水まわり

【キッチンのレイアウト】全部紹介!メリット・デメリットも

キッチンのレイアウト

「キッチンを新しくするけれど、どんなレイアウトが自分に合っているのだろう?」

「キッチンのレイアウトってどんなものがあるんだろう」

システムキッチンでは色々な形状でキッチンを組むことができます。

その反面、「いろんな選択肢がありすぎてよくわからない」という声もよく聞きます。

「対面キッチンにしたい」

「ダイニングと一体感あるオープンなキッチンにしたい」

「L型キッチンが気になる」

などなど、いろいろな要望があるかとは思いますが、まずはどんなキッチンレイアウトがあるのかを知らないと、よりよいキッチンは選べないですよね!

この記事では、

「キッチンを新しくするけれど、どんなレイアウトが自分に合っているのだろう?」

というかたに向け、レイアウトの種類を全部紹介し、それぞれの特徴、メリットデメリットなどを説明します。

また、レイアウトを決めるときに注意することについもしっかり説明しますよ!

ぜひ最後まで読んで自分に合ったキッチンレイアウトを見つけてくださいね!

マンションのリフォームを考えている人は、こちらもどうぞ。

マンションリフォーム
マンションリフォームの基礎知識|これだけは確認すべき!4つのチェックポイントマンションのリフォームをするときに絶対確認しておきたいチェックポイントを、管理規約、床の構造、天井の構造、換気経路の4つに分けて説明します。これらをチェックすることで、マンションならではのトラブルを回避したり、どこまでのリフォームが可能なのかが判断できるようになります。キッチンやユニットバス、洗面台、トイレなど水廻りの位置を変更することができるかの判断にも役立ちます。...

キッチンメーカーのおすすめを知りたい人は、こちらもどうぞ。

キッチンメーカーのおすすめポイントや特徴
システムキッチンのメーカー選び!プロが教えるおすすめポイントシステムキッチンメーカー(ブランド)の選びかたと各メーカーのおすすめポイントや特徴を、リフォーム設計歴19年の筆者が独自の視点でお伝えします!「このメーカーならこの特徴よね」というプロならではの視点で各キッチンの特徴を紹介。新築やリフォームでキッチンを新しくするすべての人によんでほしい記事です。...

キッチンリフォーム完全ガイド(まとめ記事)をチェックしたい人は、こちらもどうぞ。

キッチンリフォーム完全ガイド
キッチンリフォーム【完全ガイド】不満ゼロのキッチンを作る!キッチンのリフォームをしようとするすべての人へ!リフォーム設計歴19年の筆者が、キッチンのリフォームをする前に絶対知っておいてほしいことを色々な視点で書いた記事をまとめました。キッチンのリフォームについてなら、このまとめ記事さえ読んでおけば安心!...

I型キッチン

一番多く採用されるキッチンの形状が、このI型キッチンです。

シンクからコンロまでが1列におさまる無駄のないシンプルな形状。

まるた
まるた
シンプルなだけに、I型キッチンは1番安くプランできますよ

無駄がない形状であることから、キッチンスペースが狭い場合にI型キッチンはとても使いやすい形状です。

キッチンの長さはメーカーによって対応できる範囲が異なりますが、1650㎜~3000㎜くらいの間口が一般的。

3000㎜を超える長さでI型にするとキッチンの端から端までの距離が長くなり、移動距離が長くなってしまいます。

移動距離の長いキッチンは効率が悪く使いにくさにつながりますので、

  • 一部を収納にする
  • 一部を冷蔵庫置場にする
  • L型など他のキッチン形状を検討する

などの対策を考えてみてくださいね。

I型キッチンには大きくわけて3つのレイアウトがあります。

  1. 壁に面して設置する、I型壁付キッチン
  2. 腰壁を造作してキッチンを設置する、I型造作対面キッチン
  3. 対面でオープンな、I型オープン対面キッチン

ひとつずつ見ていきましょう。

I型壁付キッチン

キッチンレイアウトI型壁付

出典:リクシル アレスタ

壁に向けてI型のキッチンを配置するレイアウトです。

まるた
まるた
1番基本的なレイアウトですね

キッチンのスペースによって、食器棚は背面でも側面でも配置可能。

冷蔵庫はシンクの隣か背面など、できるだけシンクに近い方が使いやすいですよ。

キッチンの正面に窓を設けることもできますので、外を見ながら調理できます。

ただ、ダイニング側には背中を向けることになりますので、対面キッチンがお好みのかたには向いていません。

I型造作対面キッチン

キッチンレイアウトI型造作対面

出典:リクシル アレスタ

腰壁を建築工事で作り、I型のキッチンをその壁に面して設置する方法です。

壁付I型キッチン同様、キッチンの背面は見えてもいいようにできていないので、背面を壁で隠す必要があります。

腰壁の高さはお好みでどのようにも対応できますが、

  • より解放感を求めるかたはキッチンセットのバックガードのすぐ上に
  • 手元をダイニング側から隠したい場合はキッチンカウンターより20センチ程度高く

腰壁のカウンター面を設定します。

画像もキッチンカウンターより腰壁カウンターを20センチくらい上げて腰壁を造作していますね。

換気フードをつける面には壁が必要ですが、そのほかの面は画像のようにオープンにしてもいいし、壁を設けて吊戸棚をつけてもいいですね。

キッチンレイアウトI型造作対面

出典:リクシル アレスタ

吊戸棚をつけた例です。

同じ造作対面キッチンでも、かなり印象が違ってきますよね!

どれくらいダイニングに対してキッチンをオープンにしたいかどうかで、色々検討してみてくださいね。

I型オープン対面キッチン

キッチンレイアウトI型オープン

出典:リクシル アレスタ

オープンキッチンとは、キッチンセットの背面がそのままダイニング側から見えるタイプのキッチンです。

キッチンに解放感がグッとでてきますね!

画像のようにダイニング側がパネルになっているものもありますし、収納になっているものもあります。

パネルになっている場合は、いすを置いて軽食をカウンターで食べることもできますね。

カウンター高さは通常のテーブルより高いので、少し高めのいすを用意する必要があります。

朝食などでキッチンカウンターを利用すれば、準備も片付けも楽にできますよ!

また、画像はオープンキッチンの中でもペニンシュラ型といって、コンロ側が壁にくっついているキッチンの形状です。

まるた
まるた
ペニンシュラは「半島」という意味です

スペースの都合でキッチンの両側を通路にすることが難しい場合が多いため、片側だけを通路にするペニンシュラ型はとてもプランしやすい形状なんです。

我が家はどうしても取れない柱がキッチン前にあるのだけど、オープンキッチンは無理?

木造の場合、どうしても取れない柱や壁がある場合がけっこうあります。

そんな場合にも対応できるオープンキッチンがありますよ。

キッチンレイアウトI型オープン耐力壁

出典:パナソニック ラクシーナ

フラット対面耐力壁プラン。

耐力壁部分にコンロとフードを配置し、他の部分をオープンにする方法です。

コンロの前は油がはねやすいので、取れない壁がない場合でもあえてこのプランを採用することがあります。

キッチンのレイアウト

出典:パナソニック ラクシーナ

こちらはキッチンの両側が通路にできるアイランド型のオープン対面キッチンです。

まるた
まるた
アイランドは「島」という意味ですね

キッチンのまわりをグルリと回れるので、色々なところからキッチンにアクセスでき、よりオープンなキッチンに。

なかなかスペースの都合で採用できないアイランドキッチンですが、画像のように部屋の長手側にキッチンを入れるとおさまることがあります。

アイランドキッチンの場合、換気フードは壁に固定することができないので天井固定となります。

キッチンレイアウトI型オープン キッチンレイアウトI型オープン

出典:パナソニック ラクシーナ

画像はオープン対面キッチンですが、ダイニング側からキッチンのカウンターが丸見えにならないようにできています。

画像のようにダイニング側が収納になっているものもありますし、単にパネルになっているものもあります。

ショールームやモデルハウスで見ると、キッチンカウンターが丸見えの完全にオープンなキッチンのほうがスッキリとしてよく見えるのですが、食事を作り終えたばかりの時って必ずしもキッチンの上はきれいではないので、

「ダイニング側からキッチンが丸見えにならないようにしたい」

という意見をよく耳にします。

実際の生活をイメージしながら、完全にオープンがいいか、すこし手元が隠れたほうがいいかを検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

L型キッチン

L型キッチンは根強いファンが多いキッチンレイアウトです。

一度L型キッチンを使ったことがある人は、次もL型を使いたくなる傾向があります。

キッチンの形状がL型になっていますからコーナーの部分はデットスペースになりそうですが、このコーナー部分に炊飯器やポットなどの家電を置いたり、調味料を置いたり、作り置きの食材を置いたり。

ちょっとした余剰空間としてうまく活用している人が多いんです!

コーナー部分の収納はメーカーやブランドによって色々なものがあります。

内部の棚が回転するものや、引き出せるものなど。

I型キッチンと比べ全体的なボリュームはL型キッチンのほうが大きいので、収納量やゆとりの面では優れたレイアウトです。

L型キッチンにもI型キッチン同様、大きく分けて3つのレイアウトがあります。

  1. 壁に面して設置する、L型壁付キッチン
  2. 腰壁を造作してキッチンを設置する、L型造作対面キッチン
  3. 対面でオープンな、L型オープン対面キッチン

ひとつずつ見ていきましょう。

L型壁付キッチン

キッチンレイアウトL型壁付

出典:パナソニック ラクシーナ

シンク側とコンロ側の両方が壁に面しているL型キッチンです。

部屋の角をそのまま利用して、キッチンもL型にしています。

窓の方を向いて調理することができるレイアウトですが、対面キッチンを希望する人には向きません。

L型キッチンの中で、一番スペースを使わないのがこのL型壁付キッチンになります。

L型造作対面キッチン

キッチンレイアウトL型造作対面

出典:リクシル アレスタ

腰壁を建築工事で作り、L型キッチンのシンク側をその壁に面して設置する方法です。

壁付キッチン同様、キッチンの背面は見えてもいいようにできていないので、背面を壁で隠す必要があります。

腰壁の高さもI型キッチンと同じように、お好みでいかようにも対応できます。

腰壁は画像のようにオープンにしてもいいし、壁を設けて吊戸棚をつけてもいいですね。

L型オープン対面キッチン

キッチンレイアウトL型オープン

出典:リクシル リシェル

L型キッチンのシンク側がオープンキッチンになっているレイアウトです。

シンク側はオープンだけど、コンロ側は壁に面しているので油跳ねなどの心配も少ないのがいいですね。

ダイニング側は収納にしたり、オープンスペースにして軽食を食べるスペースにしても。

二列型キッチン

キッチンレイアウト二列型アイランド

出典:リクシル アレスタ

あまり多く採用するレイアウトではありませんが、シンクとコンロを分離したキッチンです。

ほとんどは画像のようにシンク側をオープンにしますが、たまにコンロ側がオープンのキッチンも見ます。

まるた
まるた
ドラマ「まだ結婚できない男」のキッチンは、コンロ側がオープンですね

どうしてもアイランドキッチンにしたいけれど、スペースが足りない!という場合に採用するのがこの二列型レイアウトです。

ただ、シンクとコンロがカウンターでつながっていませんので、床に水などが垂れたりという心配はあります。

床材を配慮したほうがいいかもしれませんね。

キッチンとダイニングの床が違う床材の例
キッチンの床材選び!汚れにくさ?高級感?理想の床材を見つけるための全知識キッチンの床は汚れやすいから掃除のしやすいものがいい、長く居る空間だから足ざわりが心地よいものを選びたい、あまり高い材料でないほうがいい、ダイニングと一体的なキッチンだから見た目がおかしくない床を選びたい、などなど、いろいろな要望があり、選ぶのが難しいもののひとつです。この記事ではよくキッチンで使われる床材のメリット・デメリット、どのように選んだらいいのか、色選び、床暖房や床下収納庫についてなど、キッチンの床材について知っておきたい知識をすべてお伝えします。...
スポンサーリンク

キッチンのレイアウトを決めるときの注意点

ここまで色々なキッチンのレイアウトをご紹介してきましたが、キッチンスペースの中に入れるものはキッチンセットだけではありません。

  • 冷蔵庫
  • 家電収納
  • 食器棚
  • ゴミ箱
  • 生ごみ処理機
  • ウォーターサーバー

などなど、キッチンスペースにはたくさんのものが必要です。

これらをどこに配置するかをしっかり考えてキッチンレイアウトを計画しないと、きちんとおさまるべきところにものがおさまらず、雑然としたキッチンになってしまいます。

まるた
まるた
特にゴミ箱は分別により思いのほかスペースが必要ですよ!

また、キッチンで作業をする人数も事前に考えておく必要があります。

2人以上で作業をすることが多い場合と、ほぼ1人で作業する場合とでは、ベストな通路幅や作業スペースの大きさが異なるからです。

キッチンのレイアウトはキッチンセット単独で考えるのではなく、キッチンに置くべきものや作業する人のことなど、全体的に考えることが必要です。

キッチンのレイアウトまとめ

キッチンのレイアウトには、

  1. I型
  2. L型
  3. 二列型

があり、それぞれ壁付キッチン、造作対面、オープン対面などの形状が選べます。

I型はシンプルで無駄がなく一番安くプランができるキッチン。

あまり間口を長くしてしまうと、動線が長くなり使いにくくなることも。

L型はゆとりがあり、コーナー部分の使いかたが使いやすさの決め手になるキッチン。

ゆとりがある分スペースを大きくとり、金額もI型よりは高くなることが多いです。

二列型はアイランドキッチンが作りやすくオープンな感じがステキですが、シンクとコンロが離れる分使い勝手が悪く感じる人もいます。

また、壁付キッチンは窓などを設ければ外の景色を見ながら調理できますが、対面キッチンを好む方には不向きです。

オープンキッチンはそのオープン具合によってキッチンが丸見えになってしまい、それが気になる人もいます。

それぞれにメリットデメリットはありますが、

  • どのメリットを優先するのか
  • どのデメリットは気にならないのか

をよく考えてキッチンレイアウトの選択をしてくださいね!

プロ厳選リフォーム会社紹介サイトで最適な会社を見つけよう!

リフォーム設計歴19年の一級建築士である筆者が、数あるリフォーム会社紹介サイトの中からおすすめのサイトを2つに厳選。

どちらのサイトも無料で使えますので、ぜひ試してみてください!

住宅ローンの借り換えをしてみよう

リフォームのタイミングで検討したいのが、「住宅ローンの借り換え」

借り換えで数百万円返済額が減るケースがけっこうあります!

オンライン型住宅ローンサービス

モゲチェック(MOGE CHECK)

住宅本舗

関連記事

住宅ローンの借り換えシミュレーション
住宅ローンの借り換え|シミュレーションでいくら得するかチェック!住宅ローンの借り換えで、返済額を数百万単位で減らせることがあるのを知っていますか?今はネットバンクをはじめ、新しい住宅商品がたくさん。まずは今の住宅ローンで損をしていないかをシミュレーションでチェックしてみましょう!...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA