水まわりリフォーム

お風呂リフォームの後悔ポイント!リフォーム設計のプロが解説

お風呂のリフォーム

お風呂リフォームでよくある後悔ポイントについて、リフォーム設計のプロが解説します。

お風呂のリフォームが終わってから、

なんでこの工事も一緒にやっておかなかったのだろう
安いユニットバスを選んだら、全然快適じゃなかった

このような後悔をしているお施主様はけっこうたくさん。

他社で中途半端なお風呂リフォームをし、どうしても気に入らないからと、数年後に一部をやり直すという工事も、筆者は度々担当しています。

高いお金をかけて行うお風呂のリフォーム。

後悔のないお風呂リフォームができるよう、しっかりと「後悔ポイント」をチェックしていきましょう。

後悔ポイントは、以下にわけて説明していきます。

  1. お風呂のインテリア
  2. ユニットバス選び
  3. お風呂の位置変更
  4. 電気容量
  5. 配管
  6. お風呂の窓

まずは、お風呂のインテリアから説明していきます。

 

これからリフォームをするすべての人に、読んでほしい記事はこちら。

リフォーム成功に必要なこと
リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因これからリフォームをしようとするすべての人に伝えたいこと。リフォーム設計のプロで、リフォームの裏側まで知り尽くした筆者が、リフォームを成功させるために必要な「たった1つのこと」についてお話します。...

お風呂のリフォームは、リフォーム会社選びが重要です。

リフォーム会社の選び方
リフォーム会社の選び方|プロが教えるトラブル会社を見抜く【必勝法】リフォーム会社の選び方について、リフォーム会社の裏側をイヤというほど知り尽くしている筆者が、あなたに「必勝法」を教えます。...

おしゃれなリフォームをするために、絶対必要な5ステップをまとめた記事はこちら。

リフォームをおしゃれにする方法
リフォームをおしゃれに!絶対にやるべき5ステップをプロが解説おしゃれなリフォームをしたい人が、絶対にやるべき5つのステップを、リフォーム設計のプロが解説。どのステップも簡単で手軽にできますが、やらないとおしゃれなリフォームが遠ざかってしまう重要なものばかりです。...

10万円以上のリフォームをする人が、必ず知っておくべき内容をまとめた記事はこちら。

10万円以上のリフォームをする人
【10万円以上のリフォームをする人】絶対知っておくべき5つのこと|プロが解説外壁塗装やフローリングの張り替えなど、単純なリフォームに思える工事でも、実は選択肢がたくさん。あなたの家に最良の選択をするために必要な5項目を伝えます。...

お風呂についての別記事はこちら。

ユニットバスのメーカー
お風呂メーカーランキング!リフォームのプロが独断で順位付けリフォーム設計のプロが順位付けした「お風呂メーカーランキング」。実際の施工を確認し、お施主様の感想を十分に盛り込んだランキングです。...
ユニットバスのサイズ
ユニットバスのサイズと選び方、サイズ変更についてプロが解説!ユニットバスのサイズの選び方、サイズ変更について、リフォーム設計のプロが解説。戸建て用とマンション用ユニットバスの違いもわかりやすく説明します。...
お風呂の窓
お風呂の窓でおすすめは1種類だけ!リフォームのプロが解説リフォームのプロである筆者が、お風呂の窓でおすすめできるのは、たった1種類。そもそも、お風呂に窓は必要かについても解説します。お風呂の窓は選び方を間違えると、お風呂が不快なだけでなく、防犯や耐久性に問題がでることも。...
お風呂まとめ記事
お風呂のパーフェクトガイド!お風呂の記事まとめお風呂について色々な視点から書いた記事をまとめました。どの記事もリフォーム設計のプロである筆者が、今まで見てきた数々の失敗例をもとに書いたもの。今のお風呂のまま快適にしたい人にも、リフォームや新築で新しいお風呂にする人にも、参考になる記事。...

マンションリフォームについての記事はこちら。

マンションリフォーム
マンションリフォームの注意点!絶対確認すべき4つのポイントマンションリフォームをする時に、絶対確認しておくべき4つのチェックポイントをリフォーム設計のプロが解説。キッチンなど水廻りの位置変更についても説明します。...

 

お風呂リフォームの後悔ポイント①インテリア

お風呂リフォームの後悔ポイント、1つ目はインテリア。

ポイントは2つ。

  1. 寒々しさや暑苦しさに注意
  2. 脱衣室とのバランス

1つずつ説明します。

 

寒々しさや暑苦しさに注意

この、寒々しさや暑苦しさは、お風呂のリフォームでめちゃくちゃ多い後悔ポイント。

まるた
まるた
ちなみに、トイレも同じ後悔をする人が多いよ

例をすこしあげてみます。

夏に選んだお風呂が、冬には寒々しく感じる
お風呂のリフォーム

出典:TOTO サザナ

 

冬に選んだお風呂が、夏には暑苦しく感じる
お風呂のリフォーム

出典:パナソニック オフローラ

 

ブルー系の寒色や、オレンジ系の暖色に起こりがちの後悔ポイント。

まるた
まるた
真っ白もけっこう寒々しくなりがちなので、注意!

同じブルーでもグリーン寄りのブルーにしたり、オレンジも青みがかった色を選んだりするなどすると、全然印象が違います。

お風呂のインテリアを考えるときは、四季を通じて快適に過ごせる色を選びましょう。

 

お風呂と脱衣室とのインテリアバランス

お風呂をリフォームするときは、隣接する脱衣室(洗面室)もあわせてリフォームするケースがほとんど。

お風呂のインテリアは、お風呂だけでなく、隣接する脱衣室とのバランスを考えないと、後悔につながることも。

お風呂のリフォーム

出典:パナソニック オフローラ

お風呂のドアは、日中開け放すことが多いため、脱衣室とお風呂のインテリアがあまりにかけ離れたテイストだと、チグハグな印象になりかねません。

洗面台の色と浴槽の色を合わせてみたり、お風呂の壁と脱衣室の壁を相性のよい色で選んでみたりして、バランスの良い空間になるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

お風呂リフォームの後悔ポイント②ユニットバス選び

お風呂リフォームの後悔ポイント、2つ目はユニットバス選び。

 

お風呂のリフォーム

出典:TOTO 浴室リフォームでできること

マンションではもちろん、戸建てでも最近はほとんどの人がユニットバスを選択するようになりました。

ユニットバスはベースとなる形状があり、そこから浴槽はこれ、壁パネルはこれ、換気扇はこれ、という感じで、部位別に選択をして組み上げていきます。

その選択肢の中に、お風呂リフォームの後悔ポイントになりがちな項目が3つ。

  1. 老いに備えなかった
  2. 断熱性能がイマイチ
  3. 防水性能が不安

1つずつ説明します。

 

老いに備えていないユニットバス

お風呂に限らず、リフォームをするときは「リフォームをする時点」のことだけでなく、「将来」のことも考えないと後悔につながります。

「今より15~20才年老いたとき」のことを考えるべきなのです。

お風呂のリフォーム

出典:パナソニック オフローラ

中でも、お風呂は特に、将来のことを考なければならない場所。

  • 脱衣室からお風呂に入る
  • 洗い場で立ったり座ったりする
  • 浴槽に入る
  • 浴槽から立ち上がる

これらの行為が年を取った将来もできるように、必要な手摺などを用意しておきましょう。

後付けできる手摺もありますが、位置や選択肢に制限があるので、最低限のものはユニットバスを入れる時点でつけておいたほうが安心。

シャワーのスライドバーと握りバーが兼用できるものや、浴槽横の手摺などは、若いうちにあってもジャマになりません。

 

ユニットバスの断熱性能

ユニットバスの選択肢の中に、「床、壁、天井などに断熱材を入れるか入れないか」というものがあります。

お風呂のリフォーム

出典:TOTO サザナ

この断熱材は費用を落とすためにケチると、めちゃくちゃ後悔するポイント。

お風呂が寒い

これは、お風呂の不満点ワーストです!

お風呂をリフォームしたのに寒いなんて、本当に残念すぎるので注意しましょう。

残念なことに、見積金額を落としたいリフォーム会社は、こういった目立ちにくい項目のグレードを落として見積を作る傾向が。

まるた
まるた
金額だけでリフォーム会社を選ぶお施主様が多いから、断熱したほうがいいとわかっていても提案できないんですよね

安いグレードのユニットバスは、あまり断熱性能が高くないものが多い傾向が。

ユニットバスを選ぶ時には「どの程度の断熱材が入っているのか」をしっかり確認しましょう。

断熱のオプションはちょっと高いですが、高いだけの価値が絶対にあります。

 

ユニットバスの防水性能

ユニットバスには「水がもれにくい」という大きなメリットがあります。

ですが、その「もれにくさ」は、浴槽パンの有無によって左右されます。

まるた
まるた
お風呂から漏水して、防水パンをつけなかったことを後悔する人も!
お風呂のリフォーム

出典:パナソニック オフローラ

マンション用のユニットバスには浴槽パンがついていることが多いですが、安いグレードのものだと標準では浴槽パンがついていない可能性も。

そして、戸建て用のユニットバスの場合、浴槽パンはオプションになることがほとんど。

戸建て1階のお風呂の場合は浴槽パンなしでもいいですが、戸建ての2階やマンションの場合、浴槽パンは絶対にあったほうが安心。

まるた
まるた
浴槽パンについても、リフォーム会社は見積金額を落とすため、見積に入れないケースが多いです

必ず浴槽パンの有無を確認しましょう。

ユニットバスのメーカー選びについては、別記事を書いています。

各ユニットバスメーカーの特徴を知りたい人は必見です。

お風呂メーカーランキング!リフォームのプロが独断で順位付け

 

お風呂リフォームの後悔ポイント③ユニットバスのサイズ

お風呂リフォームの後悔ポイント、3つ目はユニットバスのサイズ。

ユニットバスのサイズ選びは簡単そうに見えて、プロでも間違える難しいもの。

ユニットバスのサイズ選びを間違えてしまうと、基礎をはつる(削り取る)ことになるなど、建物の耐力を落としてしまうことも。

ユニットバスのサイズについては、別記事を書いているので、そちらも確認してみてください。

戸建て用とマンション用のユニットバスの選び方についても説明しています。

ユニットバスのサイズと選び方、サイズ変更についてプロが解説!

 

スポンサーリンク

お風呂リフォームの後悔ポイント④お風呂の位置変更

お風呂リフォームの後悔ポイント、4つ目はお風呂の位置変更。

リフォームでお風呂の位置を今の位置から変更するときに、注意してほしいことは4つ。

  1. 音問題
  2. お風呂と脱衣室の段差
  3. 配管経路
  4. 換気経路

これらをしっかり考えてから、お風呂リフォームをしないと後悔につながります。

1つずつ、説明していきますね。

 

お風呂の音について

「お風呂の音」はトイレやキッチンと比べ、事前にあまり気にする人は多くありませんが、実はけっこう重要。

たとえば、早く寝る両親の部屋の近くにお風呂があった場合、遅く帰ってきた子供がお風呂に入るとその音で両親が起きてしまうというケース。

これ、実の子どもならまだ我慢できますが、2世帯同居などで義理の子どもに毎晩お風呂の音で起こされたりすると、不仲の原因になることも。

寝室の真上にお風呂がある場合も同様です。

防音をしっかりすることはもちろんですが、お風呂に入る時間に寝ている人がいる場合は、お風呂の位置からしっかり検討する必要があります。

 

戸建ての2階やマンションにお風呂を新しく配置する場合に注意すべきこと

戸建ての2階やマンションにお風呂を配置し、ユニットバスを設置する場合は、段差の検討が重要。

リフォーム前はお風呂ではない場所に新しくユニットバスを配置する場合、新しく設置するユニットバスの下部にどれだけの空間が作れるかを確認する必要があります。

十分な空間がない場合は、ユニットバスを他の部屋より高く設置し、段差をつけて対応します。

お風呂にこんな段差がつくなんて、知らなかった

こんな後悔につながることもあるので、しっかりチェックしてくださいね。

このあたりはマンションのリフォームについての別記事にまとめていますので、そちらも確認してみてください。

マンションリフォームの注意点!絶対確認すべき4つのポイント

 

お風呂の位置を変更するときに気をつけるべき「配管経路」

お風呂だけではありませんが、水廻り空間には、

  • 給水
  • 給湯
  • 排水

が必要。

これらの配管を使い、水が流れていく経路をしっかり考える必要があります。

特に「排水」は重力だけで流れていくので、配管に必要な勾配がついていないと逆流することも。

お風呂の位置をリフォームで変更したら、排水の流れが悪くなってしまった

こんな後悔の声も、たまに耳にすることがあります。

お風呂の位置変更は、配管経路をしっかり検討した上で行いましょう。

まるた
まるた
リフォームの場合、どの位置にでもお風呂を配置できるわけではありません

 

お風呂の位置を変更するときに気をつけるべき「換気経路」

水の流れ同様、外部からお風呂の換気扇までの空気の流れも検討が必要。

お風呂のリフォーム

出典:パナソニック オフローラ

特に戸建ての2階やマンションの「天井埋込型の換気扇」は、ダクトが外部までうまく配管できる場所でないと取付けられません。

壁付けの換気扇を選択したり、お風呂の位置を検討しなおすなどの対応が必要な場合も。

天井埋込のすっきりした浴室乾燥換気扇が入ると思ったのに、エアコンみたいな壁付けの浴室乾燥換気扇がついた

こんな後悔をしないためにも、換気経路についてもリフォーム会社によく確認しておきましょう。

 

お風呂リフォームの後悔ポイント⑤電気容量

お風呂リフォームの後悔ポイント、5つ目は電気容量。

お風呂の暖房換気扇をつけると、ブレーカーが落ちるんだけど

電気容量を考えたリフォームをしないと、このような後悔につながります。

お風呂で電源を必要とする機器は、以下など。

  • 照明
  • 浴室暖房乾燥換気扇
  • ジェットバス

特に、浴室暖房乾燥換気扇やジェットバスは「専用回路」という分電盤の回路をまるまる1つ専用で使用する電源が必要。

選ぶ商品によっては、200Vの電源を必要とする場合も。

そのため、お風呂のリフォームをする場合、分電盤の回路が足りなくなり、新しい分電盤に交換することもしばしば。

せっかく分電盤を新しくするのなら、ギリギリの回路数のものではなく将来のリフォームに備えて多めの回路数の分電盤を選んでおくと安心。

分電盤を交換するついでに、よく落ちる回路があれば組み替えるなどして整理してもらいましょう。

 

スポンサーリンク

お風呂リフォームの後悔ポイント⑥配管

お風呂リフォームの後悔ポイント、6つ目は配管。

ユニットバスのサイズ

出典:TOTOのお風呂

先ほどお風呂の位置を変更するときに気を付ける項目として「配管経路」をあげましたが、ここでは「管」そのものについてお話します。

 

給水管について

リフォーム前の給水管が、「ライニング鋼管」「VP管」の場合、お風呂のリフォームのタイミングで屋内給水管を交換することをおすすめ。

ライニング鋼管とは鉄の管の内部を樹脂でコーティングしたもので、20~30年程度使用していると内部のコーティングが薄くなったりなくなったりしてしまい、鉄部分がさびてしまいます。

また、VP管は樹脂でできた給水管ですが、こちらも長く使っているうちに樹脂が劣化し割れやすくなってしまいます。

せっかくお風呂を新しくしても、お風呂の下や、壁の間にある給水管が古いままだと、漏水の心配が残ることに。

お風呂を新しくしてしまってから給水管を交換しようとしても、完全に交換できなかったり、隣接する部屋の壁をこわしたりとあまり満足のいく工事はできません。

お風呂のリフォームと一緒に、給水管も新しいものにしておけばよかった

こんな後悔につながること必至。

給水管の交換で多少費用が追加になったとしても、お風呂のリフォームと一緒にやってしまったほうが絶対に安心。

リフォーム前の給水管が架橋ポリエチレン管やHIVPなどの場合は交換不要です。

リフォーム会社によく確認してもらいましょう。

 

給湯管について

リフォーム前の給湯管が「銅管」の場合、お風呂のリフォームのタイミングで給湯管を交換することをおすすめ。

銅管は古くなってくるとピンホールといわれる小さな穴が開きやすく、そこから漏水しやすくなります。

給水管同様、リフォーム会社によく確認をしてもらいましょう。

 

お風呂リフォーム後悔ポイント⑦窓

お風呂リフォームの後悔ポイント、7つ目は窓。

お風呂をリフォームしたのに、なんだか寒いな

窓を交換しなかったり、選び方を間違えると、このような後悔につながりかねません。

筆者は、お風呂のリフォームをする時には、「窓」も一緒に交換することをおすすめしています。

その理由やお風呂の窓選びについては、別記事にくわしく書いていますので、確認してみてください。

お風呂の窓でおすすめは1種類だけ!リフォームのプロが解説

 

スポンサーリンク

お風呂リフォームの必勝法

お風呂リフォームの後悔ポイントをたくさんお伝えしてきました。

お風呂のリフォームを成功させるためには、これらの後悔ポイントに注意することはもちろんですが、「失敗しないための方法」を知っておくことも重要。

リフォーム成功に必要なたった1つのこと|すべての失敗はコレが原因

リフォームのウラもオモテも知り尽くした筆者が、あなたにリフォームの必勝法を教えます。

 

お風呂リフォームの後悔ポイント|まとめ

お風呂リフォームの後悔ポイントについてお話してきました。

どの項目も事前に検討できていないと、満足なお風呂リフォームができない項目ばかり。

リフォーム会社任せにすると、よい担当者の場合はいいですが、気の利かない担当者の場合、提案やアドバイスをしてもらえず、

こんな風になるなんて思ってなかった
まさかユニットバスが寒いなんて

このような後悔につながることも。

記事の内容をしっかり確認し、後悔のないお風呂のリフォームをしてくださいね。

 

そのリフォーム会社、大丈夫?

リフォームにおけるあらゆる失敗やトラブルは、ほとんどが「ダメな担当者」や「ダメな会社」を選んでしまったことが原因。

相性のよい会社を見つけるために、リフォーム会社比較サイトで「複数の」会社をチェックすることを、「強く」おすすめします!

また、リフォーム会社に依頼をする前に、自分自身がリフォームについて勉強しておくことも大切。

無料でもらえる資料を最大限に活用し、リフォームを学びましょう。

リフォーム設計のプロである筆者が、以下①②について、おすすめを紹介します!

  1. リフォーム会社比較サイト
  2. リフォームに役立つ無料の資料

 

リフォーム会社比較サイトのおすすめ!厳選2社

リフォームのプロである筆者が、数あるリフォーム会社比較サイトを確認したところ、おすすめできるのはたった2社のみ。

どちらのサイトも無料で使えるので、気軽に試してみてください。

なぜその2社がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォーム会社比較サイトランキング|プロおすすめは2サイトだけ!

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「ホームプロ」

ホームプロ

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、1つめは「ホームプロ」。

ホームプロは、自分であれこれ研究してリフォーム会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォーム価格の相場
  2. リフォーム事例
  3. リフォーム会社の口コミ
  4. リフォームの基礎知識

などの情報が満載。


ホームプロ

\満足度90%以上/

公式サイトを
見る

無料&匿名で利用可能

詳しい記事を読む

 

リフォーム会社紹介サイトおすすめ「タウンライフリフォーム」

タウンライフリフォーム

おすすめのリフォーム会社紹介サイト、2つめは「タウンライフリフォーム」。

タウンライフリフォームは、まずはプランと概算をもらって、その内容で会社を選びたい人におすすめのサイトです。

  1. リフォームのアイデアとアドバイス
  2. 概算見積
  3. プラン

の3点セットが「複数の会社から」もらえます。

タウンライフリフォーム

 

リフォーム計画3点セット

公式サイト
を見る

無料&3分登録

 詳しい記事を読む

 

スポンサーリンク

リフォームに役立つ資料【無料】のおすすめ!厳選2社

「リフォームに興味はあるけれど、まだリフォーム会社に連絡するのは早いかな」

と思っている人におすすめなのが「リフォームの資料請求」。

無料で請求できるし、なによりすごく参考になります!

リフォームのプロである筆者が実際に資料を取り寄せ、特におすすめの資料を2つに厳選!

  1. リノベる。(全国)
  2. グローバルベイス(東京・神奈川・埼玉・千葉)

なぜその2社の資料がおすすめかを知りたい人は、別記事で詳しく説明しているのでこちらをどうぞ。

リフォームに役立つ資料【無料】3選+α|リフォーム設計のプロが厳選

 

リフォームの資料おすすめ「リノベる。」

リノベるの資料

リフォーム資料のおすすめ、1つめは「リノベる。」の資料。

リフォームに必要な情報が過不足なくまとめられていて、とてもわかりやすいのが魅力!

資料請求

リノベーションのことがよく分かる資料
「RENOVERU FILE.」お申込みはこちら→リノべる。

関連記事

リノベる。のリフォーム資料が役に立つ!リフォーム設計のプロが内容を紹介

 

リフォームの資料おすすめ「グローバルベイス」

グローバルベイスの資料

リフォーム資料のおすすめ、2つめは「グローバルベイス」の資料。

特に、施工事例集がおしゃれで魅力的です!

資料請求

フルリノベーションならマイリノ

※リンク先上部の「まずは相談(無料)」をクリックすると、資料請求ページに行けます。

関連記事

グローバルベイスの資料はおしゃれな施工事例が魅力!リフォームのプロが内容を紹介

こちらの記事もおすすめ!