屋根

【屋根葺き替え】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えを考えるけれど、

「葺き替えかカバー工法か、どちらを選んだらよいのだろう?」

など、いろいろと疑問がわきますよね。

「屋根の葺き替え」とひとことで言っても、どんな材料で拭き替えるのか、屋根材の下の屋根下地はそのままなのか、など、実際に屋根の葺き替え工事をする前に知っておいた方がいいことはたくさんあります。

まるた
まるた
業者まかせにせず内容をしっかり理解してから工事をしたほうが公開がありません

実際、「屋根のことはよくわからないから」と業者任せの工法で施工した結果、高い金額をかけてその場しのぎの工事になってしまい、結局もう一度工事をやり直した現場もいくつかあります。

「どんな工法で屋根を葺き替えるのか」

こまかいところまで、しっかり納得した上で屋根の工事を進めましょう!

この記事では

  1. どういうときに「屋根の葺き替え」を選択すべきなのか
  2. 屋根の葺き替えメリット・デメリット
  3. 屋根の葺き替えの材料や施工方法など、見積内容の注意点

がわかるよう、屋根の葺き替えをするときに知っていてほしい知識を全部まとめました。

ぜひ最後まで読んで、屋根の葺き替えについて理解を深めてくださいね。

屋根リフォーム
屋根のリフォーム全知識! 「塗装」「カバー工法」「葺き替え」を徹底的に比較屋根のリフォームをするときに、「塗装」「カバー工法」「葺き替え」のうち、どれを選べばいいのか。選んだ方法の中で、どんな材料や施工方法を選べばいいか。屋根のリフォームをするときに知っていてほしい知識を全部まとめました。...
屋根塗装
【屋根塗装】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など屋根塗装を徹底解説!屋根塗装を選択していいのはどんな屋根か、屋根塗装のメリット・デメリット、材料や施工方法など見積内容の注意点について説明。...
屋根のカバー工法または重ね葺き 
【屋根のカバー工法】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など屋根をカバー工法でリフォームするときに知っていてほしい知識どういう場合に屋根のカバー工法を選択すべきなのか、カバー工法のメリット・デメリット、見積内容の注意点などについて説明。...
リッジウェイの屋根
リフォームにおすすめの屋根材3選!スレート、アスファルトシングル、金属屋根から選びましたリフォームにおすすめの屋根材を3種に厳選してご紹介します。スレート、アスファルトシングル、金属屋根から選びました。 どの屋根材も実際に何度も採用し、お施主様に喜んでいただいている屋根材です!...
カラーベスト徹底比較
スレート一番人気「カラーベストシリーズ」全13商品を徹底的に比較!カラーベストシリーズ(KMEW)の5シリーズ13商品を、「見た目」「特徴」「価格」「どんな人におすすめか」などの項目で徹底的に比較。どのカラーベスト商品を選んでいいかわからない人におすすめの記事です。 この記事ではKMEWカラーベストシリーズの5シリーズ13商品を 見た目 特徴 価格 どんな人におすすめか などについて、徹底的に比較していきます! ...
窓の断熱や遮熱
屋根の断熱や遮熱で室内の暑さがやわらぐ!おすすめの断熱材と塗料も屋根の断熱や遮熱は室内の暑さ対策にとても有効。特に「屋根の下の部屋が暑い」という場合は屋根断熱を検討する価値は十分にあります。この記事では屋根の断熱や遮熱が効果的な理由、おすすめの屋根断熱材や遮熱塗料について説明。...

「屋根の葺き替え」を選択したほうがよい屋根

「屋根の葺き替え」を選択したほうがよい屋根を説明する前に、まずは屋根の構造がどうなっているかを見てみましょう。

屋根の構造

リフォーム時における屋根の構造

出典:KMEW

上から順に、以下のような構造になっています。

  1. 屋根材(スレートや瓦など)
  2. 下葺き材(ルーフィング、防水紙ともいわれます)
  3. 野地板(下地合板、下地ベニヤともいわれます)
  4. 小屋組(屋根を支える骨組みを指します)

この構造をイメージしながらこれから先の記事を読むと、理解がしやすいと思います。

「屋根の葺き替え」を選択したほうがよい屋根

屋根のリフォームには、

  1. 屋根塗装
  2. 既存屋根の上に新しい屋根材を葺くカバー工法
  3. 屋根材の葺き替え

の3種類の方法があります。

屋根のリフォーム全知識! 「塗装」「カバー工法」「葺き替え」を徹底的に比較

【屋根塗装】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など

【屋根のカバー工法】全知識!「メリット・デメリット」「見積内容注意点」など

そのうち、「屋根の葺き替え」を選んだほうがよいのはどんな場合なのかを、ここでは説明します。

  • 築年数30年超え
  • 屋根材がたくさん割れていたり、水が屋根材の下に入り込んでいる形跡がある
  • 天井や小屋裏に雨漏れの形跡がある

これらに1つでも当てはまる場合、以下の理由で「屋根塗装」でも「カバー工法」でもなく、「屋根の葺き替え」をおすすめしています。

  • 屋根材自体が傷んでいる可能性が高いこと
  • 屋根材の下にある「防水紙」や「下地合板(ベニヤ)」まで傷んでいる可能性も高いこと
  • 塗装ではその傷んでいる部分の確認をすることができないこと
腐った屋根下地

屋根材と防水紙を撤去してみたら、雨水で屋根下地や垂木(屋根下地を支える木材)が腐ってグズグズになっていたりすることがあります。

その場合はしっかりとその部分から補修しなければなりません。

スポンサーリンク

「屋根の葺き替え」以外の「屋根塗装」や「カバー工法」を選択してもよい屋根

屋根の葺き替えは費用が掛かるから、他のリフォームを選択したい場合もあるかと思います。その場合、以下の条件に当てはまれば葺き替え以外を選択することが可能です。

  1. 屋根の色が薄くなったり汚れたりしているだけで、屋根材と屋根下地は傷んでいない
  2. 築年数25年未満
  3. 屋根の上からと小屋裏の中からしっかり点検した結果、雨漏れや屋根下地合板の痛みがない

いかがでしたか?

これに当てはまる場合は、「屋根塗装」や「カバー工法」も検討してみてくださいね。

スレートが数枚割れてしまっている場合は、部分的に新しいスレートに差し替えることもできます。

屋根葺き替えのメリット・デメリット

メリット

  • 安心感が高い

デメリット

  • 費用が高い
  • 工事期間が長い

屋根葺き替え工事の流れは、

  1. 既存の屋根材を撤去
  2. アスベスト入り屋根材の処分
  3. 屋根下地の上張り
  4. 防水紙を張る
  5. 新しい屋根材を葺く

のようになりますので、先にご説明しました屋根塗装やカバー工法よりも費用は高く、工事期間も長くなります。

スポンサーリンク

屋根葺き替えの見積内容注意点

ひとことで屋根の葺き替えといっても、

  • 選ぶ屋根材
  • 施工の方法

などによって金額は大きく変わってきますので、単純に「見積金額の安さ」だけでリフォーム会社を決めてしまわないようにしましょう。

まるた
まるた
契約したいがために、必要な工事を見積に入れず安い見積を出すリフォーム会社もあるので注意しましょう

ここからは、屋根葺き替えの材料や施工方法など、見積内容の注意点をまとめていきます。

屋根の材料はなにを選定しているか

屋根の材料には色々なものがあります。割合としては、スレートにされるかたが8割、アスファルトシングルにされるかたと金属屋根にされるかたが1割ずつというところでしょうか。

ちなみに私が一番よく選択するのは、スレートの「コロニアルグラッサ」です。色数も一番多いし、色モチも問題ないので、とても使いやすい商品です。

リフォームにおすすめの屋根材3選!スレート、アスファルトシングル、金属屋根から選びました

スレート一番人気「カラーベストシリーズ」全13商品を徹底的に比較!

役物は何を選定しているかも確認してください

役物とは、屋根の端や棟に使う部材です。2種類の役物の画像を添付しますので、違いを確認してみてください。

屋根材と同じ役物を使用する場合=「同質役物」

同質役物出典:KMEW

金属の役物を使用する場合=「メタル役物」

メタル役物出典:KMEW

もちろん金額も異なり、「同質役物」のほうが高額になりますし、次のメンテナンスまでの期間も長くなります。

1階の屋根と外壁がぶつかる部分の水切り板金はどうするか

けらばのおさまり
まるた
まるた
ちょっとわかりにくいので、わかりやすく説明します!

