水まわりリフォーム

リクシルのトイレ|掃除しやすい形状が魅力!リフォームのプロが解説

リクシルのトイレ

リクシルのトイレについて、リフォーム設計のプロが解説します。

リクシルのトイレで有名なのが「サティス」

掃除のしやすさやコンパクトさをウリにしている、リクシルのトイレブランドです。

リクシルのトイレ、サティスの一番のおすすめポイントは、掃除がしやすい形状。

サティスGタイプの側面にはつなぎ目がなく、お手入れがとてもラクです。

リフォーム設計歴20年超の筆者は、

とにかく掃除がラクな便器がいい

このようなお施主様には、リクシルのトイレ「サティスGタイプ」をおすすめしています。

それと、リクシルは便器表面をなめらかに仕上げて、汚れをつきにくくする「アクアセラミック」という技術を2016年から採用。

それまでのリクシルの便器は、表面にコーティングをすることで汚れをつきにくくしていたので、定期的にコーティングをし直す必要がありました。

でも、このアクアセラミックは、専用の釉薬を使用し焼き上げた「100年クリーン」

掃除のしやすさが一番大切だという人は、ぜひリクシルのトイレ、サティスを検討してみてください。

この記事では、リクシルのトイレについて、良い点、気になる点などを、プロである筆者が独自の視点で説明。

リクシルのトイレではなく、TOTOやパナソニックのトイレを採用した方がいい場合についても、説明します!

ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

これからリフォームをするすべての人に読んでもらいたい記事はこちら。

リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因

おしゃれなリフォームをするために、絶対必要な5ステップをまとめた記事はこちら。

リフォームをおしゃれに!絶対にやるべき5ステップをプロが解説

10万円以上のリフォームをする人が、必ず知っておくべき内容をまとめた記事はこちら。

【10万円以上のリフォームをする人】絶対知っておくべき5つのこと|プロが解説

トイレのリフォームは、リフォーム会社選びが重要。

リフォーム会社の選び方|プロが教えるトラブル会社を見抜く【必勝法】

トイレについての別記事はこちら。

トイレのリフォーム【完全ガイド】便器選びから注意点!まとめ記事

トイレのメーカー徹底比較!TOTO、リクシル、パナソニック

TOTOのトイレ|リフォームのプロがイチオシする便器メーカー

パナソニックのトイレ|アームレストが便利!リフォームのプロが解説

 

リクシルのトイレ|便器のイチオシポイント

リクシルのトイレ、サティスのイチオシポイントは、とにかく掃除がしやすい形状だということ。

リクシルのトイレ

画像は、サティスGタイプですが、便器側面につなぎ目がまったくありません!

しかも、凸凹のない形状なので、とても掃除がしやすいです。

つなぎ目やくぼみにたまる汚れを掃除する必要がないので、ササっと拭くだけでOK。

トイレは狭い空間なので、お掃除が大変だと本当に困りますよね。

TOTOやパナソニックの便器と比較しても、このリクシルのトイレ「サティスGタイプ」ほどつなぎ目やくぼみの少ない便器はありません。

とにかく掃除がしやすいトイレにしてほしい!

このような人におすすめのトイレです。

次はリクシルのトイレ、サティスの「掃除がしやすい形状」以外のよいところを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リクシルのトイレ|リクシルの便器のよいところ

リクシルのトイレ、サティスには、掃除しやすい形状以外にも、よいところがたくさん。

特にお施主様や建築業界関係者に評判がいいところを紹介しますね。

 

100年クリーンアクアセラミック素材

リクシルのトイレ、サティスは100年クリーン「アクアセラミック」素材を便器に使っています。

リクシルのトイレ、アクアセラミック リクシルのトイレ、アクアセラミック リクシルのトイレ、アクアセラミック

アクアセラミックは特殊な釉薬を使用し、便器表面をツルツルに焼き上げることで、水アカや汚物がつきにくくなる機能。

コーティングではないので、その効果は半永久的。

ただ、ネットを検索してみると、

だんだん黄ばんできた
黒ずみが出てきた

このような口コミがいくつかあります。

「アクアセラミック」は2016年に採用された技術なのでまだ歴史が浅く、同様の機能であるTOTO「セフィオンテクト」と比較すると、少し安心感は低め。

もう少し様子をみてから採用を決めてもいいかもしれませんね。

 

側面以外も掃除がしやすい形状

リクシルのトイレは、側面以外にも掃除がしやすい工夫がされています。

リクシルの便器、スマートフチ形状 リクシルの便器、キレイ便座 リクシルの便器、お掃除リフトアップ
  • スマートフチ形状
  • キレイ便座
  • 電動お掃除リフトアップ

など、便器側面以外も掃除がしやすくなっています。

とはいえ、これらの掃除がしやすい形状は、TOTOもパナソニックも同様。

特にリクシルだけが秀でているわけではありません。

 

サティスSタイプはコンパクト

リクシルのトイレ、サティスには、これまで紹介してきた便器側面につなぎ目がない「Gタイプ」の他に、「Sタイプ」があります。

リクシルのトイレ、サティスSタイプ

サティスSタイプは、コンパクトさとシンプルさがウリ。

便器前出寸法650㎜というコンパクトさを実現しています。

トイレ空間は狭いので、コンパクトな便器は嬉しいですね。

とはいえ、座りごこちをしっかり確認してから選ぶことをおすすめします。

大きめの便器にゆったり座るのを好む人もいらっしゃいますから。

 

リクシルのトイレ|リクシルの便器で気になるところ

リクシルの便器だけではありませんが、リクシルの便器は「節水」をウリにしています。

リクシルのトイレ、節水便器

この節水型便器、建築業界関係者には本当に不評です!

なぜかというと、流れないから。

とくに若い男の子の「大」

2回~3回流して、やっと流れるということも。

もちろん個人差があるので、1回で流れる人もいますが、そうでない人がたくさん。

まるた
まるた
2回流したら節水もまったく意味がありません

排水管の勾配はそんなにきつくないので、排水管の中を汚物が流れていくのに、ある程度の水量が必要です。

水量が少ないと排水管の中で汚物が滞留。

その後しばらく水を流さないと、排水管の中で汚物が腐敗することも。

まるた
まるた
夏の暑い時期に滞留したら考えたくない状況に…

とはいえ、今どこの便器メーカーもとにかく節水を推しているのでこの不満点を解消することは難しい現状。

まるた
まるた
各メーカーで節水合戦真っ最中です…

 

スポンサーリンク

リクシルのトイレ以外を選んだ方がよい場合

掃除がしやすい形状がイチオシのリクシルの便器ではありますが、総合的にみて筆者はTOTOの便器をイチオシとしています。

TOTOの便器、ネオレスト

TOTOのトイレがなぜ筆者イチオシなのかは、別記事で説明しているので、あわせて読んでみてください。

TOTOのトイレ|リフォームのプロがイチオシする便器メーカー

それと、「足や腰が悪く、便器にアームレストがついていると使いやすい」という人には、パナソニックの便器がおすすめ。

パナソニックのトイレ、アームレスト

便器にアームレストがついているのは、パナソニックのアラウーノ便器だけ。

トイレでの立ったり座ったりが苦痛に感じる人は、アームレストがあると、とても便利に使えます。

アームレストは可動式。

不要な時は上に上げられるので、ジャマになりません。

このアームレスト、人によっては一目ぼれするほど気に入ってもらえる機能です。

アームレストに一目ぼれした人は、パナソニックのアラウーノ一択!

パナソニックのトイレ|アームレストが便利!リフォームのプロが解説

 

リクシルのトイレ|便器の選び方

リクシルのトイレ、便器を選ぶにあたって、リクシルのすべての便器にここで紹介した機能がついているわけではありません。

「この機能が気に入った」という場合は、その機能がついているかを確認して便器選びをしましょう。

また、リクシルがイチオシしている便器は、タンクレスの「サティス」シリーズ。

タンクレス便器を選ぶ場合は、「水圧」を確認する必要があります。

水圧が低い場合、ブースター付きの便器を選ぶ必要がありますので、リフォーム会社に確認してみてくださいね。

さて、サティスですが、2つのシリーズがあります。

  1. 便器側面にまったくつなぎ目がなくお掃除がラクな「サティスGタイプ」
リクシルのトイレ、サティスGタイプ

リクシルのトイレのイチオシポイントである「側面につなぎ目がまったくない」便器が、サティスGタイプです。

  1. コンパクトさとシンプルをウリにした「サティスSタイプ」
リクシルのトイレ、サティスSタイプ

便器前出寸法650㎜というコンパクトさが魅力のサティスSタイプ。

狭いトイレ空間におすすめ。

リクシルのトイレにはサティス以外にもたくさんの便器があります。

リクシルのトイレページのリンクを貼っておきますね。

リクシルのトイレ

 

スポンサーリンク

トイレリフォームの必勝法

トイレのリフォームをする人は、リフォームを成功させるための知識を身に着つけませんか。

リフォームに失敗する人を1人でも減らそうと、書いた記事があります。

リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因

リフォームのウラもオモテも知り尽くした筆者が、あなたにリフォームの必勝法を伝授します。

 

リクシルのトイレまとめ

リクシルのトイレでイチオシのポイントは、サティスGタイプの側面につなぎ目がまったくない便器形状。

とにかく掃除をラクにしたいんだ!という人におすすめの便器です。

また、リクシルのトイレではなく、TOTOやパナソニックの便器を選んだほうがいい場合についてもお伝えしました。

この記事だけでなく以下の関連記事もしっかりチェックし、自分にとって最高の便器を見つけてくださいね!

そのリフォーム会社、大丈夫?

リフォームにおけるあらゆる失敗やトラブルは、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社比較サイトで「複数の」会社をチェックすることを、「強く」おすすめします!

また、リフォーム会社に依頼をする前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

リフォーム設計のプロである筆者が、以下①②について、おすすめを紹介します!

  1. リフォーム会社比較サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

 

リフォーム会社比較サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社比較サイトを確認したところ、おすすめできるのはたった2社のみ。

どちらのサイトも無料で使えるので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社比較サイトランキング|プロおすすめは2サイトだけ!

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォーム価格の相場
  2. リフォーム事例
  3. リフォーム会社の口コミ
  4. リフォームの基礎知識

などの情報が満載。


ホームプロ

\満足度90%以上/

公式サイトを
見る

無料&匿名で利用可能

詳しい記事を読む

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが「複数の会社から」もらえます。

タウンライフリフォーム

 

リフォーム計画3点セット

公式サイト
を見る

無料&3分登録

 詳しい記事を読む

 

スポンサーリンク

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選2社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、なによりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を2つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)

なぜその2社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

 

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

 

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に、施工事例集がおしゃれで魅力的です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先上部の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

こちらの記事もおすすめ!