カーテン・ラグ

カーテンレールに取付可能なブラインドを紹介!手順も詳しく解説

カーテンレールにブラインドを取付

カーテンレールにブラインドが取付けられることを知っていますか?

「カーテンレール取付金具」があれば、ブラインドは簡単にカーテンレールに取付が可能です。

カーテンレール取付金具って何?どこで買えばいいの?

カーテンレール取付金具はブラインドをカーテンレールに取付けるための部品です。

カーテンレール取付金具はカーテンショップなどに行って購入してもいいですが、ブラインドとの相性があるため、最初からカーテンレール取付金具が付属しているブラインドを購入するのが安心。

まるた
まるた
ブラインドを買う手間とカーテンレール取付金具を買う手間が二重にかかるのはとても面倒です

ブラインドをカーテンレールに取付けることができると、賃貸住まいなどで壁や窓枠にビス穴を開けられない人にはうれしいですよね!

とはいえ、カーテンレールに取付ができないブラインドや、ブラインドが取付できないカーテンレールもあるので注意が必要。

この記事では

  • カーテンレールにブラインドをつけるメリット、デメリット
  • カーテンレールに取付可能なブラインドのおすすめ
  • カーテンレールに取付できないブラインド
  • ブラインドが取付できないカーテンレール
  • カーテンレールにブラインドを取付ける手順

などを、リフォーム設計のプロでインテリアコーディネーターである筆者が詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んでくださいね。

「すぐにカーテンレールに取付可能なおすすめブラインドを知りたいんだ」という人のために、先にリンクを張っておきます。

 

ブラインドの別記事もあわせてどうぞ。

オーダーブラインドの安いものおすすめ
オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介安いブラインドでおすすめのものを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付です!つっぱりタイプの品ぞろえも。...
おしゃれなブラインド
おしゃれなブラインド!インテリアコーディネーターが厳選する12品ブラインドのおしゃれなものをインテリアコーディネーターである筆者が厳選!横型アルミブラインド、つっぱりアルミブラインド、ウッドブラインド、バーチカルブラインドの種類別に、おすすめのブラインドを紹介します。...

ハニカムスクリーンもおすすめ

ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...

 

タップできる目次
  1. カーテンレールにブラインドをつけるメリット
  2. カーテンレールにブラインドをつけるデメリット
  3. カーテンレールに取付可能なブラインドのおすすめ
  4. カーテンレールに取付できないブラインド
  5. ブラインドが取付できないカーテンレール
  6. カーテンレールにブラインドを取付ける手順
  7. つっぱりタイプのブラインドもおすすめ
  8. カーテンレールにブラインドを取付|まとめ

カーテンレールにブラインドをつけるメリット

カーテンレールにブラインドを取付けるメリットについて、お話します。

カーテンレールにブラインドを取付 カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

カーテンレールにブラインドを取付けるメリットは、3つ。

  1. 壁や窓枠にビス穴をあけずにブラインドを取付できる
  2. 壁や窓枠にビス留めしないので、取付が簡単
  3. ブラインドを正面付けすることができる

1つずつ説明します。

 

壁や窓枠にビス穴をあけずにブラインドを取付できる

カーテンレールにブラインドを取付けるメリット、1つ目は壁や窓枠にビス穴をあけずにブラインドを取付けられること。

賃貸住宅に住んでいる人や、壁や窓枠にビス穴をあけるのに抵抗がある人は、ぜひ、カーテンレールを有効活用してブラインドを取付けましょう。

カーテンレールだからといって、カーテンしか吊るせないということはありません。

カーテンレールには、ブラインドもロールスクリーンもハニカムスクリーンも取付できますよ!

壁や窓枠にビス留めしないので、取付が簡単

カーテンレールにブラインドを取付けるメリット、2つ目は壁や窓枠にビス留めしないので、取付が簡単なこと。

ブラインドの部品を壁や窓枠にビスを留めるときには、間違った位置に穴をあけてしまわないように細心の注意をはらいます。

そのため、穴あけ位置を正確に採寸し、印をつけるなどの作業が必要。

また、ビスを壁や窓枠にドライバーで留めていくのには、それなりの力が必要です。

でも、カーテンレールにブラインドを取付ける場合は、カーテンレールにブラインド取付金具(取付ブラケット)とカーテンレール取付金具を通してから位置を決め、ビスで固定するだけ。

カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

固定する位置を間違えてしまっても、簡単にやり直せるので変な緊張感は不要です。

そして、カーテンレールにブラインドを付ける場合、壁や窓枠にビスを貫通させていくのではなくしめるだけなので、たいして力はいりません。

女性でも楽勝で取付可能です!

 

ブラインドを正面付けすることができる

カーテンレールにブラインドを取付けるメリット、3つ目はブラインドを正面付けすることができること。

ブラインドを取付ける位置は2通り。

天井付け

ブラインドの安いもの

出典:びっくりカーペット

  • メリット:壁からブラインドが突出せずすっきりとおさまる
  • デメリット:窓枠より1回り小さいサイズでブラインドを製作するため、光がすき間からもれる

 

正面付け

ブラインドの安いもの

出典:びっくりカーペット

  • メリット:窓枠をブラインドがすっぽり覆うので、光がもれにくい
  • デメリット:壁からブラインドが突出する

 

このように、ブラインドの天井付けにも正面付けにも、それぞれメリットデメリットがあります。

そして、賃貸住宅住まいの人や壁や窓枠にビス穴をあけたくない人がブラインドをつけたい場合、取付の方法は2通り。

  1. カーテンレールにブラインドを取付
  2. つっぱりタイプのブラインドを採用する

上記2つの方法は、それぞれブラインドの取付位置が異なります。

  1. カーテンレールにブラインドを取付→正面付け
  2. つっぱりタイプのブラインドを採用する→天井付け

どちらの方法も手軽にブラインドを取付けられるおすすめの方法ですが、ブラインドを取付ける位置によるメリットやデメリットが、そのまま取付方法のメリットやデメリットに連動。

ですので、カーテンレールにブラインドを取付けるメリット=正面付けのメリットということになり、:「窓枠をブラインドがすっぽり覆うので、光がもれにくい」というメリットがあります。

 

カーテンレールにブラインドをつけるデメリット

次はカーテンレールにブラインドを取付けるデメリットを説明します。

デメリットは4つ。

  1. ブラインドを正面付けすることしかできない
  2. カーテンレールの位置がブラインド取付位置を決めてしまう
  3. カーテンレールに取付けられるブラインドの種類に制限がある
  4. ブラインドが取付けられるカーテンレールの種類に制限がある

1つずつ説明します。

 

ブラインドを正面付けすることしかできない

カーテンレールにブラインドを取付けるデメリット、1つ目はブラインドを正面付けすることしかできないこと。

このデメリットは先にお話した「ブラインドを正面付けすることができる」というメリットの裏返しです。

カーテンレールにブラインドを取付ける場合は、ブラインドの取付位置が自動的に正面付けとなるため、メリットやデメリットも正面付けのメリットやデメリットと連動。

ですので、カーテンレールにブラインドを取付けるデメリット=正面付けのデメリットということになり、「壁からブラインドが突出する」というデメリットがあります。

 

カーテンレールの位置がブラインド取付位置を決めてしまう

カーテンレールにブラインドを取付けるデメリット、2つ目はカーテンレールの位置がブラインド取付位置を決めてしまうということ。

カーテンレールを利用してブラインドを取付けるため、カーテンレールの位置がそのままブラインド取付位置となります。

たとえば、窓枠の上ギリギリにカーテンレールが取付けられている場合、もっと高い位置からブラインドを取付けたいと思っても、カーテンレールにブラインドをつけるという方法である以上、それは不可能。

あくまでカーテンレールの位置をベースに、ブラインドの取付位置が決まってしまいます。

カーテンレールの位置がちょうどよければ問題はないので、事前にカーテンレールがブラインドを付けて快適に使える位置にあるかどうかを確認しておきましょう。

 

カーテンレールに取付けられるブラインドの種類に制限がある

カーテンレールにブラインドを取付けるデメリット、3つ目はカーテンレールに取付けられるブラインドの種類に制限があるということ。

詳しくは後ほど、「カーテンレールに取付できないブラインド」でお話しますが、カーテンレール取付金具さえあればどんなブラインドでもカーテンレールに取付けられるというわけではないので注意が必要です。

 

ブラインドが取付けられるカーテンレールの種類に制限がある

カーテンレールにブラインドを取付けるデメリット、4つ目はブラインドが取付けられるカーテンレールの種類に制限があるということ。

こちらも詳しくは後ほど、「ブラインドが取付できないカーテンレール」でお話しますが、ブラインドが取付けられないカーテンレールもいくつかあります。

自宅についているカーテンレールがどんなものかを確認する必要があるので、こちらも注意。

 

カーテンレールに取付可能なブラインドのおすすめ

カーテンレールに取付可能なブラインドで、カーテンレール取付金具が付属しているものを紹介します。

カーテンレール取付金具が同梱しているブラインドはいくつかありますが、その中でも筆者のイチオシはびっくりカーペットの激安オーダーブラインド。

リフォーム設計のプロでインテリアコーディネーターでもある筆者が、何度もお客様に紹介しているブラインドです。

ものすごくおしゃれというわけではありませんが、「シンプルで安いブラインドがいい」という人にはぴったり。

激安だからといってあっという間に壊れてしまう粗悪品では困りますが、びっくりカーペットのブラインドは品質も悪くありません。

全て1cm単位でオーダー可能です!

おすすめのブラインドを簡単に紹介していきますが、より詳しく説明した記事はこちらをどうぞ。

オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介

 

オーダーアルミブラインド 単色タイプ

ブラインドの安いもの

なんと14色から選べます!

オーダーアルミブラインド 単色タイプ

オーダーアルミブラインド 2色切替1/2タイプ

ブラインドの安いもの

ブラインドの上下1/2ずつで異なる色を選べます。

こちらもそれぞれ14色から。

オーダーアルミブラインド 2色切替1/2タイプ

オーダーアルミブラインド 2色切替1/3タイプ

ブラインドの安いもの

ブラインドの上2/3と下1/3とで異なる色を選べます。

こちらもそれぞれ14色から。

オーダーアルミブラインド 2色切替1/3タイプ

オーダーアルミブラインド 木調タイプ

ブラインドの安いもの

「アルミのブラインドが木目調ってどうなの?」と、筆者は初め思っていましたが、

  • アンティークアイボリー
  • アンティークホワイト

の新色がかなりおしゃれで、木目ブラインドも悪くないなと意見を変えました。

ブラインドの安いもの

悪くないどころかおしゃれじゃありませんか?

とてもおすすめです!

オーダーアルミブラインド 木調タイプ

オーダーアルミブラインド メタリックタイプ

ブラインドの安いもの

メタリックタイプという名前だけだとちょっとわかりにくいですが、このメタリックタイプのブラインドは「キラキラ」しています!

ブラインドの安いもの ブラインドの安いもの

キラキラ好きな人はぜひ!

オーダーアルミブラインド メタリックタイプ

カーテンレールに取付できないブラインド

ブラインドの中にはカーテンレールに取付できないものもあるので、それについて説明します。

まるた
まるた
この記事でここまでにおすすめしたブラインドは、全てカーテンレール取付金具が付属していて、カーテンレールへの取付が可能です

カーテンレールに取付できないブラインドは以下3種類。

  1. 「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」が「カーテンレール取付金具」を取付けられない形状の場合
  2. 縦型ブラインド(バーチカルブラインド)
  3. ウッドブラインドなど、重量のあるブラインド

1つずつ説明します。

 

「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」が「カーテンレール取付金具」を取付けられない形状の場合

カーテンレールに取付できないブラインド、1つ目は「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」が「カーテンレール取付金具」を取付けられない形状の場合。

カーテンレールにブラインドを取付ける際は、ブラインド取付金具(取付けブラケット)にカーテンレール取付金具を接合して、カーテンレールに通します。

カーテンレールにブラインドを取付 カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」上部に取付けた「カーテンレール取付金具」がカーテンレールの内部に入り込む感じです。

ブラインド取付金具(取付ブラケット)は各ブラインドによって形状が異なるため、ものによってはカーテンレール取付金具が接合できないものも。

その場合はカーテンレールにブラインドを取付けることができないので、事前にブラインド取付金具(取付ブラケット)の形状を確認し、カーテンレール取付金具がつくかを判断しましょう。

そんな部品を見てもよくわからないよ

そうですよね。

ブラインドに付属している「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」をチェックしてから、それに合う「カーテンレール取付金具」を用意するというのはなかなかに面倒。

ですので、先に紹介したブラインドのように、初めからカーテンレール取付金具が付属しているものを買うのがおすすめです。

 

縦型ブラインド(バーチカルブラインド)

カーテンレールに取付できないブラインド、2つ目は縦型ブラインド(バーチカルブラインド)。

ブラインドには横型のものと縦型のものがあり、縦型のブラインドをバーチカルブラインドといいます。

おしゃれなブラインド

通常、バーチカルブラインドはカーテンレールに取付けることができません。

 

ウッドブラインドなど、重量のあるブラインド

カーテンレールに取付できないブラインド、3つ目はウッドブラインドなど、重量のあるブラインド。

カーテンレールはそもそもカーテンを吊るすためのもの。

ですので、カーテンよりもグッと重いブラインドは、カーテンレールの耐荷重的に取付ができません。

ウッドブラインドはアルミブラインドと比べてかなりの重量があるため、基本的にはカーテンレールへの取付は不可です。

 

ブラインドが取付できないカーテンレール

カーテンレールの形状によっても、ブラインドが取付けられない場合があります。

ブラインドが取付けられないカーテンレールをお話する前に、まずはブラインドが取付けられるカーテンレールを紹介します。

ブラインドが取付けられるカーテンレールの断面は、C型か角型。

カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

カーテンレールにブラインドを取付 カーテンレールにブラインドを取付

出典:TOSO カーテンレール

こんな感じに下向きに溝があるカーテンレールならOK。

では、ブラインドが取付けられないカーテンレールはどんなものか。

それは、以下3つ。

  1. 装飾カーテンレール
  2. I型のカーテンレール
  3. 下地にきちんと固定されていないカーテンレール

1つずつ説明します。

 

装飾カーテンレール

カーテンレールにブラインドを取付

出典:TOSO カーテンレール

ブラインドが取付できないカーテンレール、1つ目は装飾カーテンレール。

この形状だと、カーテンレールにブラインド取付金具がつけられません。

 

I型のカーテンレール

カーテンレールにブラインドを取付

出典:TOSO カーテンレール

ブラインドが取付できないカーテンレール、2つ目はI型のカーテンレール。

溝が横にあるタイプです。

断面がI型のこのカーテンレールにも、ブラインド取付金具が取付けられません。

 

下地にきちんと固定されていないカーテンレール

ブラインドが取付できないカーテンレール、3つ目は下地にきちんと固定されていないカーテンレール。

リフォーム設計の仕事をしている筆者が、お施主様の家でたまに見かけるのが、きちんと下地に固定されていないカーテンレール。

石膏ボードだけにカーテンレールがとまっているので、グラグラしている状態です。

良識のある人が取付けたカーテンレールなら、きちんと下地に固定されているはずなのですが、下地がちょうどいい場所にない場合などに石膏ボードだけにビス留めして終わりにしてしまう残念な業者も。

ですので、カーテンレールにブラインドを取付けようという場合には、念のためカーテンレールががっちり壁に固定されているかどうかを触って確認してみましょう。

カーテンレールがグラグラとする場合は、必要以上に荷重をかけないほうがよさそうです。

 

