屋根

屋根の断熱や遮熱で室内の暑さがやわらぐ!おすすめの断熱材と塗料も

窓の断熱や遮熱

屋根を断熱や遮熱すると、室内の暑さが大きく改善することがあります。

リフォーム設計をしている筆者がお施主様からよく聞くのは、「夏には2階に上がるのもイヤなくらい暑い!」という不満。

正確には「2階が暑い」のではなく「屋根の下にある部屋が暑い」なのですが、

  1. 屋根から小屋裏に熱が入り込み
  2. 小屋裏から室内に熱が入ってくる

という順番で、屋根の下の部屋が暑くなってしまっているのが原因。

この「屋根の下にある部屋が暑い」という場合は、屋根の断熱や遮熱がかなり有効に働く可能性が大です!

太陽の熱は窓などの開口部から室内に入るものが70%以上と言われていますが、屋根から室内に侵入する熱も侮れません。

室内の暑さを改善したい場合は窓はもちろん、屋根もしっかり断熱しないと中途半端な効果しか得られないことも。

この記事では

  • 屋根の断熱や遮熱が効果的な理由
  • おすすめの屋根断熱材
  • おすすめの屋根の遮熱塗料

などについて説明。

暑さ対策に重要な「屋根」の断熱や遮熱について、くわしくお話します。

暑さ対策で室内を涼しく
暑さ対策で室内を涼しく!手軽~本格的なものまで10選|おすすめ商品も暑さ対策で室内を涼しく!リフォーム設計のプロである筆者が厳選した10の暑さ対策を紹介。簡単にあっという間にできるものからDIYでできるもの、施工店に依頼する本格的な暑さ対策まで、幅広く紹介しています。...
屋根リフォーム
屋根のリフォーム全知識! 「塗装」「カバー工法」「葺き替え」を徹底的に比較屋根のリフォームをするときに、「塗装」「カバー工法」「葺き替え」のうち、どれを選べばいいのか。選んだ方法の中で、どんな材料や施工方法を選べばいいか。屋根のリフォームをするときに知っていてほしい知識を全部まとめました。...

屋根の断熱や遮熱が効果的な理由

屋根の断熱や遮熱をすると、なぜ室内の暑さが軽減するのか。

それは「小屋裏空間」の温度がポイント。

屋根の断熱や遮熱をしていない小屋裏空間の温度は、真夏には60度以上になることがあります。

まるた
まるた
真夏に小屋裏やロフトに上ってみてください。めまいがしそうな暑さですよ!

そんな暑い空間が家の中にあれば、室内が暑くなるのは当然。

小屋裏の暑い空気が少しずつ天井から室内に伝わり、屋根の下の部屋はどんどん暑くなっていきます。

屋根から入る熱を断熱や遮熱する方法は、大きくわけて2通り。

窓の断熱や遮熱
  1. 屋根面で遮熱や断熱する「屋根断熱」
  2. 天井の上部で断熱する「天井断熱」

の2つです。

最近の高気密高断熱の家では「屋根断熱」と「天井断熱」の両方で断熱していることが多いですが、あまり断熱に力を入れていない家や古い家などの場合は「天井断熱」しかされてない場合がほとんど。

その場合、屋根と天井の間の空間「小屋裏」は、先にお話した通り真夏には60度以上の温度になることもあります。

まるた
まるた
お風呂のお湯が約40度ですから、気温60度以上がどれほど暑いか・・・想像してみてください!

もし、自宅の屋根の断熱が「天井断熱」だけしかされていない場合、リフォームで「屋根断熱」を追加することや、屋根の「遮熱塗料」で塗装することで、夏の暑さは劇的に解消します。

また、屋根の断熱をすることで、屋根に雨が当たる音や飛行機が飛ぶ音など、屋根から入る音が軽減するという効果も。

窓の断熱や遮熱

出典:アイシネン アイシネンLDフォーム

特に、金属屋根の場合は屋根の雨音がうるさく感じる人も多いため、屋根の断熱工事をすれば暑さも音も解消されて一石二鳥です。

屋根断熱がおすすめなのは分かったけれど、どんな断熱材を使ったらいいの?

次は、おすすめの屋根の断熱材を紹介します!

スポンサーリンク

おすすめの屋根の断熱材

屋根の断熱材としておすすめなのは、

アイシネン アイシネンLDフォーム

窓の断熱や遮熱 窓の断熱や遮熱
まるた
まるた
画像は壁に断熱材を吹付けていますが、屋根断熱としても施工可能

筆者が担当するリフォームで、お施主様から「2階が暑い」という不満が出た場合に必ず提案する商品です。

窓の断熱や遮熱

この画像は屋根断熱「アイシネンフォームLD」を施工する前と後の温度を計ったもの。

小屋裏の温度が54.5度から33度に下がっています!

アイシネンフォームLDは新築だけでなく、リフォームでも問題なく施工ができるところもおすすめのポイント。

吹付けによる施工は隙間なく断熱材を充填でき、断熱効果が抜群。

規格サイズで作られた断熱材を使うより、隅々まで断熱材がいきわたるので安心です。

おすすめの屋根の遮熱塗料

窓の断熱や遮熱

先に紹介した屋根断熱は屋根の下面に断熱材を施工しますが、次は「屋根面」を遮熱するおすすめの塗料を紹介します。

屋根面の断熱や遮熱をする材料には、

  • 屋根材と一体になった断熱材
  • 屋根材の下に敷いて断熱する断熱シート
  • 遮熱効果のある屋根塗料

などがあります。

ここでは、屋根の葺き替え工事をしないで施工できる「遮熱効果のある屋根塗料」のおすすめを紹介。

もちろん、「ちょうど屋根の葺き替えをするタイミングなんだ」という人は、「屋根材と一体になった断熱材」や「屋根材の下に敷いて断熱する断熱シート」もとても効果的なので、ぜひ検討してみてください!

