カーテン・ラグ

ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つ

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

ロールスクリーンのつっぱりタイプで、おすすめの商品シリーズを2種類紹介します。

つっぱりタイプのロールスクリーンは、ビスで壁や窓枠に固定するのではなく、つっぱる力だけでロールスクリーンを固定してくれる優れもの。

ロールスクリーンを付けたいけれど、

  • 壁や窓枠にビス穴を開けるのがイヤな人
  • 賃貸住まいでビス穴が開けられない人
  • ドライバーなどで取付ける作業が、難しいと感じる人
まるた
まるた
つっぱりタイプがおすすめです!

この記事紹介するつっぱりタイプのロールスクリーン2シリーズは、リフォーム設計をしている筆者が、何度もお施主様に紹介して好評をいただいているもの。

さらに、「つっぱりロールスクリーンで、断熱をしたい」という人にも、おすすめの商品があります。

「すぐにおすすめのつっぱりロールスクリーンが見たいんだ」という人のために、リンクを先に張っておきますね。

生地の選択肢が豊富なつっぱりテンションバー

 

ロールスクリーンやハニカムスクリーンの別記事もあわせてどうぞ。

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ
オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!安いオーダーロールスクリーンのおすすめを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付!つっぱりタイプの品ぞろえもあります。...
ロールスクリーンのおすすめ
【おしゃれなロールスクリーン選び】プロ厳選おすすめ商品と選びかたのコツおしゃれなロールスクリーンをデザインテイストごとに紹介。どのロールスクリーンもインテリアコーディネーターである筆者が厳選した素敵なものばかり!ロールスクリーン選びのコツについてもお話します。...
カーテンレールにロールスクリーンを取付
カーテンレールに取付可能なロールスクリーンのおすすめ!手順も解説ロールスクリーンはカーテンレールにも取付可能。この記事では、カーテンレールにロールスクリーンをつける方法について、おすすめの商品や手順をインテリアコーディネーターが詳しく解説!...
調光ロールスクリーンのおすすめ
調光ロールスクリーンでおすすめの激安品|日差しと風通しが調節できる!調光ロールスクリーンのおすすめ激安品を紹介します。調光ロールスクリーンは室内に入る光量と風量を自由に調節できる便利なアイテム。ビス穴を開けずに取付ける方法もあるので、賃貸住まいの人もOK!...
ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...
押入れにロールスクリーンを取付け
押入れにロールスクリーン!簡単&穴あけ不要の取付け方法|賃貸もOK押入れにロールスクリーンを簡単&ビス穴をあけずに取付ける方法を紹介。賃貸住まいや、木枠や壁にキズをつけたくない人におすすめの方法です。...
壁に穴を開けないロールスクリーン
壁に穴を開けないロールスクリーンの激安品おすすめ!断熱タイプも壁に穴を開けないでロールスクリーンをつけたい人におすすめの激安品を紹介します。インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に何度も紹介し、ご満足いただいているロールスクリーンです!...

 

ロールスクリーンのつっぱりタイプ|おすすめの2種類

ロールスクリーンのつっぱりタイプでおすすめは、以下2つ。

どちらも壁や窓枠にビス穴を開けずにロールスクリーンを取付けられるので、賃貸にお住まいの人にはとても便利な商品です。

また、ビス穴を開けない分、ロールスクリーンの取付け自体がとても簡単でラク。

手間が少なく、壁や窓枠に穴も開けずに済むので、つっぱりタイプのロールスクリーンはかなり人気があります。

まるた
まるた
あっという間に取付けられるので、面倒くさいことが嫌いな人にも本当におすすめ!

つっぱりタイプのロールスクリーンは、気軽に取付けられるので、窓だけでなく

  • 部屋を間仕切りたい場所
  • 収納などの隠したい場所
  • 冷暖房効率を上げるために階段や玄関、勝手口ドア

などに取付ける人も。

それでは、おすすめのつっぱりロールスクリーンについて、1つずつ詳しく説明していきますね。

 

一体型つっぱりロールスクリーンのおすすめ

ロールスクリーンのつっぱりタイプでおすすめ、1つ目は一体型つっぱりロールスクリーン。

一体型つっぱりロールスクリーンは、ロールスクリーンの本体につっぱり機能がついています。

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンの安いもの

工具を一切使わずに取付け可能な一体型つっぱりロールスクリーン

取付も超簡単!

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ

これだけ。

まるた
まるた
あっという間に取付けられてしまいます!

より詳しい取付方法については、こちらをどうぞ。

つっぱりロールスクリーンの採寸方法・操作方法・取付方法

 

一体型つっぱりロールスクリーンの品ぞろえ

一体型つっぱりロールスクリーンの品ぞろえは6種類。

勝手口ドアや階段など、冷気をロールスクリーンで断熱したい人は、断熱機能があるものを選びましょう。

断熱効果がもっとも高いのは、生地が断熱、かつ、窓枠とロールスクリーンのすき間が小さい、「④つっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ」です。

1つずつ紹介していきますね!

 

つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

シンプルな無地のつっぱりロールスクリーン。

  • 幅:300㎜~2300㎜
  • 高さ:300㎜~2600㎜

に対応しています。

非遮光なので、リビングや子供部屋など、多少は光を取り込みたい部屋に。

壁に穴を開けないロールスクリーン

色は12色。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

スリムつっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

本体部分がスリムになったスリムつっぱりロールスクリーン。

通常のつっぱりロールスクリーンのつっぱり部品が直径約59ミリですが、スリムタイプは約40ミリ。

かなりすっきりしています。

そして、スリムタイプは部品がすっきりしている分、窓枠とロールスクリーンのすき間が、通常のつっぱりロールスクリーンより小さいので、明かりもれが少なく、暑さ寒さが入りにくいというメリットが。

まるた
まるた
しかも、スリムになってもつっぱる力は変わりません!
  • 幅:300㎜~1800㎜
  • 高さ:300㎜~2000㎜

に対応しています。

通常のつっぱりロールスクリーンより、メリットだらけなので、寸法があう人はこちらがおすすめ!

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ

色は「つっぱりタイプロールスクリーン 非遮光タイプ」と同じ12色。

 

つっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

1級遮光タイプのつっぱりロールスクリーン。

  • 幅:300㎜~2300㎜
  • 高さ:300㎜~2600㎜

に対応しています。

断熱効果のある生地です。

つっぱりタイプは窓枠とロールスクリーンとの間にすき間ができるため、「光が少しでも入るのは許せない」という人は、つっぱりタイプではなくビス止めで壁付けのロールスクリーンがおすすめ。

どうしても、つっぱりロールスクリーンでないと取付けられなくて、「少しでも光が入る量を減らしたい」という人は、すき間が小さいスリムタイプがおすすめです。

壁に穴を開けないロールスクリーン

色は14色。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

本体部分がスリムになったスリムつっぱりロールスクリーン。

  • 幅:300㎜~1800㎜
  • 高さ:300㎜~2000㎜

に対応しています。

断熱効果がある生地、かつ、窓枠とロールスクリーンのすき間が小さいので、一体型ロールスクリーンの中では断熱効果最強!

窓枠の奥行が少ない場合や、すっきり見せたい場合にもおすすめ。

壁に穴を開けないロールスクリーン ロールスクリーンのつっぱりタイプ

色は「つっぱりタイプロールスクリーン 1級遮光タイプ」と同じ14色。

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+はっ水タイプ

1級遮光プラスはっ水タイプのロールスクリーン。

断熱効果のある生地を使用しています。

  • 幅:300㎜~2300㎜
  • 高さ:300㎜~2600㎜

に対応しています。

はっ水加工で汚れにくいので、ふき取るだけの簡単なお手入れでOK。

汚れがつきやすいキッチンなどにおすすめ。

ロールスクリーンの安いもの

色は10色。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+防炎はっ水タイプ

1級遮光プラスはっ水プラス防炎という、機能満載のつっぱりロールスクリーン。

こちらも断熱硬化のある生地を使用しています。

  • 幅:300㎜~2300㎜
  • 高さ:300㎜~2600㎜

に対応しています。

マンションの高層階や住宅以外の建築物など、防炎機能が必要な場合に。

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

3色から選べます。

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ

 

一体型つっぱりロールスクリーンのメリット

一体型つっぱりロールスクリーンのメリットは以下4つ

  1. 壁や窓枠に穴を開けずにロールスクリーンが取り付けられる
  2. 工具が一切不要で、取付も超簡単
  3. 1㎜単位でオーダー可能
  4. メーカー1年保証

特に嬉しいのが「工具が一切不要で取付がとても簡単」なこと。

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

ドライバーを用意したり、壁や窓枠にビスをねじこんだり、そういった面倒くさくいことが一切ありません!

まるた
まるた
なにも用意せずサクッと取付けられます!

 

一体型つっぱりロールスクリーンのデメリット

ここまで一体型つっぱりロールスクリーンのよいところばかりをお話してきましたが、実はデメリットも。

  1. 窓枠の内側に取付けるため、窓枠とロールスクリーンの間にすき間ができて光がもれる
  2. つっぱって固定するという特性上、ロールスクリーンの両側に壁や枠がないと取付けられない
  3. 巾と長さに最大・最小の制限がある
  4. デザインが今のところ無地だけ

巾と長さの制限については、この一体型つっぱりロールスクリーンに限らず、たいていのロールスクリーンには制限があります。

一体型ロールスクリーンの巾と長さの制限はこちら。

  • 通常タイプ幅:W300~W2300
  • 通常タイプ高さ:H300~H2600
  • スリムタイプ幅:W300×W1800
  • スリムタイプ高さ:H300~H2000

上記の通り、制限があるといっても、よっぽど大きな窓かかなり小さな窓でない限り対応可能です。

また、一体型つっぱりロールスクリーンには無地の商品しかないという欠点については、次に紹介する「つっぱりテンションバー」を使うことで解決できます。

一体型ではないですが、「どうしてもつっぱりタイプで柄ものや調光タイプのロールスクリーンを取付けたいんだ」という人におすすめです。

生地の選択肢が豊富なつっぱりテンションバー

 

つっぱりテンションバー+お好みのロールスクリーン

ロールスクリーンのつっぱりタイプでおすすめ、2つ目はつっぱりテンションバー+お好みのロールスクリーン。

ハニカムスクリーンのおすすめ

生地の選択肢が豊富なつっぱりテンションバー

つっぱりテンションバーはロールスクリーンと一緒に使うことで、壁や窓枠にビス穴を開けずに取付けられる部品です。

つっぱりテンションバーを使えば、人気の北欧柄や、調光タイプなどの普通のロールスクリーンが、つっぱりロールスクリーンに大変身します。

一体型のつっぱりロールスクリーンに、気に入った柄がない人におすすめ!

まるた
まるた
つっぱりテンションバーは、ロールスクリーンだけでなくブラインドも取付け可能なすごい部品です!

取付はこんな感じ。

①つっぱりテンションバーの長さを取付ける窓枠より15㎜短く調節

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ

②ロールスクリーンの取付位置を決めて、シャフト受けを張付

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

③つっぱりテンションバー本体をシャフト受けのツメにのせ、ダイヤルを固くなるまで回す

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

④つっぱりテンションバーの裏側から、傾き防止部品を2か所取付

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

⑤つっぱりテンションバーについている「製品取付用ベース」のねじを外す

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

⑥取り外したねじで「ロールスクリーンに付属しているブラケット」を取付ける

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

⑦ブラケットにロールスクリーンをガチャッと取付ける

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

一体型ロールスクリーンよりは手間がかかるし、ドライバーも必要ですが、やってみると思ったよりは簡単にできます。

より詳しい取付方法については、こちらをどうぞ。

つっぱりテンションバー

つっぱりテンションバーの品ぞろえ

つっぱりテンションバーを使えば、たいていのロールスクリーンやブラインドが取付可能です。

窓枠の巾に応じて、4種類の品ぞろえです。

ハニカムスクリーンのおすすめ

つっぱりテンションバーのメリット

つっぱりテンションバーのメリットは以下3つ

  1. 壁や窓枠に穴を開けずにロールスクリーンが取り付けられる
  2. 通常のロールスクリーンにつっぱりテンションバーをつけるだけなので、ロールスクリーンの選択肢がたくさん
  3. 一体型つっぱりロールスクリーンには無地のものしかありませんが、つっぱりテンションバーを使えば、柄ものでも調光タイプでもなんでもござれ。
まるた
まるた
好きなデザインのロールスクリーンをたくさんの選択肢の中から選べますよ

 

つっぱりテンションバーのデメリット

よいことばかりに見えるつっぱりテンションバーにもデメリットがあります。

  1. 窓枠の内側に取付けるため、窓枠とロールスクリーンの間にすき間が出て光がもれる
  2. つっぱって固定するという特性上、ロールスクリーンの両側に壁や枠がないと取付けられない
  3. 巾と長さに最大・最小の制限がある
  4. 一体型つっぱりロールスクリーンと比べると、少しだけ取付に手間がかかる

つっぱりテンションバーの品ぞろえのところでお話した通り、つっぱりテンションバーは4種類のサイズ展開です。

その4種類のつっぱりテンションバーが対応可能な窓枠の巾(内寸)は、400㎜~1800㎜。

一体型つっぱりロールスクリーンの対応巾が300㎜~2400㎜であることを考えると、少し制限がきついですね。

生地の選択肢が豊富なつっぱりテンションバー

 

つっぱりロールスクリーンの取付が不向きな場所

2種類のつっぱりロールスクリーンを紹介してきましたが、どちらもユニットバスの窓に取付けるのはおすすめできません。

ユニットバスの窓は樹脂(プラスチック)でできていて、ぱっと見わかりにくいですが窓枠の厚みは5ミリ程度です。

しかも中空なので、圧力にはとても弱いのです。

そこにテンション(つっぱり)タイプのロールスクリーンやブラインドをつけるとどうなるか…。

「パリッ」と割れます。

これ、意外と知らない人が多くて、平気でつけてしまうカーテン業者もいるくらいですが、ユニットバスメーカーの担当者が「絶対にやめてください」というレベルで割れるので要注意です!

ユニットバスにはつっぱりタイプではなく、ビス止めのロールスクリーンを付けましょう。

 

ロールスクリーンのつっぱりタイプ|まとめ

つっぱりタイプのロールスクリーンについて、おすすめの商品を2種類と、それぞれの特徴をお話しました。

一体型ロールスクリーンは対応する窓サイズと取付が簡単なことから、無地のロールスクリーンでいい人は「一体型つっぱりロールスクリーン」を選択しましょう。

そして一体型つっぱりロールスクリーンの中で、もっとも断熱効果が高いのは、「スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ」

断熱効果のある生地、かつ、窓枠とロールスクリーンのすき間が小さいのがその理由です。

どうしても柄ものや調光タイプなどのロールスクリーンをつっぱりタイプでつけたい人は「つっぱりテンションバー」を選ぶのがいいと思います。

窓だけでなく、間仕切り、収納、玄関、階段、勝手口、などなど、ロールスクリーンを取付けると暮らしやすくなる場所はたくさん。

ぜひ、取付簡単なつっぱりロールスクリーンを取り入れてみてくださいね!

生地の選択肢が豊富なつっぱりテンションバー

 

インテリア人気記事【ベスト8】

当ブログのインテリア記事で人気のあるもの、トップ8を紹介!

第1位

最強の断熱カーテン

最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ

数ある断熱カーテンの中で、最強のものをインテリアコーディネーターである筆者がが選びました。

ドレープも、レースも、今あるカーテンに追加するだけのアイテムも勢ぞろい。

寒い冬を、最強に快適にしてくれるカーテンばかり。

最強の断熱カーテン
最強の断熱カーテン!プロが選ぶイチオシの組合せはコレ断熱カーテンで最強のものを、リフォーム設計のプロが選びました。ドレープ、レース、プラスαの裏地のそれぞれについて、断熱性能が最強のカーテンを紹介。組み合わせて使うのがベストですが、単独で使っても相当効果的です。...

 

第2位

ラグの下敷き

【ふかぴた】の種類と選び方|ラグの下敷きおすすめNO1

第3位

【ラグの通販】おすすめショップ3選|おしゃれなラグがたくさん!

ラグは通販で買うのがおすすめ。

実際にショップに足を運ぶより、ずっとたくさんの品ぞろえがあるし、ポイントもわかりやすく説明してあります。

インテリアコーディネーターの資格を持つ筆者が、ラグの通販の中でも、とびきりおしゃれなショップを紹介!

第5位

ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つ

ロールスクリーンは、つっぱりタイプがめちゃくちゃ便利。

壁や窓枠にビス穴などのキズをつけずに、取付けられます。

リフォーム設計のプロが、何度もお施主様に紹介している、おすすめのつっぱりロールスクリーンを紹介!

ロールスクリーンのつっぱりタイプ
ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つつっぱりタイプのロールスクリーンでおすすめの商品シリーズを2つ紹介し、さらに、つっぱりロールスクリーンのメリットやデメリットについても解説。壁や窓枠にビス穴を開けるのがイヤな人、賃貸住まいの人は必見です。...

 

第6位

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ

オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!

オーダーロールスクリーンなのに、めちゃくちゃ安い商品を紹介。

もちろん、安いからと言って、粗悪品ではありません。

こちらもお施主様に紹介して、何度も満足いただいているロールスクリーンです。

オーダーロールスクリーンの安いものおすすめ
オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介!安いオーダーロールスクリーンのおすすめを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付!つっぱりタイプの品ぞろえもあります。...

 

第7位

オーダーブラインドの安いものおすすめ

オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介

激安オーダーロールスクリーンに続き、こちらは激安ブラインド。

無地だけでなく、アンティーク調やキラキラしたおしゃれなブラインドもたくさんあるから、ぜひ見てみてください!

オーダーブラインドの安いものおすすめ
オーダーブラインド|安いのに保証付のおすすめをプロが紹介安いブラインドでおすすめのものを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付です!つっぱりタイプの品ぞろえも。...

ハニカムスクリーンは断熱効果抜群で人気のある商品ですが、金額の高さが欠点。

そこで、激安なのに品質も悪くないハニカムスクリーンを紹介します。

明らかに部屋の快適性が上がるから、試してみて!

ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...

 

こちらの記事もおすすめ!