カーテンレールにブラインドを取付ける手順

カーテンレールにブラインドを取付ける手順について説明します。

手順はこんな感じ。

  1. カーテンレールのキャップストップを取り外し、ランナーをすべて取り除く
  2. 取付ビスをブラインド取付金具(取付ブラケット)に仮留めする
  3. ブラインド取付金具(取付ブラケット)をカーテンレールに通す
  4. カーテンレールにキャップストップを戻す
  5. 取付けるブラインドの端から4cm程度の位置にブラインド取付金具(取付ブラケット)を固定
  6. ブラインド取付金具(取付けブラケット)にブラインド本体をガチャッととめる

1つずつ解説します。

 

カーテンレールのキャップストップを取り外し、ランナーをすべて取り除く

カーテンレールにブラインドを取付 カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

ドライバーを使って、カーテンレールのキャップストップを外し、ランナーを全て取り除きましょう。

ランナーをなくしてしまうとカーテンレールが使えなくなってしまうので、大切に保管してくださいね。

まるた
まるた
ランナーだけでも購入できますが、なくさないほうが面倒が少ないです

 

取付けビスをブラインド取付金具(取付ブラケット)に仮留めする

カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

次は取付ビスをブラインド取付金具(取付ブラケット)に「仮留め」します。

「カーテンレール取付金具」と「ブラインド取付金具(取付ブラケット)」が、「取付ビス」によって接合している状態です。

ビスが落ちてこない程度にとまっていればOK。

 

ブラインド取付金具(取付ブラケット)をカーテンレールに通す

出典:びっくりカーペット出典:びっくりカーペット

出典:びっくりカーペット

ブラインド取付金具(取付ブラケット)をカーテンレールに通します。

カーテンレール取付金具の部分だけが、カーテンレールの内部に入り込んでいる状態です。

ブラインド取付金具(取付ブラケット)の数だけカーテンレールに通していきます。

 

カーテンレールにキャップストップを戻す

全てのブラインド取付金具(取付ブラケット)がカーテンレールに取付けられたら、カーテンレールのキャップストップを忘れずに戻しておきましょう。

 

取付けるブラインドの端から4cm程度の位置にブラインド取付金具(取付ブラケット)を固定

カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

ブラインド取付金具(取付ブラケット)に仮留めしていた取付ビスを、ドライバーできつく締めることでカーテンレールにしっかりと固定します。

取付けようとしているブラインドの端から4cm程度の位置に取付けブラケットの中心がくるように固定するのがベストですが、それほど厳密に4cmを守る必要はありません。

それよりは、左右対称にブラインド取付金具(取付ブラケット)がついていることのほうが、見た目的に美しさを左右します。

 

ブラインド取付金具(取付ブラケット)にブラインド本体をガチャッととめる

カーテンレールにブラインドを取付

出典:びっくりカーペット

カーテンレールに取付けた取付けブラケットにブラインド本体を「ガチャッ」ととめます。

しっかりとまったかどうか確認したら、取付終了。

文字で書くと4大変そうですが、やってみると結構簡単にできますよ!

 

つっぱりタイプのブラインドもおすすめ

ブラインドの安いもの

カーテンレールにブラインドを取付ける方法についておすすめの商品や手順を解説してきましたが、つっぱりタイプのブラインドも壁や窓枠にビス穴をあけずに取付けられるのでおすすめです。

つっぱりタイプのブラインドは窓枠内部に取付けるため、光がもれやすいというデメリットがありますが、メリットもたくさん。

つっぱりタイプのブラインドのメリットは

  1. 取付が超簡単!カーテンレールに取付けるよりさらに簡単
  2. 壁からブラインドが飛び出さず、すっきりとおさまる
  3. もちろん壁や窓枠にビス穴をあけずに取付可能

つっぱりタイプのブラインドについては、工具不要で取付け可能なブラインドがおすすめ!

おすすめのつっぱりアルミブラインドについても別記事で紹介していますので、あわせてどうぞ。

オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介

 

カーテンレールにブラインドを取付|まとめ

カーテンレールにブラインドを取付ける方法について、おすすめの商品や手順を解説してきました。

賃貸にお住まいの人や、壁や窓枠にビス穴をあけたくない人がブラインドをつける場合、方法は2つ。

  • カーテンレールにブラインドを取付ける→正面付け
  • つっぱりタイプのブラインドを取付ける→天井付け

どちらの方法もおすすめですが、ブラインドを正面付けにしたいか天井付けにしたいかによって選ぶのも1つの方法です。

また、ブラインドを取付ける手間はどちらの方法も簡単ですが、つっぱりタイプのブラインドの方がより簡単で手間がかかりません。

筆者は横着者なので、我が家にブラインドをつけるとしたらつっぱりタイプを選びますが、「窓枠とブラインドとのすき間から光がもれるのは許せない」という人は、正面付けできるカーテンレールに取付ける方法がおすすめ。

ぜひ、自分に合った方法でブラインドを取付けてくださいね。

インテリア人気記事【ベスト8】

当ブログのインテリア記事で人気のあるもの、トップ8を紹介!

第1位

最強の断熱カーテン

最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ

数ある断熱カーテンの中で、最強のものをインテリアコーディネーターである筆者がが選びました。

ドレープも、レースも、今あるカーテンに追加するだけのアイテムも勢ぞろい。

寒い冬を、最強に快適にしてくれるカーテンばかり。

最強の断熱カーテン
最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ断熱カーテンで最強のものを、リフォーム設計のプロが選びました。ドレープ、レース、プラスαの裏地のそれぞれについて、断熱性能が最強のカーテンを紹介。組み合わせて使うのがベストですが、単独で使っても相当効果的です。...

 

第2位

ラグの下敷き

【ふかぴた】の種類と選び方|ラグの下敷きおすすめNO1

第3位

【ラグの通販】おすすめショップ3選|おしゃれなラグがたくさん!

ラグは通販で買うのがおすすめ。

実際にショップに足を運ぶより、ずっとたくさんの品ぞろえがあるし、ポイントもわかりやすく説明してあります。

インテリアコーディネーターの資格を持つ筆者が、ラグの通販の中でも、とびきりおしゃれなショップを紹介!

第5位

ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つ

ロールスクリーンは、つっぱりタイプがめちゃくちゃ便利。

壁や窓枠にビス穴などのキズをつけずに、取付けられます。

リフォーム設計のプロが、何度もお施主様に紹介している、おすすめのつっぱりロールスクリーンを紹介!

ロールスクリーンのつっぱりタイプ
ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つつっぱりタイプのロールスクリーンでおすすめの商品シリーズを2つ紹介し、さらに、つっぱりロールスクリーンのメリットやデメリットについても解説。壁や窓枠にビス穴を開けるのがイヤな人、賃貸住まいの人は必見です。...

 

第6位

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ

オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!

オーダーロールスクリーンなのに、めちゃくちゃ安い商品を紹介。

もちろん、安いからと言って、粗悪品ではありません。

こちらもお施主様に紹介して、何度も満足いただいているロールスクリーンです。

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ
オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!安いオーダーロールスクリーンのおすすめを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付!つっぱりタイプの品ぞろえもあります。...

 

第7位

オーダーブラインドの安いものおすすめ

オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介

激安オーダーロールスクリーンに続き、こちらは激安ブラインド。

無地だけでなく、アンティーク調やキラキラしたおしゃれなブラインドもたくさんあるから、ぜひ見てみてください!

オーダーブラインドの安いものおすすめ
オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介安いブラインドでおすすめのものを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付です!つっぱりタイプの品ぞろえも。...

ハニカムスクリーンは断熱効果抜群で人気のある商品ですが、金額の高さが欠点。

そこで、激安なのに品質も悪くないハニカムスクリーンを紹介します。

明らかに部屋の快適性が上がるから、試してみて!

ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...

 

こちらの記事もおすすめ!