屋根の遮熱塗料でおすすめの商品は、

エスケー化研 クールタイトシリーズ

窓の断熱や遮熱

屋根を塗装するタイミングで「家が暑い」という不満がある場合、おすすめする遮熱塗料です。

突然ですが、屋根の上に上ったことはありますか?

筆者が屋根に上ったときにまず思ったのが、「屋根って熱い!」でした。

まるた
まるた
素手で触ると、「あちっ!」って叫ぶくらいのレベルです

遮熱塗料は特殊顔料によって太陽光線を反射し、屋根の表面温度を上げない効果があります。

窓の断熱や遮熱

屋根の塗装工事は施工費用が大部分を占めているので、塗料を多少いいものにしてもさほど全体の工事価格は上がりません。

ですので、

「せっかく屋根の塗装をするなら、ちょっといい塗料を使って遮熱もしてしまったほうがいい」

というのが筆者の考えかたです。

とはいえ、屋根の遮熱塗装だけでは、屋根の断熱としてはちょっと物足りないなというのが筆者の本音。

屋根の遮熱塗装とあわせて、上で紹介したアイシネンフォームLDなどを使った屋根断熱をすることをおすすめします。

それと屋根の塗装でもう1つお話したいことがあります。

それは、塗料の色とツヤ選びについて。

1つずつ説明します。

屋根塗料の色について

屋根塗料の色というより、屋根の色の話になりますが、

屋根の色は濃ければ濃いほど熱くなり、室内の暑さへとつながります。

にもかかわらず、屋根の人気色は相変わらず「黒」がダントツのトップ。

どんな外壁の色にも合わせやすいのが黒なので仕方ないところはあるのですが、できれば少しでも淡い色を選んで暑さ対策をしましょう。

屋根塗料のツヤについて

屋根や外壁に使う塗料は、色だけでなく「ツヤ」も指定することができます。

全ツヤと呼ばれる10分ヅヤだと、塗料のツヤがそのまま出るので結構テカテカ。

テカテカの外壁は家が安っぽく見えることもあるので、ツヤを落として5分ヅヤや3分ヅヤを選ぶ人も多くいます。

まるた
まるた
筆者は3分ヅヤが好きです

しかし、外壁は5分ヅヤや3分ヅヤにしたとしても、屋根は全ツヤ、10分ヅヤにすることをおすすめ。

理由は、大きな違いはないながらも、やはりツヤがあるほうが性能がいいから。

5分ヅヤや3分ヅヤなど塗料のツヤを消すためには、ツヤ消し材を添加しています。

添加剤が増えれば増えるほどツヤはなくなりますが、添加剤が入る分塗料の性能はほんの少しだけど低下。

屋根はダイレクトに雨や日差しが当たる部分ですから、より強い性能が求められます。

できるだけ全ツヤの塗料を使いましょう。

スポンサーリンク

屋根と一緒に断熱や遮熱すると効果的なのは「窓」

屋根の断熱や遮熱とあわせて施工すると効果的なのが、「窓の断熱」

そもそも、外部から室内に入る熱のうち70%以上は窓などの開口部から入るといわれています。

内窓のリフォーム

出典:YKKap 窓・サッシ

なので、夏の暑さや冬の寒さを軽減したい場合、まず第一に考えなければならないのは「窓」なんです。

窓の遮熱や断熱については、別記事をいくつか書いていますので、そちらもあわせて読んでみてください。

窓のリフォーム|工法の種類と選びかたをリフォームのプロが解説

内窓はリフォームで大人気!寒くて暑い家を簡単な工事で快適に

窓でありがちな失敗例10個!新築もリフォームも窓が重要|一級建築士が解説

屋根の断熱や遮熱まとめ

屋根の断熱や遮熱は、室内の暑さ対策にとても有効。

リフォームでも新築でも使える屋根断熱の吹付材料「アイシネンLDフォーム」や、屋根塗装のタイミングで選びたい屋根塗料「クールタイトシリーズ」は、筆者がリフォーム設計において何度も提案し、使用してきた材料です。

そして、室内の暑さや寒さの改善には、屋根の断熱や遮熱だけでなく「窓」の検討も重要。

どちらかだけではなく、両方合わせて検討してみてくださいね。

プロ厳選リフォーム会社紹介サイトで最適な会社を見つけよう!

リフォーム設計歴19年の一級建築士である筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中からおすすめのサイトを2つに厳選。

どちらのサイトも無料で使えますので、ぜひ試してみてください!

住宅ローンの借り換えをしてみよう

リフォームのタイミングで検討したいのが、「住宅ローンの借り換え」

借り換えで数百万円返済額が減るケースがけっこうあります!

オンライン型住宅ローンサービス

モゲチェック(MOGE CHECK)

住宅本舗

関連記事

住宅ローンの借り換えシミュレーション
住宅ローンの借り換え|シミュレーションでいくら得するかチェック!住宅ローンの借り換えで、返済額を数百万単位で減らせることがあるのを知っていますか?今はネットバンクをはじめ、新しい住宅商品がたくさん。まずは今の住宅ローンで損をしていないかをシミュレーションでチェックしてみましょう!...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA