水廻り以外の部屋

リビングの畳コーナー|後悔しない造りかたを建築士が教えます!

リビングの畳コーナー

リビングに畳コーナーを造ると、気軽に横になれたり、洗濯物を畳むスペースに使えたりなど、メリットがたくさん。

このように便利に使えるリビングの畳コーナーですが、実は後になって「リフォームで畳コーナーを撤去したい」という人が結構いるという現状があります。

リフォーム設計をしている筆者のところには、畳コーナー撤去の依頼とともに、「畳コーナーの不満点」「後悔」などの情報がたくさん集まってきます。

そこで、この記事では、

  • リビングの畳コーナー|メリット・デメリット
  • リビングの畳コーナー|後悔しない造りかた
  • 小上がりとフラットな置き畳の畳コーナーはどう選ぶか
  • リビングの畳コーナー|おすすめの広さ
  • リビングの畳コーナー|おすすめ商品

などについて、リフォーム設計のプロならではの視点でお話します。

せっかくお金をかけて、しかも家のメインであるリビングに造る畳コーナーです。

後悔のないものを造りましょう!

まずはリビングに畳コーナーを造るメリットとデメリットからお話します。

かわいいラグにおすすめのイブル
かわいいラグ|ブランケットやベッドカバーにもなる韓国のお布団イブルかわいいラグとしておすすめな【イブル】韓国のお布団で、ベビーマットとして日本で人気沸騰中ですが、赤ちゃんだけでなく大人も便利で気持ちよく使えるアイテムです。おすすめのイブルも紹介します。...

リビングの畳コーナー|メリット・デメリット

リビングに畳コーナーを造る前に、メリットとデメリットをしっかり確認しておきましょう。

リビングに畳コーナーを造るメリット

リビングに畳コーナーを造る最大のメリットは、

洋室なのに畳の良さも取り入れられる

ということ。

畳はフローリングと比べてやわらかいので、

  • 気軽に横になれる
  • 子どもの昼寝スペースになる
  • 洗濯物を畳んだりアイロンがけしたりできる家事スペースになる
  • フローリングほど音が響かないので、子どもの遊び場になる

などのメリットがあります。

とくに子供が小さいうちは、お昼寝スペースや遊び場など、リビングの畳コーナーを活用する場面が多く、実際便利に使っている人が多いです。

では、なぜ後になって「リビングの畳コーナーを撤去したい」という人が多いのか。

それは次のデメリットとあわせてお話します。

リビングに畳コーナーを造るデメリット

リビングの畳コーナーを撤去したいという人にその理由を聞くと、多いのが以下のケース。

子どもが小さいうちは大活躍の畳コーナーですが、子どもが大きくなってしまうと畳コーナーを活用する場面が少なくなってしまうというもの。

もちろん、洗濯物を畳むなどの家事をしたり、こたつを置いたり、横になったりして、大人でも便利に畳コーナーを使えます。

でも、収納スペースなどほかに必要なスペースがたくさんある中で、子供が使わなくなったりしてあまり活用されていない畳コーナーをリビングに残しておく必要はないと考える人が多いんです。

実際、使われなくなった畳コーナーが、雑多な物置になっている家を、筆者は何度も目にしています。

しかも、その雑多な空間が「リビング」にあるのが最悪で、「常に片付いていない家」という印象になってしまいがち。

ここであらためて畳コーナーのデメリットを考えてみます。

  • フローリングと比べて掃除がしにくい
  • フローリング部分と畳部分とで空間が分断されるので、狭く感じる
  • とくに「小上がり」の畳コーナーの場合は圧迫感がある
  • 歳をとってくると「床に直接座る」という動作がつらくなり、畳の床は不要になる

これらのデメリットと使用頻度を考えると、「畳コーナーは撤去したほうがすっきりする」という結論になる人が多いんです。

では、リビングに畳コーナーなんて造るべきじゃないの?