1階の屋根と外壁がぶつかる部分には、雨水が外壁の中に入り込んでいかないように「水切り板金」が外壁内部に入り込んでいます。

リフォームで屋根を葺き替えるときの水切り板金の施工方法としては、以下の2つが主なものです。

  1. 外壁を部分的にカットして、水切り板金を入れ替える
  2. 既存の水切り板金を残して、新しい水切り板金を外壁に沿って少し立ち上げる

この水切り板金の施工をどちらにするかで費用が大きく異なります。

より安心なのは、

  1. 外壁を部分的にカットして、水切り板金を入れ替える

ですが、外壁を部分的に撤去・復旧する分、費用も多くかかります。

該当部分から雨が漏っていることがわかっている場合は、絶対に「外壁を部分的にカットして、水切り板金を入れ替える」方法を選びますが、そうでない場合は屋根の状況を見て判断するようになります。

リフォーム会社に現状をよく見てもらい、よく相談して決めてください。

屋根下地の上張りは、見積に含まれていますか?

屋根材の下には屋根下地合板(ベニヤ)が張ってあります。

リフォーム時における屋根の構造

ここでもう1度、屋根の構造を見てみましょう。

この図でいう「既存野地板」が、もともと張ってあった「下地合板」です。

合板(ベニヤ)は薄い板を何枚か重ね、接着剤でくっつけることで1枚の合板を作っていますが、この「接着剤」が長年の湿気や雨の浸水ではがれ、合板の強度が十分でなくなってしまうことがよくあります。

その古い合板に新しい防水紙や屋根材を打ち付けようとしても、しっかりとくぎが効かないので、屋根の葺き替えをするときは必ず屋根下地合板を上張りする必要があります。

この図でいう「新野地板」が、上張りした「下地合板」になります。

屋根の色はどうする?屋根の色を決めるときのポイント

屋根の色で断トツに多いのは「黒」ですが、断トツに熱くなるのも「黒」なんです。とはいえ、あんまり薄い色の屋根はあまり見慣れていないので違和感が出がちです。

そこで、「まっ黒」よりは少しでも熱くなりにくい、「濃茶」や「濃紺」などを選んでみてはいかがでしょうか。ちなみに「グリーン」もよく使われている色ですから、見た目の違和感はなさそうです。

屋根の色を決めるときは、外壁とのバランスが大切ですので、色合わせをして決めてくださいね

屋根を葺き替えるなら、あわせて検討したい工事項目

外壁塗装などの外壁リフォーム

外壁塗装

屋根のリフォームをする場合は足場を組みますので、その足場を屋根リフォームのためだけでなく、外壁のリフォームにも使うと一石二鳥です。

屋根と外壁はメンテナンスの年数もだいたい同じくらいですので、外壁も一緒にリフォームすることをおすすめします。

雨どいの交換

屋根を葺き替え場合は雨の流れかたが変わりますので、雨どいの交換をおすすめします。

トップライト(天窓)の検討

トップライト出典:日本ベルックス

北側のキッチンや洗面所、窓のない廊下などに暗い空間はありませんか?

そんな空間にはトップライトをつけると、一気に明るくなります。屋根の葺き替えやカバー工法のタイミングなら、簡単にトップライトの施工ができます。

太陽光発電

太陽光パネルを設置するのにも足場が必要ですので、よかったら検討してみてください。

スポンサーリンク

屋根の葺き替えについて最後に

屋根の葺き替え出典:KMEW

屋根の葺き替えはとても費用がかかる工事ではありますが、既存屋根材を撤去して内部の状態が確認できる分一番安心できる施工内容になります。

「家のモチ」は屋根と床下のメンテナンスに大きく左右されますので、信頼のおけるリフォーム会社にしっかりと現状を点検してもらい、ベストな施工方法を見つけてください

プロ厳選リフォーム会社紹介サイトで最適な会社を見つけよう!

リフォーム設計歴19年の一級建築士である筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中からおすすめのサイトを2つに厳選。

どちらのサイトも無料で使えますので、ぜひ試してみてください!

住宅ローンの借り換えをしてみよう

リフォームのタイミングで検討したいのが、「住宅ローンの借り換え」

借り換えで数百万円返済額が減るケースがけっこうあります!

オンライン型住宅ローンサービス

モゲチェック(MOGE CHECK)

住宅本舗

関連記事

住宅ローンの借り換えシミュレーション
住宅ローンの借り換え|シミュレーションでいくら得するかチェック!住宅ローンの借り換えで、返済額を数百万単位で減らせることがあるのを知っていますか?今はネットバンクをはじめ、新しい住宅商品がたくさん。まずは今の住宅ローンで損をしていないかをシミュレーションでチェックしてみましょう!...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA