

せっかくプロであるリフォーム会社に依頼するのですから、不満や要望に対する解決策はプロに提案してもらわないともったいないですよ。

でも、相見積を取る場合は同じ内容で見積してもらわないと、金額が比べられないんじゃない?

と、思う人もいるかと思います。

でも、「全く同じ内容」で見積を依頼することは、現実的にほとんど不可能です。

ですので、リフォーム会社を選ぶ時は「見積金額」だけで決めるのではなく、金額+見積内容でよりよい提案をしてくれたリフォーム会社を選ぶことが重要。

これについては別記事で説明していますので、ぜひそちらもご確認ください。

リフォームで相見積を取る時の5つのポイント|相見積の断り方も

リフォーム会社に見積依頼をするときに注意すべきこと|まとめ

リフォーム会社に見積依頼をするときに注意すべきことは、以下4つです。

  1. どのリフォーム会社に見積依頼すべきか
  2. リフォーム会社に見積依頼をする前の事前準備
  3. リフォーム会社の担当者と会う時に用意しておくとよいもの
  4. リフォーム会社への要望の伝えかた

リフォーム会社と施主との最初のコミュニケーションが、この見積依頼です。

お互いに気持ちよくスムーズにこれから先のリフォーム計画を進めていけるように、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

プロ厳選!リフォーム会社紹介サイト&役立つ資料

リフォームで大事なポイントは、「よいリフォーム会社」「よい担当者」を見つけること。

リフォームにおけるあらゆる失敗は、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因です。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社紹介サイトで複数の会社をチェックすることをおすすめします!

また、リフォーム会社に依頼する前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

とはいえ、リフォーム会社紹介サイトも無料の資料もたくさんあって、どこに頼んでいいかわからない人もいますよね。

そこで、リフォーム設計のプロである筆者が、

  1. リフォーム会社紹介サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

の中からおすすめのものを厳選して紹介していきます!

リフォーム会社紹介サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中から2社を厳選!

どちらのサイトも無料で使えますので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社紹介サイト比較|プロがおすすめするサイトは2つ!

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

リフォーム会社の口コミや情報がたくさんまとめてあります。

公式サイト

ホームプロ

関連記事

リフォーム会社紹介サイト【ホームプロ】で最適な会社探し!プロが教える使いかた

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが複数の会社からもらえます。

公式サイト

タウンライフリフォーム

 

関連記事

タウンライフリフォーム|複数のプランで楽しく会社選び!プロが教える使いかた

スポンサーリンク

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選3社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、何よりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を3つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  3. リノデュース(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)

なぜその3社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に魅力的なのがおしゃれな施工事例集です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先右上の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

リフォームの資料おすすめ「リノデュース」

リノデュースの資料

リフォーム資料のおすすめ、3つめは「リノデュース」の資料。

情報量たっぷりのSERVICE & STYLE BOOKが魅力です。

資料請求

好きな物件を好きなデザインで。完全自社設計・施工【リノデュース】

※リンク先右上の「(無料)資料請求はこちら」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

リノデュースの資料は情報満載!リフォームのプロが内容を紹介

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA