カーテン・ラグ

壁に穴を開けないロールスクリーンの激安品おすすめ!断熱タイプも

壁に穴を開けないロールスクリーン

壁に穴を開けないで、ロールスクリーンをつけたい!

この記事は賃貸にお住まいの人や、持ち家でも壁や窓枠に穴を開けない方法を探している人に向けて、おすすめのロールスクリーンを紹介していきます。

一級建築士でリフォーム設計を本業としている筆者が、お施主様に何度も紹介し、好評をいただいているロールスクリーンを教えます!

まるた
まるた
しかも激安です

なぜ、激安品をおすすめしているかと言うと…

筆者はロールスクリーンを使い捨て感覚で使うことをおすすめしているから。

ロールスクリーンは直射日光にさらされるため、色あせしたり、生地が劣化したりしやすいもの。

洗濯をすることもできますが、部品を外して、洗濯して、アイロンをかけて、また部品をつけて…、面倒くさくないですか?

そんな手間をかけても、色あせしたり痛んだ生地は、新品のようにはなりません。

汚れたら新品のロールスクリーンに交換してしまったほうが、満足度が高いのです。

もちろん、安いからといってすぐに壊れてしまう粗悪品ではなく、ちゃんと1年保証がついた安心のロールスクリーンを紹介します。

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付ける方法は、全部で3つ。

  1. 一体型つっぱりロールスクリーン
  2. つっぱりテンションバーを使う
  3. カーテンレールに取付ける

上記3つの方法にはそれぞれおすすめのロールスクリーンがあり、どの方法のどのロールスクリーンを選んだらいいかは、取付ける場所や、サイズ、柄の有無などによって異なります。

それについてもわかりやすく説明していきますね。

壁に穴を開けないで取付け可能なロールスクリーンは、ただ穴を開けないというだけでなく、取付け自体が簡単というメリットも。

窓だけでなく、階段や勝手口、間仕切りしたい場所など、いろいろな場所にロールスクリーンを取り入れてみてください。

また、ロールスクリーンで、冷気や暑さを断熱したい場合におすすめの商品も紹介します。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

すぐにおすすめの壁に穴を開けないロールスクリーンを知りたいんだという人のために、先にリンクを張っておきます。

工具を使わず取付けできる「一体型つっぱりロールスクリーン」【窓枠を覆うタイプ】

強力つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ・既製サイズ

強力つっぱりロールスクリーン 2級遮光タイプ・既製サイズ

調光オーダーロールスクリーン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

オーダーロールスクリーン 北欧デザイン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

びっくりカーペットの激安ロールスクリーン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

ロールスクリーンの別記事もあわせてどうぞ。

ロールスクリーンのおすすめ
【おしゃれなロールスクリーン選び】プロ厳選おすすめ商品と選びかたのコツおしゃれなロールスクリーンをデザインテイストごとに紹介。どのロールスクリーンもインテリアコーディネーターである筆者が厳選した素敵なものばかり!ロールスクリーン選びのコツについてもお話します。...
ロールスクリーンのつっぱりタイプ
ロールスクリーンのつっぱりタイプが便利!おすすめはこの2つつっぱりタイプのロールスクリーンでおすすめの商品シリーズを2つ紹介し、さらに、つっぱりロールスクリーンのメリットやデメリットについても解説。壁や窓枠にビス穴を開けるのがイヤな人、賃貸住まいの人は必見です。...
ロールスクリーンの安いもの
オーダーロールスクリーン|安いのに保証付のおすすめを紹介!安いオーダーロールスクリーンのおすすめを紹介。安いのに1cm単位でオーダー、1年保証付、カーテンレール取付金物付!つっぱりタイプの品ぞろえもあります。...
カーテンレールにロールスクリーンを取付
カーテンレールに取付可能なロールスクリーンのおすすめ!手順も解説ロールスクリーンはカーテンレールにも取付可能。この記事では、カーテンレールにロールスクリーンをつける方法について、おすすめの商品や手順をインテリアコーディネーターが詳しく解説!...
調光ロールスクリーンのおすすめ
調光ロールスクリーンでおすすめの激安品|日差しと風通しが調節できる!調光ロールスクリーンのおすすめ激安品を紹介します。調光ロールスクリーンは室内に入る光量と風量を自由に調節できる便利なアイテム。ビス穴を開けずに取付ける方法もあるので、賃貸住まいの人もOK!...

 

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付ける方法3つ

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付ける方法は、先にお話した通り、以下の3つです。

  1. 一体型つっぱりロールスクリーン(枠内タイプ、窓枠を覆うタイプ)
  2. つっぱりテンションバー+お好みのロールスクリーン
  3. カーテンレール取付け金具+お好みのロールスクリーン

の一体型つっぱりロールスクリーンは、ロールスクリーン自体につっぱり機能がついたもの。

一体型つっぱりロールスクリーンには、以下の品ぞろえがあります。

  • 枠内タイプ/窓枠を覆うタイプ
  • 非遮光/1級遮光
  • オーダー/既製サイズ
  • 遮熱断熱効果あり/なし
  • 通常タイプ/スリムタイプ

ちょっと、わかりにくいので、後でわかりやすく説明しますね。

のつっぱりテンションバーは、ロールスクリーンをつっぱるための部品。

この部品を使えば、お好きなロールスクリーンを壁に穴を開けないで取付けることができます。

のカーテンレール取付け金具は、カーテンレールにロールスクリーンを取付ける部品。

カーテンレールがついているけれど、ロールスクリーンがつけたいという人におすすめの方法です。

どの方法で、どのロールスクリーンを選んだらいいかについては、後ほどわかりやすく説明しますね。

次は、ロールスクリーンに断熱効果を求める場合の話をします。

 

壁に穴を開けないロールスクリーンで、断熱効果があるもの

「壁に穴を開けない、かつ、断熱効果があるロールスクリーンがほしい」

窓からの冷気や暑さが室内に入ってくるのを防ぐのはもちろん、階段や玄関、勝手口などを断熱したい人もいますよね。

押入れにロールスクリーンを取付け

出典:TOSO

壁に穴を開けないロールスクリーン

そんな人は、「遮熱・断熱効果」がある生地を使ったロールスクリーンを選びましょう。

3つの方法のうち、一体型ロールスクリーンを選ぶ人は、遮熱・断熱効果がある生地、かつ、窓枠とロールスクリーンのすき間が少ないスリムタイプを選ぶと効果的。

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

おすすめのロールスクリーンを紹介するときに、断熱効果の大小についてもあわせて書いておくので、チェックしてみてくださいね。

のつっぱりテンションバーを使う方法、のカーテンレール取付け金具を使う方法は、どちらもお好みのロールスクリーンを選べるので、遮熱断熱効果の高い生地を使ったロールスクリーンを選べばOK。

次は、壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付ける方法を1つずつ説明し、おすすめの商品を紹介していきます。

 

壁に穴を開けないロールスクリーン①一体型つっぱりロールスクリーン

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付け、1つ目は一体型つっぱりロールスクリーンを使う方法。

一体型つっぱりロールスクリーンについて、以下に分けて説明します。

  1. 一体型つっぱりロールスクリーンの特徴
  2. 一体型つっぱりロールスクリーンのおすすめ商品

 

一体型つっぱりロールスクリーンの特徴

一体型つっぱりロールスクリーンは、ドライバーなどの工具を一切使わずに取付けられるので、3つの方法の中ではもっとも簡単な方法です。

窓枠の内側に取付けるタイプ

 

窓枠を覆うタイプ(協力つっぱりロールスクリーン)

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

こんな感じに、どちらも工具無しであっという間に取付けられてしまいます。

ただ、欠点が4つ。

  1. 柄ものの品ぞろえがない
  2. サイズに制限がある
  3. つっぱって固定するので、両側に窓枠や壁がないと取付けできない
  4. 枠外をしっかり覆う強力つっぱりロールスクリーン以外は、窓枠とロールスクリーンの間にすき間ができ、光がもれる

1つずつ簡単に説明します。

 

柄ものの品ぞろえがない

おすすめの一体型つっぱりロールスクリーンには、柄ものの品ぞろえがありません。

「どうしても、無地のロールスクリーンではなく、柄ものや調光タイプなどのロールスクリーンを、壁に穴を開けないで取付けたいんだ」

という人は、次に説明する「つっぱりテンションバーを使う方法」か、「カーテンレール取付け金物を使う方法」のどちらかを選びましょう。

 

サイズに制限がある

一体型つっぱりロールスクリーンは、あんまりにも幅が広かったり、高さがあったりする開口部には取り付けられません。

各商品によって、対応できるサイズが異なるので、おすすめの商品のところに対応サイズを書いておきますね。

 

つっぱって固定するので、両側に壁がないと取付けできない

壁に穴を開けない代わりに、つっぱることでロールスクリーンを固定するので、両側に壁がないところに一体形つっぱりロールスクリーンは取付けできません。

カーテンレールがすでについている場所なら、両側に壁がなくても、「カーテンレール取付け金具を使う方法」が使えます。

 

枠外をしっかり覆う強力つっぱりロールスクリーン以外は、窓枠とロールスクリーンの間にすき間ができ、光がもれる

強力つっぱりロールスクリーン以外の一体型つっぱりロールスクリーンは、窓枠の内側にロールスクリーンをつっぱって固定するので、窓枠とロールスクリーンの間にすき間ができます。

壁に穴を開けないロールスクリーン

一体型つっぱりロールスクリーンを取付けたいけれど、窓枠とのすき間が気になる人は、窓枠を覆うように取付ける「強力つっぱりロールスクリーン」を選びましょう。

壁に穴を開けないロールスクリーン

ただし、強力つっぱりロールスクリーンは、オーダーではなく、既製サイズです。

強力つっぱりロールスクリーン以外で、少しでもすき間を小さくしたい場合は、「スリムタイプ」の一体型つっぱりロールスクリーンを選べばすき間はグッと小さくなります。

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

また、スリムタイプはすき間が少ない分、通常の一体型つっぱりロールスクリーンよりも、断熱性能がアップしています。

 

おすすめの一体型つっぱりロールスクリーン

次は、一体型つっぱりロールスクリーンのおすすめを紹介します。

おすすめの一体型ロールスクリーンは、びっくりカーペットのもの。

先にお話した通り、筆者の担当するお施主様から絶賛いただいている商品です。

品ぞろえはこんな感じ。

名前価格サイズ種類サイズ範囲操作方法断熱性能色数
つっぱりロールスクリーン非遮光タイプ3,990円~1ミリ単位オーダー幅:30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

チェーン12色
スリムつっぱりロールスクリーン非遮光タイプ3,990円~1ミリ単位オーダー幅30cm~180cm

高さ:30cm~200cm

チェーン12色
つっぱりロールスクリーン1級遮光タイプ4,990円~1ミリ単位オーダー幅30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

チェーン14色
スリムつっぱりロールスクリーン1級遮光タイプ4,990円~1ミリ単位オーダー幅30cm~180cm

高さ:30cm~200cm

チェーン14色
つっぱりロールスクリーン1級遮光+はっ水タイプ5,990円~1ミリ単位オーダー幅30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

チェーン10色
つっぱりロールスクリーン1級遮光+防炎はっ水タイプ7,990円~1ミリ単位オーダー幅30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

チェーン3色
強力つっぱりロールスクリーン非遮光タイプ6,000円~既製サイズ3種類①幅40~60cm×高さ135cm

②幅61~90cm×高さ180cm

③幅136~180cm×高さ180cm

プルコード2色
強力つっぱりロールスクリーン2級遮光タイプ7,000円~既製サイズ①幅40~60cm×高さ135cm

②幅61~90cm×高さ180cm

③幅136~180cm×高さ180cm

プルコード2色

表は横にスクロールできます

通常タイプとスリムタイプとでは、スリムタイプの方が窓枠とロールスクリーン間のすき間が小さいので、サイズが合う人はスリムタイプの方がおすすめです。

つっぱる力と価格は、どちらも同じです。

それでは、1つずつ商品を見ていきましょう。

 

つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

壁に穴を開けないロールスクリーン

 

非遮光タイプ
価格3,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数12色

12色の品ぞろえを見てみましょう。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

スリムつっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

「スリムつっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ」は「つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ」がスリムになったもの。

スリム・非遮光タイプ
価格3,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~180cm

高さ:30cm~200cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数12色

12色の品ぞろえは、「つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ」と同じです。

 

つっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

壁に穴を開けないロールスクリーン

 

1級遮光タイプ
価格4,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数14色

12色の品ぞろえを見てみましょう。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

非遮光タイプと比べると、1級遮光タイプは少しくすんだ色をしています。

 

スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

「スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ」は「つっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ」がスリムになったもの。

スリム・1級遮光タイプ
価格4,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~180cm

高さ:30cm~200cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数14色

12色の品ぞろえは、「つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ」と同じです。

断熱性能のある生地を使用し、かつ、窓枠とロールスクリーンのすき間が小さいので、この「スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ」は、枠内につける一体型つっぱりロールスクリーンの中で、もっとも断熱性能が高い商品です。

 

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+はっ水タイプ

壁に穴を開けないロールスクリーン

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+はっ水タイプは、はっ水機能がついているため、汚れがつきにくいのが特徴。

キッチンや洗面所におすすめ。

1級遮光+はっ水タイプ
価格5,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数10色

10色の品ぞろえを見てみましょう。

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+防炎はっ水タイプ

ロールスクリーンのつっぱりタイプ

つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプは、防炎性能がついているので、マンションの高層階や店舗などにおすすめ。

1級遮光+防炎はっ水タイプ
価格7,990円~
サイズ種類1ミリ単位オーダー
サイズ範囲幅:30cm~230cm

高さ:30cm~260cm

操作方法チェーン
断熱性能
色数3色

3色の品ぞろえを見てみましょう。

ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ ロールスクリーンのつっぱりタイプ

 

強力つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

壁に穴を開けないロールスクリーン

強力つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプは窓枠を覆うタイプの商品。

窓枠の内側に取付ける通常のつっぱりロールスクリーンと比べて、光のもれが少ないのが特徴。

壁に穴を開けないロールスクリーン
強力つっぱり・非遮光
価格6,000円~
サイズ種類既製サイズ
サイズ範囲①幅40~60cm×高さ~135cm

②幅61~90cm×高さ~180cm

①幅136~180cm×高さ~180cm

操作方法プルコード
断熱性能
色数2色

高さは、調整で短くすることが可能です。

2色の品ぞろえを見てみましょう。

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

 

強力つっぱりロールスクリーン 2級遮光タイプ

壁に穴を開けないロールスクリーン

「強力つっぱりロールスクリーン 2級遮光タイプ」は「強力つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ」の2級遮光バージョン。

色の品ぞろえも異なります。

強力つっぱり・2級遮光
価格7,000円~
サイズ種類既製サイズ
サイズ範囲①幅40~60cm×高さ~135cm

②幅61~90cm×高さ~180cm

①幅136~180cm×高さ~180cm

操作方法プルコード
断熱性能
色数2色

高さは、調整で短くすることが可能です。

2色の品ぞろえを見てみましょう。

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

 

壁に穴を開けないロールスクリーン②つっぱりテンションバー

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付け、2つ目は一体型つっぱりテンションバーを使う方法。

つっぱりテンションバーについて、以下に分けて説明します。

  1. つっぱりテンションバーの特徴
  2. つっぱりテンションバーで取付けるロールスクリーンのおすすめ

 

つっぱりテンションバーの特徴

つっぱりテンションバーはロールスクリーンと一緒に使うことで、壁や窓枠に穴を開けないで取付けができる部品です。

一体型つっぱりロールスクリーンには、無地の品ぞろえしかありませんが、つっぱりテンションバーを使えば、人気の北欧柄でも、調光タイプでも、取付け可能。

ただ、取付けは、一体型つっぱりロールスクリーンの方が簡単です。

つっぱりテンションバーを使ったロールスクリーンの取付けはこんな感じ。

つっぱりテンションバーを窓枠の内側につっぱって固定

↓ ↓ ↓

つっぱりテンションバーに、ロールスクリーンをガチャッとはめる

これだけ。

もっと詳しい取付け方法はこちら

つっぱりテンションバー取り付け方法

一体型つっぱりロールスクリーンの取付けの方が簡単ですが、壁にビス穴を開けて取付けるよりは全然簡単。

つっぱりテンションバーには4つのサイズがあります。

Sサイズ窓枠内40~60cm
Mサイズ窓枠内61~90cm
Lサイズ窓枠内91~135cm
LLサイズ窓枠内136~180cm

窓枠の内寸を測り、合うものを注文しましょう。

 

つっぱりテンションバーで取付けるロールスクリーンのおすすめ

次は、つっぱりテンションバーとあわせるロールスクリーンのおすすめを紹介します。

せっかくつっぱりテンションバーを使うなら、無地ではなく柄ものや調光タイプのロールスクリーンがおすすめ。

まるた
まるた
無地なら、より取付けが簡単な一体型つっぱりロールスクリーンを選びましょう

おすすめはこの2つ。

  1. 調光オーダーロールスクリーン
  2. オーダープリントロールスクリーン 北欧デザイン

1つずつ紹介します。

 

調光オーダーロールスクリーン

調光ロールスクリーンは、最近、私の担当するお施主様の間で、人気急上昇中。

光と風を通すメッシュ状の部分と、通しにくい色の部分が組み合わさってできていて、その重なり具合で光や風の量をコントロールできるロールスクリーンです。

画像で見ると、ボーダーが少しうるさいように見えるのですが、実物はそれほどシマシマ感を感じませんでした。

色は8色で、どの色もかわいいので、見てください!

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

ホワイト系の色が、ホワイト、アイボリー、ナチュラルと豊富!

ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの ロールスクリーンの安いもの

 

オーダープリントロールスクリーン 北欧デザイン

北欧デザインのロールスクリーンも、人気があります。

1級遮光と断熱機能がついているので、室内の暑さ寒さ対策で使いたい人にもおすすめ。

色々な北欧柄、17種類!があります。

画像は筆者おすすめの3つを張っておきます。

壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン 壁に穴を開けないロールスクリーン

 

壁に穴を開けないでロールスクリーン③カーテンレール取付け金具

壁に穴を開けないでロールスクリーンを取付け、3つ目はカーテンレール取付け金具を使う方法。

カーテンレール取付け金具は、カーテンショップや通販で購入することもできますが、ロールスクリーンとの相性があるので、ロールスクリーンとカーテンレール取付け金具がセットになったものを購入するのが安心です。

カーテンレール取付け金具を使ったロールスクリーンの取付けはこんな感じ。

カーテンレールのランナーを外す

↓ ↓ ↓

カーテンレール取付け金具をカーテンレールにつける

↓ ↓ ↓

ロールスクリーンを、ガチャッとはめる

もっと詳しい取付け方法はこちら

ロールスクリーンの取り付け方法

こちらも、一体型つっぱりロールスクリーンの取付けの方が簡単ですが、壁にビス穴を開けて取付けるよりは全然簡単です。

筆者がイチオシしているびっくりカーペットのロールスクリーンなら、どれを選んでもカーテンレール取付け金具がセットでついてきます。

ですので、激安ロールスクリーンの品ぞろえの中から、お好きなものを選んでみてくださいね。

無地のものなら、なんと1590円~!

壁に穴を開けないロールスクリーン

1級遮光や、麻混、天然素材など盛りだくさんですよ!

もちろん、つっぱりテンションバーのところでおすすめした、調光ロールスクリーンや北欧デザインタイプにもカーテンレール取付け金具がついてくるので、ぜひ検討してみてくださいね。

 

壁に穴を開けないロールスクリーンの選び方

壁に穴を開けないロールスクリーンの取付け方と、おすすめの商品を紹介してきましたが、「いったいどれを選んでいいかわからない!」という人もいますよね。

そこで、ここでは、どのロールスクリーンを選んだらいいかについて、お話します。

まず、「カーテンレールにロールスクリーンを取付ける」という人は、びっくりカーペットの激安ロールスクリーンにはすべてカーテンレール取付け金具がついてくるので、その中から好きなロールスクリーンを選びましょう。

↓ ↓ ↓

次に、無地のロールスクリーンがいいか、柄ものや調光ロールスクリーンがいいかを考えてみましょう。

柄ものや調光ロールスクリーンがいい場合は、つっぱりテンションバーを使います。

ただし、幅が40cm~180cmの範囲でない場合は、つっぱりテンションバーは選べません。

つっぱりテンションバーに合わせるロールスクリーンはなんでもいいので、筆者おすすめの激安ロールスクリーンをチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

無地のロールスクリーンがいい場合は、一体型つっぱりロールスクリーンを選びましょう。

一体型つっぱりロールスクリーンを選んだ人で、窓枠を覆うように取付けたい人は、強力つっぱりロールスクリーンの非遮光タイプか2級遮光タイプを選びます。

ただし、ここまで紹介してきたロールスクリーンの中で、強力つっぱりロールスクリーンだけは、オーダーではなく、既製サイズ。

  1. 幅40cm~60cm×高さ~135cm
  2. 幅61cm~90cm×高さ~180cm
  3. 幅136cm~180cm×高さ~180cm

高さは調整で短くすることが可能です。

サイズが合うかどうかも確認しましょう。

↓ ↓ ↓

無地のロールスクリーンで、窓枠の内側に取付けたい人は、一体型ロールスクリーンで、強力つっぱりロールスクリーン以外のものを選びます。

防炎機能はいらず、はっ水機能をつけたい人

つっぱりロールスクリーン 1級遮光+はっ水タイプ

 

1級遮光機能をつけたい人

幅:W300~W1800/高さ:H300~H2000の場合

スリムつっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

上記サイズ以外の場合

つっぱりロールスクリーン 1級遮光タイプ

遮光機能がいらない人

幅:W300~W1800/高さ:H300~H2000の場合

スリムつっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

上記サイズ以外の場合

つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ

ご自身に合う、壁に穴を開けないロールスクリーンが見つかりましたか?

 

壁に穴を開けないロールスクリーン|まとめ

ロールスクリーンで、壁に穴をあけないものをいくつか紹介してきました。

取付けの方法は、大きく分けて3つ。

  1. 一体型つっぱりロールスクリーン
  2. つっぱりテンションバー×お好みのロールスクリーン
  3. カーテンレール取付け金具×お好みのロールスクリーン

どの方法も簡単に取付けできますが、一体型つっぱりロールスクリーンを使う方法が、めちゃくちゃ簡単なので、筆者のイチオシです。

賃貸にお住まいの人でも、壁に穴を開けないロールスクリーンなら、気兼ねなく取付けられますよ。

窓だけでなく、冷気や暑さが入り込んでほしくない、玄関や階段、勝手口などにも使ってみてくださいね。

工具を使わず取付けできる「一体型つっぱりロールスクリーン」【窓枠を覆うタイプ】

強力つっぱりロールスクリーン 非遮光タイプ・既製サイズ

強力つっぱりロールスクリーン 2級遮光タイプ・既製サイズ

調光オーダーロールスクリーン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

オーダーロールスクリーン 北欧デザイン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

びっくりカーペットの激安ロールスクリーン
※つっぱりテンションバーか、カーテンレール取付け金具と一緒に取付けが必要

 

インテリア人気記事【ベスト6】

当ブログのインテリア記事で人気のあるもの、トップ6を紹介!

第1位

ラグの下敷き

【ふかぴた】の種類と選び方|ラグの下敷きおすすめNO1

ラグの下敷き「ふかぴた」は、ラグを使うすべての人におすすめ!

「ふかぴた」について、特徴や品ぞろえ、選び方などを説明した記事です。

ラグの下敷き
【ふかぴた】の種類と選び方|ラグの下敷きおすすめNO1ラグの下敷きでイチオシの「ふかぴた」について、その魅力と選び方について解説。ふかぴたには種類がたくさんあるので、それぞれの違いや特徴をわかりやすく説明します。...

第2位

Eufyのロボット掃除機

Eufy全機種【徹底比較】Ankerのロボット掃除機がすごい!

ロボット掃除機の人気ブランド、AnkerのEufy。

Eufyの品ぞろえや比較、選び方などを解説した記事です。

Eufyのロボット掃除機
Eufy全機種【徹底比較】Ankerのロボット掃除機がすごい!大人気のEufyのロボット掃除機。その全機種を徹底的に比較し、ひと目見ればわかる表などを使ってわかりやすく説明していきます。ルンバとの比較も。...

第3位

美容に効くシャワーヘッド

シャワーヘッドで毛穴や頭皮の汚れを落とし保湿!おすすめ4選

シャワーヘッドを交換するとお風呂の満足度が倍増!

毛穴汚れや頭皮の汚れをきれいに落としてくれるシャワーヘッドを紹介。

ウルトラファインバブル(気泡)が毛穴の奥まで入り込み、洗いごこちはとてもさっぱり!

美容に効くシャワーヘッド
シャワーヘッドで毛穴や頭皮の汚れを落とし保湿!おすすめ4選毛穴と頭皮の汚れを洗い流してくれるシャワーヘッドを4つに厳選して紹介。直径0.001㎜以下の超微細バブル「ウルトラファインバブル」が、毛穴やしわの中まで入り込み、汚れをきれいに洗い流します!...

第4位

ヨギボーの値段

【ヨギボーの値段】シリーズごとの価格一覧!ソファとオプション

ビーズクッション売上NO1のヨギボーは、ソファやオプションの品ぞろえがとても豊富。

でも、「品ぞろえが多すぎてどれを選んでいいかわからない」という声も。

そこで、ヨギボーのソファやオプションの品ぞろえをわかりやすくまとめ、価格も一覧で比べやすくした記事を書きました。

ハニカムスクリーンは断熱効果抜群で人気のある商品ですが、金額の高さが欠点。

そこで、激安なのに品質も悪くないハニカムスクリーンを紹介した記事を書きました。

インテリアコーディネーターである筆者が何度もお施主様に紹介し満足いただいている商品ばかりを紹介しています。

ハニカムスクリーンのおすすめ
ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!断熱効果が抜群ハニカムスクリーンでおすすめの激安品を紹介!インテリアコーディネーターである筆者がお施主様に度々紹介し満足いただいている商品です。ハニカムスクリーンは高価格なものが多いので、安いのに品質が悪くない商品は希少。ぜひチェックしてみてくださいね。...

第6位

ミストサウナを後付け

ミストサウナを後付けするならコレ!DIYで取付できる商品も

ミストサウナに憧れるけれど、費用が掛かりそうだからと諦めていませんか?

もちろん本格的なミストサウナを取付けようとすればそれなりの費用がかかりますが、もっと手軽にミストサウナを楽しむ方法がいくつかありますよ!

この記事ではミストサウナを後付けする方法について、本格的な工事を必要とするものから、シャワーヘッドを付け替えるだけでできる簡易なものまで、色々な方法を紹介しています。

ミストサウナを後付け
ミストサウナを後付けするならコレ!DIYで取付できる商品も後付けできるミストサウナを、取付工事のボリューム別に紹介。後付けミストサウナには、工事店による取付工事が必要なものから、自分で簡単に取付可能なものまで、様々。費用や機能を考慮し、自分にぴったりの後付けミストサウナを見つけましょう!...
こちらの記事もおすすめ!