掃除

【スチームクリーナー比較】満足度に直結する項目で徹底的に比較!

スチームクリーナー比較

スチームクリーナーを比較します。

ただの比較ではなく、「満足度に直結する項目で」徹底的に比較していきますよ!

スチームクリーナーはたくさんのメーカーからたくさんの種類の機種が販売されているので、

どのスチームクリーナーを買えばいいんだろう?

このように、悩む人も。

せっかくスチームクリーナーを買うなら、しっかり比較、検討した上でよりよいものを買いたいですよね!

各スチームクリーナーの公式ストアで、価格や機能を比較してから買うから大丈夫だよ

もちろん、一般的な比較項目である「価格」「機能」などの比較も重要なのですが、スチームクリーナーの場合は他にも重要な比較項目があるのです。

それは、以下3つ。

  1. 故障に直結する「カルキ対策」
  2. 使いやすさを大きく左右する「スイッチロック機能」
  3. どうしてもスチームだけでは落ちない汚れ対策

この3つの比較項目は、スチームクリーナーを買う時に気にする人は少ないけれど、実際には満足度や使用感に直結する重要な項目。

これらの項目については、各公式ストアでもあまりくわしく記載されていないので、どんな対策をしているのかを知らずに購入してしまうと後悔につながることも。

スチームクリーナーを買ってしまってから、

え?こんなこともできないの?

などと後悔しないためにも、この比較記事でよく研究していきましょう。

比較の結果、筆者がおすすめするスチームクリーナーは「スチームファーストDX」1択。

すぐにおすすめのスチームクリーナーが知りたいんだという人のために、リンクを先に張っておきます。

スチームファーストDXの購入は、メールが保証書替わりになる&スチームクリーナーの使い方のコツ満載のメルマガが届く公式ストアがおすすめ

\通販で大人気!/

スチームファースト

リフォームのプロが選んだ
最強のスチームクリーナー

スチームファースト公式ストア

  1. スチームファースト(新品)
  2. スチームファースト(中古品)
  3. スチームファースト(レンタル)

 

スチームファーストDXを詳しく説明した記事はこちら。

スチームファースト
【スチームファーストDX】1択!最強のスチームクリーナースチームファーストDXは米国アマゾンで1番人気のスチームクリーナーで、日本でも人気上昇中。スチームクリーナーのクレームで1番多い「思ったより落ちない」を解消し、故障の原因になるカルキ対策も完璧。この記事ではスチームファーストDXの魅力と欠点についてお話します。...

スチームクリーナーの加熱方式や形状について詳しく説明した記事はこちら。

スチームクリーナーのおすすめ
スチームクリーナーのおすすめは1機種だけ!加熱方式や形状が重要数あるスチームクリーナーの中で、おすすめできる機種はたった1機種だけ!おすすめ商品、おすすめの加熱方式、おすすめの形状について説明します。...

カーペットやラグ、ソファ、デスクチェア、車のシートなどの水洗いができるリンサークリーナーの記事はこちら。

リンサークリーナー
【リンサークリーナーのおすすめ】車にも使える安い商品を紹介!リンサークリーナーのおすすめを紹介。コンパクトで軽量な家庭用リンサークリーナーは、手軽に車のシートやカーペットを水洗いできます。しかも安価!...

おすすめの掃除家電についてのまとめ記事はこちら。

掃除家電のおすすめ
掃除家電のおすすめ!ロボット掃除機・スチームクリーナー・リンサークリーナー掃除家電「ロボット掃除機」「スチームクリーナー」「リンサークリーナー」のおすすめを紹介!リフォーム設計のプロである筆者がお施主様におすすめし、ご好評をいただいているものを厳選しました。...