そんなことはありません。

  • 子どもが小さい
  • 寝転んでテレビを観たい

などで、便利につかえるのなら畳コーナーをリビングに造る意味は十分にあります。

ポイントはその「造りかた」

次はリビングに畳コーナーを造るときのポイントについて説明します。

スポンサーリンク

リビングの畳コーナーは簡易なものにすべき

いきなり見出しに結論を書きましたが、リビングの畳コーナーはしっかり造り込まないことを筆者は強くおすすめしています。

建築工事としてしっかり畳コーナーを造り込んだ場合、それを撤去するときにも、解体、フローリング部分の張替、壁の補修などの工事が必要となり費用もかかります。

しかも、畳コーナーだけでなく、周辺の工事もあわせて必要になるケースがほとんど。

まるた
まるた
いつも「もったいないなぁ」と思いながら撤去・補修工事をしています
リビングの畳コーナー

こちらはしっかりと建築工事で畳コーナーを造り込んだ例。

このような畳コーナーを撤去するには、結構大掛かりな工事が必要です。

畳コーナー周辺の工事もかなり出るので、大きな費用がかかります。

リビングの畳コーナー

こちらの畳コーナーは一見簡単に撤去できそうに見えますが、床見切でしっかりフローリングと畳コーナーが区切られているので、これを撤去しようとするとフローリング側の工事も必要になります。

畳コーナーは将来的に使わなくなるケースがあまりにも多いので、必要な時期だけ便利に使えて不要になったらさっと撤去できるもののほうが安心。

DIYでできるレベルの畳コーナーで十分です。

DIYって安っぽくてイヤなんだけど

もちろん職人さんがその家にぴったりのサイズでしっかり施工する畳コーナーと比べれば、安っぽいかもしれませんが、最近は簡単にDIYできる小上がりや置き畳の畳コーナー商品がたくさんありますよ。

「自分は畳が大好きだから、未来永劫、畳コーナーは使い続けるんだ」

という人は、建築工事でしっかり造りこんだほうがいいですが、そうでない人はもっと簡易な畳コーナーがおすすめです。

リビングの畳コーナーは「小上がり」とフラットな「置き畳」のどちらがいいか

筆者は簡易な畳コーナーをおすすめしていますが、簡易な畳コーナーは大きくわけて2種類。

  1. フローリングなどの床から1段上がったところに造る「小上がり」の畳コーナー
  2. フローリングの上に15㎜程度の置き畳を置いて造る畳コーナー

小上がりの畳コーナーの場合は、床から40cmくらい高くして腰を掛けられるようにするのが一般的ですが、もう少し低くして上り下りをラクにしたものも。

床からかさ上げした部分は収納スペースになります。

それでは、この2種類の畳コーナーはどちらがいいのか。

基本的にリビングの畳コーナーは、他の部分とフラットな置き畳にすることを筆者はおすすめしています。

どうしても小上がりの畳コーナーは部屋に圧迫感が出て狭く感じるし、掃除も大変になるからです。

まるた
まるた
それに、家の中に段差はできるだけないほうが暮らしやすいです

でも、時には小上がりの畳コーナーにしたほうがいいケースも。

次はそれについてお話します。

小上がりの畳コーナーにしたほうがよいケース

小上がりの畳コーナーにしたほうがいいケースは、

  1. リビングの収納スペースが足りない場合
  2. リビングにソファを置かず、畳コーナーに腰をかける場合
  3. リビングが広く小上がりの畳コーナーを造っても圧迫感がでない場合

の3つ。

①は畳コーナーの下部をリビングの収納に活用することで、リビングが物であふれるのを防げます。

リビングが物であふれかえるくらいなら、多少圧迫感があっても小上がりの畳コーナーを採用したほうがいいという考えかたです。

②は畳コーナーをソファ替わりにできることで、小上がりの畳コーナーを有効活用できます。

③のリビングが広い場合については、小上がりでも置き畳でもどちらの畳コーナーでも対応可能という意味で入れました。

フラットな置き畳の畳コーナーにしたほうがよいケース

先にも書いたとおり、基本的に畳コーナーはフラットな置き畳をつかったものがおすすめです。

ですので、上の「小上がりの畳コーナーにしたほうがいいケース」で上げた場合以外は、置き畳の畳コーナーを選びましょう。

小上がりの畳コーナーと比較すると置き畳は金額が安く、季節によって畳コーナーのあるなしを簡単に変えられる柔軟性の高さも魅力的です。

スポンサーリンク

畳コーナーの広さはどれくらいがベストか

畳コーナーはあまり小さいと使い道がありません。

とくに小上がりの畳コーナーの場合は他の空間と分断されますから、最低でも4畳半程度はほしいところ。

それ以下の小さい小上がりだと使い道が減るだけでなく、見た目的にも「とってつけた感」が出てチグハグなリビングになることも。

リビングの畳コーナー

これは小上がりで3畳の例。

まるた
まるた
ちょっときゅうくつな感じがしませんか?

一見、洗濯物を畳んだり、家事をするには十分なスペースに見えますが、「閉じ込められ感」が強いので、居心地があまりよくありません。

また、置き畳の場合でも3畳以上はないと、子どもが遊ぶにも、家事をするにも、使い勝手がよくありません。

そうは言ってもリビングがあまり広くないから、そんなに大きな畳コーナーはつくれないよ

筆者の担当するお施主様にもそのようにおっしゃる人がいますが、その場合は畳コーナーを造ること自体を考え直してみましょう。

無理に小さな畳コーナーを造ったところで、使い道が限られて便利に使えない可能性が高いです。

「赤ちゃんが寝るためだけに使うスペースだから2畳あれば十分なんだ」

というような場合以外は、上に書いた程度以上のサイズの畳コーナーにすることをおすすめします。

畳コーナーにおすすめの商品

それでは畳コーナーにおすすめの商品を紹介していきます。

おすすめの畳コーナーのを選ぶ基準としては、

  1. 国産であること
  2. 売れていること
  3. よい評価が多いこと

の3つ。

い草は国産のものだと中国産と比べてグッと高くなりますが、その品質は一目瞭然。

また、い草ではなく和紙や樹脂を使った畳を使っているものもありますが、いずれにしても畳である限りはやはり国産がおすすめです。

小上がりの畳コーナーでおすすめの商品

小上がりタイプの畳コーナーで、おすすめの商品を紹介します。

高床式ユニット「結」

リビングの畳コーナー リビングの畳コーナー

なんと、あべのハルカスの展望台で採用されている商品です!

サイズの品ぞろえが豊富で、いろんなバリエーションで小上がりの畳コーナーが造れます。

楽天とアマゾンで取り扱いがあるので両方リンクを張っておきますが、品ぞろえを一覧で見られる楽天のほうが見やすいのでおすすめ。

高床式ユニット畳「結」
created by Rinker

畳収納ユニット

リビングの畳コーナー リビングの畳コーナー

こちらもサイズの品ぞろえが豊富なうえ、

  1. 高さ45cmのハイタイプ
  2. 高さ31.5cmのロータイプ

の2種類から選べます。

天然い草と樹脂製から選べます。

こちらは楽天、アマゾン、ヤフーショッピングに取り扱いがありますが、楽天でないと品ぞろえがわかりにくいので、楽天のリンクのみ張っておきますね。

置き畳のおすすめ

次は置き畳のおすすめを紹介します。

洗えるへりなしフロアー畳

リビングの畳コーナー

テレビでも紹介された大人気の置き畳。

樹脂製の畳で、その名の通り洗えます!

子どもやペットが汚しても安心!

国産ユニット畳「かるぴた」

リビングの畳コーナー リビングの畳コーナー

軽いのが魅力の国産置き畳。

女性でも楽々設置できます!

国産い草ユニット畳あぐら

リビングの畳コーナー リビングの畳コーナー

国産い草を使った置き畳の中では、結構お値打ち価格な「あぐら」

しっかり連結できるのが魅力。

スポンサーリンク

リビングの畳コーナーまとめ

リビングの畳コーナーは将来的に必要がなくなり撤去したくなるケースが圧倒的に多いので、簡易的な畳コーナーにすることをおすすめしています。

また、畳コーナーの広さはあまりに小さいと使い道が限定され、便利に使えないケースも。

小上がりの畳コーナーなら4畳半以上、置き畳なら3畳以上のスペースにすると使いやすい畳コーナーになります。

最近では簡単に設置できて品質も悪くない畳コーナー商品がたくさんあります。

ぜひ紹介した畳コーナー商品とあわせて検討してみてくださいね。

プロ厳選リフォーム会社紹介サイトで最適な会社を見つけよう!

リフォーム設計歴19年の一級建築士である筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中からおすすめのサイトを2つに厳選。

どちらのサイトも無料で使えますので、ぜひ試してみてください!

住宅ローンの借り換えをしてみよう

リフォームのタイミングで検討したいのが、「住宅ローンの借り換え」

借り換えで数百万円返済額が減るケースがけっこうあります!

オンライン型住宅ローンサービス

モゲチェック(MOGE CHECK)

住宅本舗

関連記事

住宅ローンの借り換えシミュレーション
住宅ローンの借り換え|シミュレーションでいくら得するかチェック!住宅ローンの借り換えで、返済額を数百万単位で減らせることがあるのを知っていますか?今はネットバンクをはじめ、新しい住宅商品がたくさん。まずは今の住宅ローンで損をしていないかをシミュレーションでチェックしてみましょう!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA