リフォーム費用

二世帯住宅にリフォーム!費用と相場・補助金で知っておくべき5つのこと

二世帯住宅リフォームの費用

二世帯住宅にリフォームをしようと思ったとき、まっ先に気になるのが「費用」ではありませんか?

この記事では、リフォーム設計歴20年超えの筆者が、二世帯住宅リフォームの、おもに「費用」について解説。

二世帯住宅にリフォームする人が、費用に関して絶対に知っておくべきことを、以下5項目にわけて説明していきます。

  1. 二世帯住宅リフォーム費用の相場
  2. 二世帯住宅の間取りパターンと費用の関係
  3. 二世帯住宅リフォームか新築かの選択
  4. 二世帯住宅リフォームの費用を下げる方法
  5. 二世帯住宅リフォームに使える補助金

どの項目も二世帯住宅リフォームをする上で、とても重要です。

二世帯住宅へのリフォームは、リフォームの中でも費用が高め。

何も知らずにリフォーム会社に依頼してしまうと、予算とかけ離れたプランが出てきたりして、思い通りの二世帯住宅にならないことも。

ぜひ、この記事で予算に合った二世帯住宅リフォームを、一緒に考えていきましょう。

 

これからリフォームをするすべての人に、読んでもらいたい記事はこちら

リフォーム成功に必要なこと
リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因これからリフォームをしようとするすべての人に伝えたいこと。リフォーム設計のプロで、リフォームの裏側まで知り尽くした筆者が、リフォームを成功させるために必要な「たった1つのこと」についてお話します。...

リフォーム会社の選び方についての【必勝法】はこちら。

リフォーム会社の選び方
リフォーム会社の選び方|プロが教えるトラブル会社を見抜く【必勝法】リフォーム会社の選び方について、リフォーム会社の裏側をイヤというほど知り尽くしている筆者が、あなたに「必勝法」を教えます。...

おしゃれなリフォームをするために必要な5ステップはこちら。

リフォームをおしゃれにする方法
リフォームをおしゃれに!絶対にやるべき5ステップをプロが解説おしゃれなリフォームをしたい人が、絶対にやるべき5つのステップを、リフォーム設計のプロが解説。どのステップも簡単で手軽にできますが、やらないとおしゃれなリフォームが遠ざかってしまう重要なものばかりです。...

10万円以上のリフォームをする人が、知っておくべきことはこちら。

10万円以上のリフォームをする人
【10万円以上のリフォームをする人】絶対知っておくべき5つのこと|プロが解説外壁塗装やフローリングの張り替えなど、単純なリフォームに思える工事でも、実は選択肢がたくさん。あなたの家に最良の選択をするために必要な5項目を伝えます。...

二世帯住宅リフォームの別記事はこちら。

二世帯住宅リフォームの注意点
二世帯住宅リフォームの注意点【最強の二世帯ガイド】プロが全公開!二世帯住宅にリフォームをするときの注意点、知っておくべきことを、リフォーム設計歴20年超えのプロである筆者が解説。知らずにリフォームしてしまうと後悔する、必見の注意点ばかりです。...
普通の家を二世帯にリフォーム
普通の家を二世帯にリフォーム!間取り例や注意点・費用をプロが解説普通の家を二世帯にするときによく採用される間取り例を使って、二世帯の間取りタイプ別メリットデメリットを解説。二世帯リフォームの注意点や費用についても、リフォーム設計のプロがわかりやすく説明します。...
完全分離型二世帯リフォームの間取り実例
二世帯住宅にリフォーム【完全分離型】間取り実例と注意点をプロが解説単世帯→完全分離型の二世帯住宅へのリフォームは、独立性が高いので人気があります。でも、重大なデメリットにより、完全分離型をあきらめる人も。完全分離型の間取り実例、デメリット、注意点を解説します。...
二階だけのリフォームで二世帯住宅
二階だけのリフォームで二世帯住宅は可能?間取り実例と注意点をプロが解説二階だけをリフォームして単世帯→二世帯住宅にすることは可能かどうかについて、リフォーム設計のプロが解説。間取り実例や注意点も。...
二世帯住宅へのリフォーム実例
二世帯住宅へのリフォーム実例5つ!ビフォーアフター図面でわかりやすく解説二世帯住宅へのリフォーム実例を、ビフォーアフター図面を使って、リフォーム設計のプロがわかりやすく解説。完全分離型から玄関・お風呂共有型まで、さまざまな実例を紹介します。...

 

二世帯住宅へのリフォーム費用|相場を知る

二世帯住宅へのリフォーム費用について知っておくべきこと、1つ目は相場。

二世帯住宅へのリフォームとひとことで言っても、

  • 完全分離型の二世帯にするため、玄関をもう1つ増やす二世帯住宅リフォーム
  • 1階にある和室を、両親用の寝室にするだけの二世帯二世帯住宅リフォーム

このように、規模の大きなものから、小さなものまでさまざま。

ですので、ひとくくりにして、「二世帯住宅にリフォームをすると、これくらいの費用がかかります」とは言えないのです。

でも、二世帯住宅にするために、だいたいどれくらいの費用がかかるかは知っておきたいんだよな

そうですよね。

そんなときに便利なのがこちらのサイト。

↓ ↓ ↓

普通の家を二世帯にリフォーム

「こんな二世帯住宅リフォームをしたら、このくらいの費用がかかりました」

という事例が、たくさん載っています。

普通の家を二世帯にリフォーム 普通の家を二世帯にリフォーム

さらに、「二世帯リフォーム事例の価格分布」まであります。

普通の家を二世帯にリフォーム

このサイトの見かたは簡単です。

まるた
まるた
名前とかメアドなどの登録は一切いらないので、気軽にやってみてくださいね

 

まずこのリンクをクリック。

 

↓ ↓ ↓

 

ホームプロのトップ画面に飛ぶので、「リフォーム費用と相場」をクリック。

 

パソコン

二世帯住宅リフォームの費用

 

スマホ

二世帯住宅リフォームの費用

赤枠で囲ったメニューバーをクリックすると、以下の画面が出るので、そこから「リフォーム費用と相場」をクリック。

二世帯住宅リフォームの費用

 

↓ ↓ ↓

 

「リフォーム費用と相場」のページに飛ぶので、「戸建て」を選び、「二世帯リフォーム」を選択。

二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用
まるた
まるた
二世帯住宅リフォームだけでなく、いろんなリフォームの相場がここでチェックできますよ

 

↓ ↓ ↓

 

先ほどお見せした「一戸建ての二世帯リフォームの費用と相場」のページに飛べます。

普通の家を二世帯にリフォーム

 

このサイトをもう少し深堀りしていきましょう。

まず、「一戸建ての二世帯リフォームの費用と相場」のページ(1つ上の画像)を見ると、二世帯住宅リフォーム費用について、こんなふうにまとめられています。

↓ ↓ ↓

  • 目安価格帯 ~1250万円
  • 中心価格帯 1000~1250万円

これを見て、

これなら、1500万くらいあれば、余裕だな

こんなふうに考えた人はいませんか?


その考え方は
キケンです

冒頭にお話したように、二世帯住宅リフォームとひとことで言っても、完全分離型の二世帯住宅にするリフォームから、和室を両親の寝室にするだけのものまでさまざま。

このさまざまな二世帯住宅リフォームの中心価格帯が、1,000~1,250万円なのです。

ですので、二世帯住宅リフォームの場合、この「目安価格帯」と「中心価格帯」はあまり参考にしない方が吉。

あらためて、「二世帯リフォーム事例の価格分布」を見ていきましょう。

普通の家を二世帯にリフォーム

ここにも、目安価格帯と中心価格帯の表記がありますが、それを無視してグラフを見てみると……

もっとも割合が多い価格帯は、2,500万円以上ということがわかります。

二世帯住宅リフォームの場合、単世帯→二世帯住宅に変更するリフォームだけを行うこともありますが、

  • もともとの世帯が使っていたキッチンやお風呂などの水廻り設備のリフォーム
  • 屋根や外壁などのメンテナンスリフォーム

これらを、一緒にリフォームすることがほとんど。

まるた
まるた
築年数が20年を超えている場合は、タイミング的にこれらの工事も一緒に行ったほうが、トータルで考えるとお得です

このように、二世帯住宅リフォームと他のリフォームを兼ねて行うと、もっとも割合の多い2,500万円以上という費用が必要になってきます。

我が家の予算は1,800万円だけど、それだとどんな二世帯住宅リフォームができるかな

このように、予算が決まっている場合は、以下の使い方がおすすめ。

 

価格分布の「1750~2000」の部分をクリック。

 

パソコン

二世帯住宅リフォームの費用

 

スマホ

二世帯住宅リフォームの費用

▼をクリックすると↓の画面が出るので、

二世帯住宅リフォームの費用

あなたの予算額(この例では1,750~2,000万円) をクリック。

 

↓ ↓ ↓

 

「1750~2000万円の一戸建ての二世帯のリフォーム事例」が出てくるので、その事例の中から気になるものをクリックしてみましょう。

二世帯住宅リフォームの費用

 

↓ ↓ ↓

 

1,750~2,000万円で行った二世帯住宅リフォームの内容が、こまかく紹介されています。

二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用

いくつかの事例をチェックしていくと、自分の予算でどれくらいの二世帯住宅リフォームができるかということが、わかってきますよ。

 

 

二世帯住宅へのリフォーム費用|二世帯パターンによる違いを知る

二世帯住宅へのリフォーム費用について知っておくべきこと、2つ目は二世帯の間取りパターンによる違い。

二世帯住宅へのリフォームは、以下3つのパターンがあります。

  1. 完全分離型
  2. 一部共有型
  3. 全部共有型

一部共有型をよくある分離タイプにわけると、リフォームでよく採用される間取りは以下4パターン。

  1. 完全分離型二世帯住宅 15%
  2. 玄関共有型二世帯住宅 40%
  3. 玄関と風呂共有の二世帯住宅 30%
  4. 全部共有型二世帯住宅 15%
まるた
まるた
割合は筆者がこれまで設計した二世帯住宅リフォームから、ざっくりと割り出しました

もともとの間取りにもよりますが、二世帯住宅へのリフォームは、世帯間で共有するものが多いほど費用が下がります。

特に、リフォームの場合、単世帯→完全分離型二世帯住宅への間取り変更は、費用が大きくなりがち。

キッチンやユニットバス、洗面台など、すべての水廻り設備がもう1つ必要な上、玄関を1→2にするために、かなり大きな間取り変更を伴うことが少なくありません。

このあたりの話は、別記事「普通の家を二世帯にリフォーム!間取り例や注意点・費用をプロが解説」でくわしく説明しています。

ぜひ、あわせて読んでみてくださいね。

 

二世帯住宅へのリフォーム費用は、間取りによっては新築より高くなる

二世帯住宅へのリフォーム費用について知っておくべきこと、3つ目は新築との費用比較。

二世帯住宅へのリフォーム費用は、かなり高額。

そのため、間取りをガラッと変えたり、こだわった材料を選んだりしていくと、リフォーム費用が新築を建てるのと変わらなくなってきます。

まるた
まるた
筆者が担当したお施主様の中でも、リフォームの見積もりを取ったものの、あまりに費用が高いので、子世帯だけで新築を建てたケースが何度かありますよ

ですので、「新築を建てるより安くなるから」という理由で、二世帯住宅へのリフォームを考えている人は、

  • あまりにもガラッと間取りを変更したり
  • あれもこれもすべて新しくしようとしたり
  • 材料にすごくこだわったり

このようなことをすると、リフォームでもかなりの高額になることを知っておいてください。

完全分離型で、間取りも大きく変更して、窓も全部新しくして、ついでに親世帯が使うキッチンやユニットバスも新しくしてほしい

こんな要望を出しておきながら、概算を伝えた途端に、

こんなにリフォーム費用が高いなら、新築の方がいいわ

このような人が少なくないので、予算とできることのすり合わせを事前にしておくことを強くおすすめします。

やりたいことと予算が合っていないと、お施主様もリフォーム会社も、お互いにムダな時間を使うことになりかねません。

まるた
まるた
先に紹介したサイトなどを使って、費用相場を知っておきましょう

 

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法

二世帯住宅へのリフォーム費用について知っておくべきこと、4つ目はリフォーム費用を下げる方法。

リフォーム会社の選び方

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法は以下4つ。

  1. 間取りパターンを変える
  2. お得な材料を使う
  3. 完全分離型なら、玄関の位置を近くする
  4. メンテナンスや親世帯の工事も一緒に行う

1つずつ説明します。

 

間取りパターンを変える

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法、1つ目は間取りのパターンを変え、世帯間の分離方法を変えること。

具体的な例を出してみると、

 

完全分離型二世帯住宅へのリフォームではなく、玄関とホールは共有にする

二世帯住宅リフォームの費用

↑同じ床面積で、異なるタイプの二世帯住宅プランをつくっています。

2階はどちらのタイプにしても同じ条件なので、プランは変わりません。

 

完全分離型二世帯住宅へのリフォームではなく、玄関とお風呂を共有にする

二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用

 

完全分離型二世帯住宅へのリフォームではなく、全部共有にする

二世帯住宅リフォームの費用 二世帯住宅リフォームの費用

世帯間で共有する部分が増えれば増えるほど、リフォーム費用は下がっていくので、どの程度独立性を保ちたいかとあわせて検討してみましょう。

 

お得な材料を使う

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法、2つ目はお得な材料を選ぶこと。

キッチンセットやユニットバス、フローリングやドアなど、リフォームで使う材料には、すべて定価と仕入れ値があります。

リフォーム会社によって、安く仕入れられる材料はまちまち。

どうしても、きれい除菌水がほしいから、TOTOのキッチンじゃないとダメなの

このような場合は別ですが、とくにこだわりがない場合は、リフォーム会社が安く仕入れられる材料を積極的に選んでいきましょう。

リフォームに使うすべての材料でお得なものを選んでいけば、そうでない場合とくらべて費用は大きく下がります。

 

完全分離型なら、玄関の位置を近くする

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法、3つ目は道路~玄関のアプローチについて。

単世帯→完全分離型二世帯住宅にリフォームをする場合、新しい玄関~道路までのアプローチ工事も必要。

既存の玄関と新しい玄関が遠いほど、アプローチ工事の費用は大きくなります。

 

玄関が近くてアプローチ費用があまりかからない実例

完全分離型二世帯リフォームの間取り実例 完全分離型二世帯リフォームの間取り実例 完全分離型二世帯リフォームの間取り実例

 

玄関が遠くてアプローチ費用がかなりかかる実例

完全分離型二世帯リフォームの間取り実例 完全分離型二世帯リフォームの間取り実例 完全分離型二世帯リフォームの間取り実例

内部のリフォームにかかる費用だけでなく、外部の工事費用についてもよく考えて、間取りを検討しましょう。

 

メンテナンスや親世帯の工事も一緒に行う

二世帯住宅へのリフォーム費用を下げる方法、4つ目は二世帯住宅リフォーム以外の工事について。

これは、今回のリフォーム費用を下げるというのではなく、将来も含めたリフォーム価格を下げるという内容です。

リフォームは基本的にまとめて行った方が、費用が下がります。

築20年以上の家を二世帯住宅にリフォームする場合は、外壁塗装などのメンテナンス工事も一緒にやった方が、足場を兼用できるなどでお得になることがほとんど。

また、新しく入居する世帯の水廻り設備だけでなく、もともと住んでいる世帯の水廻り設備も一緒に交換した方が、工事をわけるよりも費用を安くおさえられます。

リフォームを安い費用で成功させるコツについては、別記事を書いています。

あわせてどうぞ。

リフォームを安い費用で成功させる6つのコツ!リフォーム設計のプロが解説

 

二世帯住宅へのリフォーム費用は高め!補助金を活用すべし

二世帯住宅へのリフォーム費用について知っておくべきこと、5つ目は補助金について。

二世帯住宅にリフォームをする際に、使える補助金がいくつかあります。

よく使われるのは以下3つ。

  1. 介護保険
  2. こどもみらい住宅支援事業→こどもエコすまい支援事業
  3. 長期優良住宅化リフォーム推進事業

1つずつ簡単に説明します。

 

介護保険

在宅での生活に支障がないように、手すりの取付け等特定の住宅改修を行った場合に、一定の限度額内において、かかった費用の9割(1割負担の場合)が介護保険の給付費として、保険者から払い戻されます。

  • 対象:要支援、要介護者
  • 限度額:20万円(保険給付18万円(1割負担の場合))

介護保険における住宅改修 厚生労働省

二世帯リフォームというよりは、要支援、要介護者のために手すりをつけたり、段差をなくしたりするためのリフォームに対して、工事費用が払い戻される制度。

二世帯リフォームの場合、親世帯で手すりをつけたり、バリアフリーにする工事をすることが多いので、その工事に対して介護保険を使うことがあります。

 

こどもみらい住宅支援事業→こどもエコすまい支援事業

最近、もっとも使われることが多い補助金。

条件は2つ。

  1. こどもみらい住宅事業者と工事請負契約等を締結し、リフォーム工事をする
  2. リフォームする住宅の所有者等であること

「こどもみらい住宅事業者」と契約する必要があるので、大手リフォーム会社以外だと、事業者ではない可能性も。

また、以下の場合は補助の上限額がアップします。

  1. 子育て世帯または若者夫婦世帯が、自ら居住する住宅に行うリフォーム工事である
  2. 工事発注者が、自ら居住するために購入した既存住宅に行うリフォーム工事である

対象となるリフォームには、断熱やエコ住宅設備など、さまざまな工事があるので、くわしくは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業の受付が2022.11.28に終了しました。

新たに、こどもエコすまい支援事業が創設されたので、こちらをチェックしてみてくださいね。

こどもエコすまい支援事業

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業

この長期優良住宅化リフォーム推進事業も、人気があります。

まるた
まるた
人気があるので、けっこう早めにその年度の予算を使い切り、終了してしまいます…

こちらも、こどもみらい住宅支援事業同様、指定された業者とのリフォーム契約でないと、補助金がもらえません。

補助金をもらう条件はいくつかありますが、もっとも重要なのが、

リフォーム工事前に、インスペクションを行うこと

インスペクションとは、資格を持った人による建物状況調査。

大手リフォーム会社には「既存住宅状況技術者」という資格を持った人が必ず居るので、スムーズに補助金をもらうことができます。

 

補助金全般について

よく使われる補助金を3つ紹介しましたが、各補助金は、年度ごとに予算や要件が決まっているため、いつでも自由に使えるというものではありません。

また、ここで紹介した以外の補助金もたくさんあるので、どんな補助金が今回のリフォームに使えるかは、リフォーム会社にしっかりと説明してもらってくださいね。

また、こどもみらい住宅支援事業や長期優良住宅化リフォーム推進事業のように、指定された事業者と契約することが、補助金をもらう条件になっているケースも。

この場合、地元の工務店などでは、対応できない可能性が高いです。

そして、補助金の申請はけっこう難しいので、担当者によっては、こんな対応をされることも。

補助金ですか…申請や要件が複雑なので、あまり使う人がいないんですよね。工事費用をお値引きするので、補助金はやめませんか

こういう面倒なことを避けるタイプのリフォーム会社や担当者は、私のこれまでの経験上、ハズレな可能性が大。

大手リフォーム会社にも、このようなダメ担当者がゴロゴロ存在するので、目を光らせてリフォーム会社と担当者を選んでくださいね。

 

二世帯住宅へのリフォーム|費用よりも大事なこと

二世帯住宅へのリフォームを進めていく上で、費用より大切なことがあります。

難易度の高い二世帯住宅リフォームを失敗してしまわないために、リフォーム設計のプロである筆者が書いた渾身の記事を読んでみませんか。

↓ ↓ ↓

リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因

リフォームのウラもオモテも知り尽くした筆者が、リフォームの必勝法をあなたに教えます。

 

二世帯住宅へのリフォーム費用|まとめ

二世帯住宅へのリフォーム費用についてお話してきました。

二世帯住宅へのリフォーム費用は、リフォームの中では高額。

既存の間取りや窓位置などを生かさず、ガラリと変えようとすると、新築に近い費用がかかることも多々あります。

また、二世帯間の分離は、リフォーム費用を大きく左右。

共有するエリアが増えれば増えるほど、リフォーム費用は安くおさえられます。

リフォーム会社に見積もりを依頼する前に、まずはどのくらいの規模の二世帯リフォームで、いくらくらいの費用がかかるのかという予算感を持っておくことをおすすめします。

費用相場のチェックは、こちらからどうぞ。

↓ ↓ ↓

納得の費用感で、二世帯住宅へのリフォームができますように。

 

そのリフォーム会社、大丈夫?

リフォームにおけるあらゆる失敗やトラブルは、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社比較サイトで「複数の」会社をチェックすることを、「強く」おすすめします!

また、リフォーム会社に依頼をする前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

リフォーム設計のプロである筆者が、以下①②について、おすすめを紹介します!

  1. リフォーム会社比較サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

 

リフォーム会社比較サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社比較サイトを確認したところ、おすすめできるのはたった2社のみ。

どちらのサイトも無料で使えるので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社比較サイトランキング|プロおすすめは2サイトだけ!

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォーム価格の相場
  2. リフォーム事例
  3. リフォーム会社の口コミ
  4. リフォームの基礎知識

などの情報が満載。


ホームプロ

\満足度90%以上/

公式サイトを
見る

無料&匿名で利用可能

詳しい記事を読む

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが「複数の会社から」もらえます。

タウンライフリフォーム

 

リフォーム計画3点セット

公式サイト
を見る

無料&3分登録

 詳しい記事を読む

 

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選2社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、なによりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を2つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)

なぜその2社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

 

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

 

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に、施工事例集がおしゃれで魅力的です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先上部の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

こちらの記事もおすすめ!