 

比較するスチームクリーナー

さっそくスチームクリーナーを比較していきますが、比較するスチームクリーナーは、

  • 加熱方式が「ボイラー式」
  • 形状が「キャニスタータイプ」

のものに限定します。

なぜなら、スチームクリーナーの加熱方式はボイラー式がおすすめで、形状はキャニスタータイプがおすすめだから。

  • 加熱方式が「パネル式」
  • 形状が「スティックタイプやハンディタイプ」

これらのスチームクリーナーについてはあまりおすすめではないので、この記事の比較機種からは除外します。

  • なぜ、ボイラー式やキャニスタータイプがおすすめなのか
  • なぜ、パネル式やスティックタイプ・ハンディタイプがおすすめではないのか

については、別記事で詳しく説明しています。

「キャニスタータイプって何?」

「ボイラー式って?」

という人も、詳しく説明してあるのでぜひ読んでみてくださいね!

スチームクリーナーのおすすめは1機種だけ!加熱方式や形状が重要

 

スチームクリーナーを一覧表で比較!

まずはボイラー式でキャニスタータイプのスチームクリーナーを、一覧表にして比較してみましょう。

メーカー機種価格(税込)カルキ対策汚れ対策スイッチロック待ち時間連続使用時間タンク容量保証期間
スチームファーストスチームファーストDX39,900円全体専用洗剤(すすぎ不要)7分45分1500ml1年
ケルヒャーSC 4 EasyFix プレミアム59,180円タンク内のみ4分連続可1300ml1年
ケルヒャーSC 4 EasyFix50,380円タンク内のみ4分連続可1300ml1年
ケルヒャーSC 3 EasyFixプレミアム38,280円全体35秒連続可1000ml1年
ケルヒャーSC 3 EasyFix33,880円全体35秒連続可1000ml1年
ケルヒャーSC 2 EasyFix プレミアム31,680円タンク内のみ6分30分1000ml1年
ケルヒャーSC 2 EasyFix25,080円タンク内のみ6分30分1000ml1年
アイリスオーヤマSTM-410E12,480円タンクと吐出口のみ専用洗剤(すすぎ必要)8分30分1000ml2年

表は横にスクロールできます

※価格は各販売サイトによって異なるので、ご注意ください。

ボイラー式でキャニスタータイプのスチームクリーナーを販売している有名メーカーは3つ。

  1. スチームファースト
  2. ケルヒャー
  3. アイリスオーヤマ

この3つのスチームクリーナーは、すべて加熱方式がボイラー式なので、蒸気温度や吐出圧力などについては大差ありません。

ですので、蒸気温度や吐出圧力については比較項目から外しています。

比較機種に該当しない「パネル式」の加熱方式を採用しているスチームクリーナーは、蒸気温度や吐出圧力が「ボイラー式」よりも圧倒的に劣ります。

ざっと各メーカーごとの品ぞろえを見ていくと、

スチームファーストは「スチームファーストDX」の1機種のみ。

ケルヒャーは4機種ありますが、簡単にまとめると以下。

  • 性能は上位機種~下位機種の3種類
  • 「プレミアム」の有無で、パーツの数が異なる

アイリスオーヤマは1機種のみ

それでは、さっそく各項目ごとに、スチームクリーナーを比較していきましょう。

 

スチームクリーナーを価格で比較!

スチームクリーナー比較、まず最初の項目は「価格」。

機種価格(税込)
スチームファーストDX39,900円
SC 4 EasyFix プレミアム59,180円
SC 4 EasyFix50,380円
SC 3 EasyFix プレミアム38,280円
SC 3 EasyFix33,880円
SC 2 EasyFix プレミアム31,680円
SC 2 EasyFix25,080円
STM-410E12,480円

一番高いケルヒャーの上位機種で6万円弱、最安値はアイリスオーヤマの1万円台前半。

同じボイラー式、キャニスタータイプでも、大きな価格の違いがあることがわかります。

 

スチームクリーナーをカルキ対策で比較!

次はスチームクリーナーをカルキ対策で比較していきましょう。

機種カルキ対策
スチームファーストDX全体
SC 4 EasyFix プレミアムタンク内のみ
SC 4 EasyFixタンク内のみ
SC 3 EasyFix プレミアム全体
SC 3 EasyFix全体
SC 2 EasyFix プレミアムタンク内のみ
SC 2 EasyFixタンク内のみ
STM-410Eタンク内と吐出口のみ
カルキ対策?それ重要なの?

スチームクリーナーの故障の原因で最も多いのが「カルキ詰まり」。

水道水に含まれるカルキが、蒸気になる時に白く結晶化し、スチームクリーナー内の水や蒸気の通り道すべてに付着していきます。

まるた
まるた
ポットの中の白い結晶や、お風呂の鏡のくすみの正体がカルキです

このカルキがたまってくると、スチームクリーナーの吐出口に詰まったり、ホースの中やタンクの中にたまっていったりして、故障の原因になることも。

ですので、蒸気を作り出すスチームクリーナーには、絶対に「カルキ対策」が必要なんです。

今回比較対象にしている機種にはありませんが、一部の格安スチームクリーナーなどでは、カルキ対策として「水道水ではなく蒸留水を使うことを推奨」している機種も。

スチームクリーナーを使う度に蒸留水を買うなんて、あまりに面倒くさすぎて現実的ではないですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、比較機種のカルキ対策について説明していきます。

 

スチームファーストのカルキ対策

スチームファースト

スチームファーストDXのカルキ対策は、

画像のカルキ除去パウダーを含んだお湯をタンクに入れる

↓ ↓ ↓

蒸気にして吐出

↓ ↓ ↓

「タンクの中、水の通り道すべて」にカルキ除去成分が行き渡る

ポイントはこの「タンクの中、水の通り道すべて」にカルキ除去成分が行き渡るということ。

次に説明しますが、ケルヒャーの2機種とアイリスオーヤマのスチームクリーナーは、タンクの中にカルキ除去剤を入れることでカルキ対策をしますが、その液体を蒸気にして吐出することができないため、タンクの中以外についたカルキを除去することができません。

さらにスチームファーストのカルキ対策には、もう1つ優れた点があります。

カルキ除去パウダーを含んだ蒸気で、スチームだけでは絶対に落ちないカルキ汚れの掃除が可能。

  • 白くなってしまったお風呂の鏡
  • 蛇口まわりのカルキ汚れ

カルキ汚れがスルリと取れます!

↓ ↓ ↓

スチームクリーナー比較

スチームクリーナー自体の掃除と、カルキ汚れの掃除が一緒にできるので、一石二鳥。

使っていくうちに「絶対に」たまっていくカルキに対して、スチームファーストはすごく真剣に取り組んでいます。

スチームファーストのカルキ対策については別記事でも詳しく説明しているので、あわせてどうぞ。

【スチームファーストDX】1択!最強のスチームクリーナー

 

ケルヒャーのカルキ対策

スチームクリーナー比較

ケルヒャーのカルキ対策は、機種によって異なります。

SC2とSC4のカルキ対策は以下。

画像のボイラー洗浄剤を含んだお湯をタンクに入れる

↓ ↓ ↓

8時間放置

↓ ↓ ↓

洗浄液を捨ててタンクをよくすすぐ

この方法だと確かにタンク内のカルキは除去できますが、ホースやノズルなどのカルキはどうするのか…。

ケルヒャーは価格が高めなので長く使いたいですが、スチームファーストと比較すると、SC4とSC2のカルキ対策には少し不安が残ります。

では、SC3のカルキ対策はどうなのか。

スチームファーストとケルヒャーを比較

SC3には、スケール除去カートリッジが装着できます。

これを給水口につけることで、蒸気になる前にカルキ対策ができるという優れもの。

まるた
まるた
給水口に浄水器をつけるようなイメージです

 

アイリスオーヤマのカルキ対策

スチームファースト

アイリスオーヤマのカルキ対策は、以下。

市販のクエン酸を含んだ水をタンクに入れる

↓ ↓ ↓

8時間放置

↓ ↓ ↓

洗浄液を捨ててタンクをよくすすぐ

↓ ↓ ↓

蒸気の吐出口は画像のピンで掃除

アイリスオーヤマのカルキ対策もケルヒャー同様、タンクの中にしかカルキ除去成分が行き渡りません。

アイリスオーヤマの場合は吐出口のカルキ詰まり用にピンが付属品としてついてきます。

でも、ピンでつついて、固まったカルキをこじりとるのは、スチームファーストの一石二鳥のカルキ対策やケルヒャーSC3のスケール除去カートリッジと比べるとスマートではありません。

ホースやノズル内部などピンの届かないところについたカルキがどうなるのかも気になります。

 

スチームクリーナーを汚れ落ちで比較!

次は、スチームクリーナーの汚れ落ちについて比較していきます。

先にもお話したように、スチームファースト、ケルヒャー、アイリスオーヤマのスチームクリーナーはどれも加熱方式にボイラー式を採用しているため、蒸気の温度や吐出圧力は大差ありません。

参考までに各数値。

加熱温度

  • スチームファースト 136℃
  • ケルヒャー 143℃
  • アイリスオーヤマ 非公開

吐出温度

  • スチームファースト 100℃
  • ケルヒャー 100℃
  • アイリスオーヤマ 100℃

吐出圧力

  • スチームファースト 40psi(0.27Mpa)
  • ケルヒャー 0.32~0.35Mpa
  • アイリスオーヤマ 非公開

蒸気や吐出圧力以外で、スチームクリーナーの汚れ落ちについて重要なポイントは、「スチームだけでは絶対に落ちない汚れ」にどのように対策しているか。

そもそも、スチームクリーナーは、高温ではありながらも「水」だけで汚れを落とそうとするもの。

そこにはやはり限界があります。

  1. 風呂場の鏡や蛇口まわりなどにつくカルキ汚れ
  2. ヘビーな油汚れ

この2種類の汚れについては、スチームクリーナーだけで落とそうとすると、

  • とてつもない時間と労力がかかったり、
  • あまり落ちなかったり

このように、残念なことになります。


 思ったより、落ちない

このようなクレームにつながることも。

ということで、この2つの汚れへの対策を比較していきましょう。

機種カルキ汚れ油汚れ
スチームファーストDXカルキ除去パウダー吐出専用洗剤(すすぎ不要)
SC 4 EasyFix プレミアム
SC 4 EasyFix
SC 3EasyFix プレミアム
SC 3 EasyFix
SC 2 EasyFix プレミアム
SC 2 EasyFix
STM-410E専用洗剤(すすぎ必要)

 

スチームファーストの汚れ対策

スチームファーストDXのカルキ汚れに対する対応は先にお話した通り、クリーナー本体のカルキ除去と同時にその洗浄液でカルキ汚れの掃除ができるというもの。

では、ヘビーな油汚れに対してはどう対応しているか。

それは、この洗剤を使えば解決!

↓ ↓ ↓

スチームファースト

スチームクリーナーは画像のスチームクリーナー専用洗剤「スチームマジック」を開発し、付属品としています。

スチームクリーナーは「洗剤を使わずに水だけで汚れが落ちる」をウリにしているメーカーがほとんどなので、洗剤を使うことに抵抗がある人も多いと思います。

まるた
まるた
筆者もそうでした

でも、残念ながらどのメーカーのどの機種を使っても、ヘビーな油汚れとカルキ汚れは落ちません。

やっぱり洗剤が必要なんです。

スチームファーストが開発した、このスチームマジックはなんとすすぎ不要!

しかも、万が一口に入ってしまっても大丈夫だという安全性も。

水廻りだけでなく、床や畳にも使えます

洗剤を使うのはイヤだけど、すすぎ不要で安全性も高いなら使ってもいいかという気になりますね。

まるた
まるた
もちろん洗剤がなくなれば洗剤だけで購入できます

そして、スチームファーストDXは、タンク内に洗剤(スチームマジック)を入れ、洗剤成分入りの蒸気を出すことが可能。

これ、とてもうれしい機能で、カーペットやフローリングなどを掃除する時に、本当に重宝しています。

まるた
まるた
カーペットやフローリングにスプレーで直接洗剤をかけるのは、しみ込んでしまいそうで、ちょっと抵抗があったよ

スチームファーストの汚れ対策については、別記事でも詳しく説明しています。

【スチームファーストDX】1択!最強のスチームクリーナー

 

ケルヒャーの汚れ対策

ケルヒャーはカルキ汚れ、ヘビーな油汚れ共に、特に対策はされていません。

あくまで、水蒸気で落ちるものだけを掃除するクリーナーとして考えたほうがよさそうです。

 

アイリスオーヤマの汚れ対策

スチームクリーナー比較

アイリスオーヤマにもスチームクリーナー専用洗剤があります。

ただしこの洗剤は水廻り用で、すすぎが必要。

ですので、すすぎにくいフローリングなどの床などには使えません。

カルキ汚れについては、特に対策がありません。

 

スチームクリーナーをスイッチロック機能で比較!

スイッチロック機能とは、スチームが出た状態のままロックする機能のこと。

チャイルドロックなどのスチームが出ないようにする安全ロックとは別です。

あまり公式ストアには描かれていないこのスイッチロック機能がないとどうなるか。

スチームを出す間ずっとスイッチボタンを押し続けなければなりません。

スチームファースト

ダイソンのクリーナーでも一部の商品でボタンを押す続けないと吸わない機種がありますが、スチームクリーナーも基本的にはボタンを押し続ける必要があります。

まるた
まるた
これは地味にキツイです
機種スイッチロック機能
スチームファーストDX
SC 4 EasyFix プレミアム
SC 4 EasyFix
SC 23EasyFix プレミアム
SC 3 EasyFix
SC 2 EasyFix プレミアム
SC 2 EasyFix
STM-410E

スイッチロック機能はスチームファーストDXとケルヒャーにはありますが、アイリスオーヤマの機種にはありません。

 

スチームクリーナーを待ち時間と連続使用時間で比較!

スチームクリーナーは水を入れてすぐには使えません。

特に加熱方式がボイラー式の場合は、水を沸騰させて、さらにしっかり加圧してから蒸気が出せるようになるので数分の待ち時間が必要。

また、タンクの水を使いきってしまうと、タンク内の圧力が下がるまでは給水できないので、1回の給水で連続して使用できる時間が重要になってきます。

ケルヒャーの最上位機種だけは

  • ボイラーのタンク
  • 給水のタンク

が別になっているため、給水タンクが空になってもすぐに水を追加して使うことができます!

機種待ち時間連続使用時間タンク容量
スチームファーストDX7分45分1500ml
SC 4 EasyFix プレミアム4分連続可1300ml
SC 4 EasyFix4分連続可1300ml
SC 3 EasyFix プレミアム35秒連続可1000ml
SC 3 EasyFix35秒連続可1000ml
SC 2 EasyFix プレミアム6分30分1000ml
SC 2 EasyFix6分30分1000ml
STM-410E8分30分1000ml

表は横にスクロールします

待ち時間はケルヒャーが短く、スチームファーストが中間、アイリスオーヤマがちょっと長めですね。

すぐに追加給水が可能なケルヒャーの上位機種を除けば、連続使用時間は30分~45分と、どの機種も結構長め。

さすが、タンクの大きいキャニスタータイプですね。

 

スチームクリーナーを保証期間で比較!

スチームクリーナーの保証期間を見てみましょう。

機種保証期間
スチームファーストDX1年
SC 4 EasyFix プレミアム1年
SC 4 EasyFix1年
SC 3 EasyFix プレミアム1年
SC 3 EasyFix1年
SC 2 EasyFix プレミアム1年
SC 42EasyFix1年
STM-410E2年

アイリスオーヤマは2年。他は1年です。

 

スチームクリーナーのおすすめ機種はこれ!

ここまで比較してきた結果と、別記事 形状や加熱方式 をふまえ、筆者はスチームクリーナーのおすすめは「スチームファーストDX」1択!と考えています。

筆者がスチームファーストDXを選んだ流れはこんな感じ。

スチームロック機能がないので、アイリスオーヤマの機種は却下

↓ ↓ ↓

カルキ対策が完璧でない、ケルヒャーのSC4、SC2は却下

↓ ↓ ↓

最後まで、スチームファーストDXとケルヒャーSC3で迷う

↓ ↓ ↓

タンクに洗剤が入れられるので、スチームファーストDXを購入!

さんざん迷って買ったので、愛用している今も、いい買い物をしたと大満足しています。

別記事でスチームファーストDXについて詳しく説明していますので、ぜひあわせて読んでみてくださいね。

【スチームファーストDX】1択!最強のスチームクリーナー

 

スチームクリーナー比較まとめ

スチームクリーナーを価格や機能はもちろん、公式ストアにもあまり載っていない「カルキ対策」「スイッチロック機能」「蒸気だけでは落ちない汚れ対策」の項目についてもしっかり比較してきました。

スチームクリーナーを買う時には気が付きにくいこれらの機能があるのとないのとでは、実際に使ってみると満足度や使用感に大きな差が出ます。

買ってしまってから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、よく比較して自分に合ったスチームクリーナーを選びましょう。

このスチームクリーナーの比較記事が、少しでも役に立てばうれしいです。

公式ストアには中古品やレンタルも!

スチームファースト

スチームファーストDXの購入は、メールが保証書替わりになる&スチームクリーナーの使い方のコツ満載のメルマガが届く公式ストアがおすすめ

\通販で大人気!/

スチームファースト

リフォームのプロが選んだ
最強のスチームクリーナー

スチームファースト公式ストア

  1. スチームファースト(新品)
  2. スチームファースト(中古品)
  3. スチームファースト(レンタル)

 

インテリア人気記事【ベスト8】

当ブログのインテリア記事で人気のあるもの、トップ8を紹介!

第1位

最強の断熱カーテン

最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ

数ある断熱カーテンの中で、最強のものをインテリアコーディネーターである筆者がが選びました。

ドレープも、レースも、今あるカーテンに追加するだけのアイテムも勢ぞろい。

寒い冬を、最強に快適にしてくれるカーテンばかり。

最強の断熱カーテン
最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ断熱カーテンで最強のものを、リフォーム設計のプロが選びました。ドレープ、レース、プラスαの裏地のそれぞれについて、断熱性能が最強のカーテンを紹介。組み合わせて使うのがベストですが、単独で使っても相当効果的です。...

 

第2位

ラグの下敷き

【ふかぴた】の種類と選び方|ラグの下敷きおすすめNO1

第3位

【ラグの通販】おすすめショップ3選|おしゃれなラグがたくさん!

ラグは通販で買うのがおすすめ。

実際にショップに足を運ぶより、ずっとたくさんの品ぞろえがあるし、ポイントもわかりやすく説明してあります。

インテリアコーディネーターの資格を持つ筆者が、ラグの通販の中でも、とびきりおしゃれなショップを紹介!

第5位

ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つ

ロールスクリーンは、つっぱりタイプがめちゃくちゃ便利。

壁や窓枠にビス穴などのキズをつけずに、取付けられます。

リフォーム設計のプロが、何度もお施主様に紹介している、おすすめのつっぱりロールスクリーンを紹介!

ロールスクリーンのつっぱりタイプ
ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つつっぱりタイプのロールスクリーンでおすすめの商品シリーズを2つ紹介し、さらに、つっぱりロールスクリーンのメリットやデメリットについても解説。壁や窓枠にビス穴を開けるのがイヤな人、賃貸住まいの人は必見です。...

 

第6位

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ

オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!

オーダーロールスクリーンなのに、めちゃくちゃ安い商品を紹介。

もちろん、安いからと言って、粗悪品ではありません。

こちらもお施主様に紹介して、何度も満足いただいているロールスクリーンです。

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ
オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!安いオーダーロールスクリーンのおすすめを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付!つっぱりタイプの品ぞろえもあります。...

 

第7位

オーダーブラインドの安いものおすすめ

オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介

激安オーダーロールスクリーンに続き、こちらは激安ブラインド。

無地だけでなく、アンティーク調やキラキラしたおしゃれなブラインドもたくさんあるから、ぜひ見てみてください!

オーダーブラインドの安いものおすすめ
オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介安いブラインドでおすすめのものを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付です!つっぱりタイプの品ぞろえも。...

ハニカムスクリーンは断熱効果抜群で人気のある商品ですが、金額の高さが欠点。

そこで、激安なのに品質も悪くないハニカムスクリーンを紹介します。

明らかに部屋の快適性が上がるから、試してみて!

ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...